餓狼伝BOY

夢枕獏の同名小説を原作とする、板垣恵介の格闘漫画『餓狼伝』の主人公の少年時代を描いた外伝作品。一見強そうだが、実は一回も喧嘩をしたことがないというハッタリ屋の不良少年・丹波文七が、真の格闘家としての才能に目覚めるまでを描く。

正式名称
餓狼伝BOY
漫画
原作
ジャンル
バトル
レーベル
講談社コミックス(講談社)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ある日、木戸新一の通う中学校に、切雨静という不良教師が赴任して来る。静は、新一の友人である丹波文七が実は喧嘩一つしたことがないハッタリ屋だということを見抜き、新一と文七に転校しろと圧力をかけ、他の生徒たちの前で文七のハッタリのトリックを暴こうとする。ところが文七は、元力士という経歴を持つ巨漢の静に正面から喧嘩を売り、その場を切り抜けることに成功。

そして文七と静は、野川橋の河川敷でタイマンで決着を付けることになる。

登場人物・キャラクター

主人公

中学生の不良少年。喧嘩が強いように見せかけ、学内の一般生徒や他の不良たちを恐れさせているが、実はそれはすべてハッタリであり、実際に人と殴り合いをしたことは一度もなかった。しかし、殺気を発するだけで、友... 関連ページ:丹波 文七

木戸 新一

中学生の少年で、丹波文七とはひょんなことから街で出会った友人。いわゆる優等生であり、成績は極めて優秀。将来は東京大学法学部に入学し、高級官僚になることを目指している。文七の強さが実はハッタリだということをいつの頃からか見抜いたが、それでも文七に対する友情を曇らせることはなかった。

木戸新一の中学校に赴任して来た、元大相撲力士という異色の経歴を持つ若い男性教員。現役時代の四股名は「華ノ花」で前頭十枚目まで進んだが、稽古場での「かわいがり」と称したシゴキにキレて大関を半殺しにした後... 関連ページ:切雨 静

山田

中学生の少年で、丹波文七と同じ学校に通っている。なんの特徴もない凡庸な少年だが、切雨静にそそのかされて、他の生徒たちの前で文七に喧嘩を売る。決着はつかなかったが、強いわけでもない山田と互角ということで、文七の本当の実力について、周囲が疑いの目を向けるきっかけを作った。

東京新宿歌舞伎町のコマ劇場前で、攻撃は避けるが反撃はしない「殴られ屋」という奇妙な商売をしていた壮年男性。名だたるプロの格闘家たちを相手に、ディフェンステクニックだけを駆使して稼ぎ続けていた。しかし、... 関連ページ:張矢

場所

野川橋

丹波文七に挑戦状を叩きつけられた切雨静が指定した決戦の場。場所自体はどうということのない河原だが、文七は地元ではそれなりに名を知られた不良であったため、周辺は見物人ですずなりとなった。木戸新一に事情を知らされた張矢も見物に訪れた。

その他キーワード

試割り

丹波文七が使う、ハッタリのための手品のようなテクニック。素手で石を割ったり、ビール瓶を断ち切ったりするというもので、それ自体は空手などの世界にも実際にある演武である。ただし文七が行うものはもともと瓶や石に細工がしてあり、同じトリックを使えば女子供の腕力でも真似することができる。

書誌情報

餓狼伝BOY 全3巻 講談社〈講談社コミックス〉 完結

第巻

(2012年9月7日発行、 978-4253217095)

第1巻

(2004年7月16日発行、 978-4063634105)

第2巻

(2004年8月26日発行、 978-4063634228)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo