黄貴妃

殷周伝説 太公望伝記(漫画)の登場人物。読みは「こうきひ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
殷周伝説 太公望伝記(漫画)
正式名称
黄貴妃
ふりがな
こうきひ

総合スレッド

黄貴妃(殷周伝説 太公望伝記)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

黄飛虎の妹で非常に聡明な人物。姜皇后が謀反の罪に問われた時、紂王から取り調べ役を命じられた。その際、姜皇后が無実であり、誰かが仕組んだ罠だと察するがどうすることもできずにいた。姜皇后の二人の息子の殷郊殷洪も謀反の罪を着せられ追われる身となったが、機転をきかせて二人を逃がす。

登場作品

舞台は紀元前の中国大陸。夏が滅亡し殷の時代が始まりを告げた。600年後、殷の第30代王・帝乙に、後の紂王が生まれる。帝乙が死に、跡を継いだ紂王は悪霊に乗り移られた妲己と出会い、殷を崩壊の道へと歩ませる...