鳳月 さとわ

この音とまれ!(漫画)の登場人物。読みは「ほうづき さとわ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
この音とまれ!(漫画)
正式名称
鳳月 さとわ
ふりがな
ほうづき さとわ

総合スレッド

鳳月 さとわ(この音とまれ!)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

箏の名家である鳳月会の後継者である少女。幼い時から天才的な箏の才能を持っていたが、そのことが名家を背負う母親との間に軋轢を生み、ある時の発表会で予定していたものと違う曲を演奏したことがきっかけで現在は破門されている。筝曲部に入部してしばらくはそのことをひた隠しにしており、また他の部員とも距離をおいていたが、やがて自らその事実を告白し、絆を深める。

容姿端麗で清楚な印象を抱かせるが、難題をふっかけてきた教頭を逆に利用するなど性格は傲岸なところがあり、その部分をあらわにした彼女は「黒さとわ」と呼ばれる。

登場作品

先輩が引退し筝曲部唯一の部員となってしまった高校2年生の村田武蔵は、控えめな性格から部室を占拠する不良たちに何も言えない生活を送っていた。ある日、札付きの不良中学生として名をはせた1年生の久遠愛が入部...