黄 西飛

蒼天の拳(漫画)の登場人物。読みは「こう せいひ」。

  • 黄 西飛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
蒼天の拳(漫画)
正式名称
黄 西飛
ふりがな
こう せいひ

総合スレッド

黄 西飛(蒼天の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

紅華会の三番頭。顔の左半分を霞拳志郎北斗神拳によって吹き飛ばされたため、機械化している。拳志郎のことを深く怨んでおり、性格は悪辣で下衆。自分が経営する大新世界にて、生き残りの青幇に対して残酷ショー・処刑遊戯をしかけて殺していた。神の前で懺悔し、多額の金を寄付しさえすれば、いかなる悪事も正当化されると思っている卑怯者。

登場人物・キャラクター

究極の暗殺拳・北斗神拳の六十二代目伝承者。閻王の異名を持つ。奔放でつかみ所のない性格をしている一方、朋友(親友の意)と認めたもののためには、命をかけて戦う義に厚い男である。北斗神拳の使い手として比類無...

登場作品

1932年の上海。黒社会の巣窟と化したこの魔都で、青幇(チンパン)と紅華会という二つの秘密結社が激しい勢力争いを繰り広げていた。一方、三国志の時代に生まれた究極の暗殺拳・北斗神拳の伝承者である霞拳志郎...