鬼塚 一愛

SKET DANCE(漫画)の主人公。読みは「おにづか ひめ」。別称、ヒメコ。

  • 鬼塚 一愛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
SKET DANCE(漫画)
正式名称
鬼塚 一愛
ふりがな
おにづか ひめ
別称
ヒメコ
別称
鬼姫

総合スレッド

鬼塚 一愛(SKET DANCE)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

スケット団の副部長を務める、開盟学園高校の女子生徒。金色の髪と、常に咥えているキャンディが特徴的な少女。中学時代に大阪から東京に転校してきており、現在も関西弁で話す。友達の裏切りに会い、中学から高校にかけて「鬼姫」と呼ばれる伝説的な不良だったが、現在は明るく世話焼きな性格。

フィールドホッケーのスティックを武器に、荒事では無敵。次第にボッスンへの好意を自覚するが、卒業直前まで言い出せずにいた。

登場人物・キャラクター

スケット団のリーダーを務める、開盟学園高校の男子生徒。優しい性格で困った人を積極的に助けようとする。特技は集中力と、手先が器用な事と、スリングショット、「ものまね」だが、主人公の割に能力が地味である事...

関連キーワード

東京の私立高校。自由な校風のもと、生徒、教師ともに個性的な人物が多く在籍する。かつては生活指導に厳しい事で知られたが、安形惣司郎の代に生徒会が中心となって校則を大幅に変え、現在の校風となった。
『SKET DANCE』の主な舞台となる、開盟学園高校の部活動。メンバーは藤崎佑助、鬼塚一愛、笛吹和義の3人。円滑な学園生活のために、困っている生徒の手助けを目的とするが、依頼がない時は部室でダラダラ...

登場作品

藤崎佑助、鬼塚一愛、笛吹和義の三人は人助けを行うスケット団として活動している。校内ではただの便利屋のような評価を受けているスケット団だが、解決できる事件はいじめ問題から爆弾処理まで幅広く、学校で起こる...