黒崎

黒崎

はだしのゲン(漫画)の登場人物。読みは「くろさき」。

登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
黒崎
ふりがな
くろさき
関連商品
Amazon 楽天

概要

広告デザイン会社中尾工社に勤める若者。戦災孤児となり、悲惨な生活を送っていたが、紆余曲折を経て中尾工社で働き始める。先輩格であった大月徹が休業し、中岡元天野星雅が中尾工社に出入りするようになって自分の居場所が奪われるように感じてしまい、また天野に教えられて絵の腕を上達させていくゲンに嫉妬心を抱く。

ゲンには友人たちを差し向けて襲わせるといった嫌がらせを行った。しかし、戦後の暮らしで自分がねじ曲がった性格になってしまったことがくやしいとも思っている。

関連人物・キャラクター

大月 徹

広告デザイン会社中尾工社に雇われている看板職人。自尊心の高い性格で、「広島一の看板職人」と自負していたが、中岡元に「井の中の蛙」と言われたことで喧嘩になる。結果、作っていた看板は破れ、ゲンに右腕を折られてしまう。

中岡 元

物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残... 関連ページ:中岡 元

登場作品

はだしのゲン

原爆投下後の広島で、中岡元が様々な困難を経験し、戦争や原爆の悲惨さを目の当たりにしながらも、家族や仲間たちと支えあって成長していく姿を描く。 関連ページ:はだしのゲン

SHARE
EC
Amazon
logo