霧原 直也

NIGHT HEAD(漫画)の主人公。読みは「きりはら なおや」。別称、直也。

  • 霧原 直也
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
NIGHT HEAD(漫画)
正式名称
霧原 直也
ふりがな
きりはら なおや
別称
直也

総合スレッド

霧原 直也(NIGHT HEAD)の総合スレッド
2016.07.28 18:46

概要

『NIGHT HEAD』のもう一人の主人公で、直人の弟。とても心優しい。超能力に怯えた両親により、6歳のときに直人とともに研究所に連れてこられ、21歳で研究所を脱出した。リーディングという能力を持つため、触っただけで人の心がわかってしまうが、自分たちのことは何もわからない。直也が普通に触れられるのは直人だけである。

他人に傷つけられるのが怖く、また、自由を恐れているが、何よりも、兄と離れることを一番恐れている。幼いころ、直也は思ったことをそのまま口に出していたが、人が心に隠していることを暴いてしまうため、直人に他の人の前では言ってはいけないと言われて、人前では無口になった。研究所で訓練した「ロック法」という自分を守る方法があったが、研究所を出て外の世界で暮らすうちに、心構えをしていれば、ショックを受けるようなことは少ないことがわかった。

いっとき、直也は、時間も距離も量もない意識の世界に行き、こちら側の世界とどちらで生きるかを選ぶことが可能だったが、直人と共にこちら側の世界で生きていくことを選ぶ。

後に、人を生き返らせることが出来るようになる、ヒーリングを覚える。

登場作品

15年前に連れてこられた超能力研究所から、岬老人が死に、結界が消えたことをきっかけに、霧原直人と直也の二人の兄弟が逃げ出す。直人はサイコキネシス、直也はリーディングという能力を持ち、研究所とはあまりに...