鳴神 紫苑

新柔侠伝(漫画)の登場人物。読みは「なるかみ しおん」。日向遥とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
新柔侠伝(漫画)
正式名称
鳴神 紫苑
ふりがな
なるかみ しおん

総合スレッド

鳴神 紫苑(新柔侠伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

ウェーブのかかった長髪の男性。旧名石堂紫苑。格闘技キリングアーツを主催する真武会で「若師」と呼ばれている。小学校時代から同年の日向遥をねたみ、対抗心を燃やしている。冷酷で残忍な性格。ヒマラヤで電光真空打ちを会得する。

登場人物・キャラクター

角刈りの逞しい男性で登場時21歳。身長183㎝体重100kg。城北大学柔道部に在籍し、柔道3段。天性の足腰を活かした柔道はロックンロール柔道と謳われ、決め技は背負い投げロックなど、後に「ロック」をつけ...
静脈が異様に浮き出た頭の老人。格闘技キリングアーツを主催する真武会の総師。鳴神紫苑を後継者として迎え入れ育てる。政界の大元老大八州円慈と結託し、真武会を裏の実動部隊として動かす。普段はパソコンに囲まれ...

登場作品

シドニーオリンピックを間近に控えた日本。柔道界の若きエース日向遥は、大会で実績を重ねる一方で、宿敵鳴神紫苑から命懸けの戦いを挑まれる。その背後には地下組織梁山泊と暁光グループの争いが潜んでいた。