霞 拳志郎

蒼天の拳(漫画)の主人公。読みは「かすみ けんしろう」。別称、閻王。

  • 霞 拳志郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼天の拳(漫画)
正式名称
霞 拳志郎
ふりがな
かすみ けんしろう
別称
閻王

総合スレッド

霞 拳志郎(蒼天の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

究極の暗殺拳・北斗神拳の六十二代目伝承者。閻王の異名を持つ。奔放でつかみ所のない性格をしている一方、朋友(親友の意)と認めたもののためには、命をかけて戦う義に厚い男である。北斗神拳の使い手として比類無き戦闘力を誇るだけでなく、犬以上の嗅覚、一度見たものは忘れない直観像記憶能力、読心術、言語にも堪能で、頭脳も優秀とさまざまな特技の持ち主。

北斗神拳の伝承者としての宿命に翻弄されながらも、真の伝承者への道を歩み続ける。

登場人物・キャラクター

潘光琳の妹。霞拳志郎の恋人であり、後に妻になる。非常に肝が据わっており、いかなる強者に対しても物怖じしない強さと美しさを兼ね備えている。紅華会の手によって殺されたかと思われていたが、芒狂雲の慈悲により...

関連キーワード

『蒼天の拳』に登場する拳法。北斗神拳の始祖シュケンの生み出した最強の暗殺拳。経絡秘孔と呼ばれるツボを突くことで、人間を体内から破壊できる。人体の潜在能力を限界以上に引き出すことができるため、常人を遙か...

登場作品

1932年の上海。黒社会の巣窟と化したこの魔都で、青幇(チンパン)と紅華会という二つの秘密結社が激しい勢力争いを繰り広げていた。一方、三国志の時代に生まれた究極の暗殺拳・北斗神拳の伝承者である霞拳志郎...