青春少年マガジン1978~1983

青春少年マガジン1978~1983

主人公の漫画家小林まことが、デビューしてから人気漫画家として奮闘するまでの、1978年~1983年ごろの生活を振り返る。「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念して発表された作品。

正式名称
青春少年マガジン1978~1983
作者
ジャンル
自伝
レーベル
講談社コミックスDX(講談社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公の漫画家小林まことの仕事場を、講談社の編集者が訪れる。彼らは「週刊少年マガジン」の創刊50周年を記念して、小林が「週刊少年マガジン」誌上で『1・2の三四郎』を連載していた時の苦労話や楽しかった思い出を漫画化するという企画を持ちかけるのだった。当時仕事に忙殺されていた小林は「楽しかった思い出などない」と断言しながらも、デビューした経緯や同期の漫画家仲間である小野新二大和田夏希のことを回想するのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

1978年5月、19歳で「週刊少年マガジン」の新人賞に入選し、漫画家としてデビューする。その後、『1・2の三四郎』の連載を開始し、人気漫画家となる。しかし、執筆ペースの遅さから何度も連載に穴を開ける。... 関連ページ:小林 まこと

漫画家で小林まことの親友。「週刊少年マガジン」の新人賞に応募し、応募作が入選の最終候補になるが、僅差で小林の応募作に敗れ佳作となる。その後、「週刊少年マガジン」誌上で『純のスマッシュ』を連載し始めて人... 関連ページ:小野 新二

漫画家で小林まことの親友。小林と同時期にデビューするが、小林や小野新二が受賞した新人賞には、締め切りに間に合わず応募を見送っていた。「週刊少年マガジン」で『タフネス大地』を連載し始め、人気漫画家になる... 関連ページ:大和田 夏希

工富 保

「週刊少年マガジン」の編集者。作品の持ち込みに来た小林まことの応募作を見て、巧みなアドバイスで小林にアイデアを出させ、デビューへと導く。自分の吸っているたばこの煙を目に染みさせて顔をしかめるという癖がある。実在の編集者工富保がモデル。

栗原 良幸

「月刊少年マガジン」の編集長。「よくわからないがかっこいい言い方」で小林まことにやる気を出させ、次々と新しい連載を始めさせる。独特のキャラクターで小林に衝撃を与え、小林は作品に栗原をモデルとした人物がたびたび登場させることになった。実在の編集者栗原良幸がモデル。

柳沢 きみお

「週刊少年マガジン」『翔んだカップル』を連載している人気漫画家。同郷の新潟出身ということもあって、年下の小林とも親しくしている。語尾に「ベチ」とつけるのが特徴。実在の漫画家柳沢きみおがモデル。

しもさか 保

「週刊少年マガジン」で『ガクラン八年組』を連載している漫画家。小林まことの次に新人賞で入選しデビューした破天荒なケンカ漫画を描いている割にスマートな外見だったが、結婚して太った。実在の漫画家しもさか保がモデル。

服部 かずみ

しもさか保と同期にデビューした漫画家。後に『セパハン』や『原宿こぶし組』といったヒット作を執筆する。元は新宿を拠点に活動していた暴走族のリーダー。小野新二の後輩で、小林と共に入院した小野の見舞いに現れる。実在の漫画家服部かずみがモデル。

「週刊少年マガジン」で『男ぞ!硬介』を連載している漫画家。普段はおとなしい性格だが、酒を飲むと豹変する。後に小林まことが総監督を務めることになった、「週刊少年マガジン」執筆陣全員で合作するという企画で... 関連ページ:川 三番地

望月 三起也

「少年キング」で『ワイルド7』を連載していた人気漫画家。上京してすぐに押しかけてきた小林まことをアシスタントにとして雇うが、小林は仕事のきつさからわずか2ヶ月で辞めている。実在の漫画家望月三起也がモデル。

しげの 秀一

『1・2の三四郎』連載終盤で、ピンチに陥った小林まことのアシスタントを一度だけ行った。その後、『バリバリ伝説』の連載を開始し、『1・2の三四郎』が終了した後の「週刊少年マガジン」を支える人気漫画家となる。実在の漫画家しげの秀一がモデル。小林からは若く見られていたが、実は小林より一学年年上。

赤塚 不二夫

漫画家。『1・2の三四郎』が講談社漫画賞を受賞した際に、授賞式で総評を行うが、壇上で「三四郎」を「三太郎」と言い間違えるスピーチを披露する。しかし、小林まことは迎えの車のトラブルでスピーチを聞き逃している。実在の漫画家赤塚不二夫がモデル。

ちば てつや

漫画家。小林まこと、小野新二、大和田夏希たちが飲んでいた銀座の文壇バーに偶然現れ、驚いた小林たちに突然お辞儀をされるが、誰だかわからずに怪訝そうな顔を見せる。実在の漫画家ちばてつやがモデル。

梶原 一騎

漫画原作者。講談社漫画賞の受賞パーティーに初めて出席した小林まことを編集者に紹介され、新人漫画家だった小林を激励する。実在の漫画原作者梶原一騎がモデル。

書誌情報

青春少年マガジン :1978~1983 全1巻 〈講談社コミックスDX〉 完結

第1巻

(2008年12月発行、 978-4063756180)

SHARE
EC
Amazon
logo