館林毬の母

館林毬の母

さようなら女達(漫画)の登場人物。読みは「たてばやしまりのはは」。館林毬とは親族関係にある。

登場作品
さようなら女達(漫画)
正式名称
館林毬の母
ふりがな
たてばやしまりのはは
関連商品
Amazon 楽天

概要

館林毬の母親。病弱で心臓が弱い。十年かけた独自の味つけの煮物は大変美味。

関連人物・キャラクター

館林毬

漫画を描くことが好きな16歳の女子高生。クラス委員長を務めている。応募作品コンテストに出すため、漫画を徹夜で描き続けて倒れてしまい、父から次のコンテストで第一席を取れなければ漫画を描くことをやめるよう... 関連ページ:館林毬

登場作品

さようなら女達

漫画家志望の女子高生館林毬は、漫画制作の徹夜作業で倒れてしまう。そのため父から、これ以上母に心配をかけないため、次の応募作品コンテストで第一席を取れなければ筆を折るという約束をさせられる。なんとか作品... 関連ページ:さようなら女達

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
館林 毬
海棠 茗
植草
館林毬の父
館林毬の兄
深瀬 潮
隅田
logo