霞の霰

乾いて候(漫画)の登場人物。読みは「かすみのあられ」。主丞とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
乾いて候(漫画)
正式名称
霞の霰
ふりがな
かすみのあられ

総合スレッド

霞の霰(乾いて候)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

銃術正流を唯一受け継ぐ、短筒の名手。霞の縄次の娘。顔に醜い傷跡がある。尾張藩の刺客として、三度、腕下主丞と闘うも敗北。主丞の妻になり、以後、行動を共にする。

登場人物・キャラクター

徳川八代将軍徳川吉宗が紀州藩の少年時代に愛した女性との間に生まれた人物。亡き母親の願いに応えて、父親のために食事と女性の毒味を引き受ける毒味唇役となる。また、将軍のために食事を作ることもある。当初は父...

関連キーワード

『乾いて候』に登場する技。霞の霰が父親の霞の縄次から受け継いだ銃術。霞流とも呼ばれる。霞の縄次は、闇夜の狙撃を得意としたという。

登場作品

徳川幕府の八代将軍となった「#徳川吉宗」は、自分の息子の腕下主丞を江戸に呼び寄せる。美貌の持ち主で剣の腕も立ち、さらには毒全般に通じた主丞は、将軍の食事や性交の前に毒見をする毒味唇役になる。しかし権力...