高杉さん家のおべんとう

高杉さん家のおべんとう

一つ屋根の下で住むことになった主人公の高杉温巳と従妹の高杉久留里が、最初はぎこちなかったものの、弁当作りを通じて家族になっていく様子を描く。

概要

主人公の青年、高杉温巳はある日、急に母を失った従妹の高杉久留里の保護者として、少女と二人きりで同じ家に住むことになる。性格や考え方の違いのために、いろいろな問題が生じるが、毎日の弁当作りといった何気ない生活上の出来事を通じて、理解し合うようになる。

登場人物・キャラクター

主人公

地理学の博士号を持つオーバードクターで、当初は東山中学校の非常勤講師だったが、後にN大学の助教となる。未成年後見人として高杉久留里を引き取ってからは寡黙で人見知りな彼女との対話に苦労するが、弁当作りを... 関連ページ:高杉 温巳

高杉温巳の従姉妹で、母親は高杉美哉。温巳のことをハルと呼ぶ。東京で美哉と二人で暮らしていたが、12歳のときに美哉が交通事故死してからは温巳のもとで暮らす。小学生の頃から芸能界のスカウトが来るほどの美少... 関連ページ:高杉 久留里

高杉久留里の母親。高杉温巳にとっては叔母(温巳の父の妹だが、実は養子縁組で血縁関係はない)であり、初恋の相手でもある。かつては温巳の弁当を美哉が作っており、その味が知らぬ間に高杉家の絆となっていた。温... 関連ページ:高杉 美哉

高杉久留里の同級生で、久留里のことを「くるりん」と呼ぶ。久留里が東京から転校してきた当初は、クラスの女子全員で彼女をイジメていたが、元々きれいな女の子が好きだったこともあり、しだいに歩み寄るようになる... 関連ページ:香山 なつ希

高杉温巳の大学の同期で香山なつ希の母親。S女学園大学の准教授で専門は地理情報システムだが、N大学の風谷久郎研究室にもよく出入りしている。夫のヨシュア・マルティネスとは別居中で、家事は母親の香山節子に任... 関連ページ:香山 玲子

北海道H学園大学の特別研究員として、N大学の風谷久郎研究室に在籍し、やがてS女学園大学の講師となる。専門は養蜂で、高杉温巳にも仕事のことで何かとアドバイスをもらっている。実家は小坂水産という有名な水産... 関連ページ:小坂 りいな

高杉久留里の同級生で、初めて会ったときからずっと彼女に好意を抱いている。実家は「スーパーまるまる」というスーパーマーケットで、自身も看板息子として家の手伝いをしている。美少年かつ物怖じしない性格のムー... 関連ページ:丸山 光

高杉久留里の同級生で、水泳部のキャプテンも務めるボーイッシュな少女。性格は良くも悪くも体育会系で、家族も父親はトライアスロン、母親は卓球、兄は陸上競技というスポーツ一家。中学3年のときに久留里と同じク... 関連ページ:園山 奏

N大学の地理学教授。高杉温巳の恩師であり、上司でもある。まだ就職の決まっていない温巳に対して「高杉久留里を記述しろ」という課題を出す。この課題に対し、久留里との関係を弁当という形でレポート提出した温巳... 関連ページ:風谷 久郎

旧姓は大林。香山玲子の母親で、孫のなつ希の世話を含めて香山家の家事全般を司っている女傑。外ではいつも強気の玲子も、母親の前ではグチも言えない。高杉久留里にとっては家事の師匠とも言える人物で、料理から掃... 関連ページ:香山 節子

東山中学校の教師で、高杉温巳、高杉美弥子、高杉久留里の担任をしていた。温巳にとっては非常勤講師時代の上司でもある。昼食はいつもふりかけご飯で、おかずの少ない生徒には自分のふりかけを分け与えていた。教師... 関連ページ:御手洗 百合子

東京の青果店の長男で芸能プロダクションにも勤めている。高杉久留里のことを小学生の頃から目をつけていて、芸能界に入るよう何度断られてもつきまとう。久留里の母親である高杉美弥子はこの青木の件について弁護士... 関連ページ:青木 隼人

丸山兄とも呼ばれる。丸山光の兄だが、光とは血のつながりはない。しかし、丸山家そのものが全員母親が違うという複雑な家庭なので、気にはしていない。風谷ゼミの学生で、同じゼミにいる小坂りいなのことが好き。そ... 関連ページ:丸山 元

高杉久留里の実の父親で養蜂を営む。高杉美哉とは中学時代の同級生で、同窓会で再会した。そのとき、高杉温巳の両親が交通事故で死んだのを二人で目撃し、ショックを受けた美哉の相談に乗っているうちに男女の仲にな... 関連ページ:高遠 晶

場所

串原

かつての岐阜県恵那郡串原村で、現在は恵那市の一部となっている。高杉温巳にとっては学生時代からフイールドワークの地として、何度となく足を運んだ地であり、地元の人たちから野菜やコンニャクなどもらうことも多... 関連ページ:串原

ラオス

かつて、高杉温巳は風谷教授らとともにフィールドワークで長期滞在していた。高杉久留里が中学卒業後は進学せずに働きたいと言い出したときは、その説得も兼ねて、高杉家でラオス旅行をしたこともある。ビエンチャン... 関連ページ:ラオス

SHARE
EC
Amazon
logo