鳳月 千春

鳳月 千春

この音とまれ!(漫画)の登場人物。読みは「ほうづき ちはる」。

登場作品
この音とまれ!(漫画)
正式名称
鳳月 千春
ふりがな
ほうづき ちはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

鳳月さとわの母親。名門・鳳月流の現在の家元だが、それは先代家元であった夫の死によって転がり込んだもので、本人にはそこまで箏の腕がなく、天才的な才能を持つ娘のさとわと比較され、精神的に追い詰められていた。そのためさとわに辛くあたっていた。以前の温かな関係に戻りたいと思ったさとわが、ある時の発表会で予定と違う曲を演奏して、トラブルを起こす。

これにより千春は、さとわに破門を言い渡す。

登場作品

この音とまれ!

先輩が引退し筝曲部唯一の部員となってしまった高校2年生の村田武蔵は、控えめな性格から部室を占拠する不良たちに何も言えない生活を送っていた。ある日、札付きの不良中学生として名をはせた1年生の久遠愛が入部... 関連ページ:この音とまれ!

SHARE
EC
Amazon
logo