雷沼 ツバサ

デビルマンG(漫画)の登場人物。読みは「らいぬま つばさ」。別称、レディ・シレーヌ。雷沼重造とは親族関係にある。

  • 雷沼 ツバサ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
デビルマンG(漫画)
正式名称
雷沼 ツバサ
ふりがな
らいぬま つばさ
別称
レディ・シレーヌ

総合スレッド

雷沼 ツバサ(デビルマンG)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

雷沼重造の養女。妖鳥シレーヌの接触者(サモナー)だが、宿主(ホスト)となることを拒絶。シレーヌの力のみを持った分身となる。精神体のみとなったシレーヌに、宿主として付け狙われる。シレーヌ配下の悪魔たちに襲われたところを、アモンミキに救われる。人の心を操ることができ、魔鬼邑ミキの妹になりすまして生活する。

父・雷沼重造シレーヌから救うため、アモンに協力を求める。のちに一瞬の虚を突かれ、シレーヌに体を乗っ取られる。

登場人物・キャラクター

雷沼ツバサの養父。物理学者。妖鳥シレーヌに協力し、その宿主であるツバサを捕らえようとする。その真の目的は、ツバサの力を増幅し、シレーヌを消滅させることにあった。漫画版『デビルマン』に登場した雷沼教授が...
『デビルマンG』の主人公の一人。幼いころから魔女に憧れ続け、ソロモン王の後継者を自称し、怪しげな魔法術を行う女子高生。悪魔召喚の儀式中に現れた悪魔族により同級生を失う。また、無我夢中で呪文を唱えたこと...

登場作品

闇にまぎれ、悪魔族が蠢きはじめた魔界都市東京が舞台。小さいころから魔女に憧れ、現在も魔女を自称する魔鬼邑ミキは、幼馴染の不動アキラや同級生たちと学校の屋上で召喚魔術を行う。儀式の途中、突如現れた悪魔族...