CLAYMORE

CLAYMORE

異色のギャグ漫画『エンジェル伝説』で人気を博した八木教広の2作目の連載作品。半人半妖の女戦士クレアと人食の魔物・妖魔との戦いが描かれる、ギャグ要素を排した本格的ダークファンタジー。

概要

人を喰らい、その人間に成りすますという人外の魔物・妖魔と、その妖魔を斬る半人半妖の女戦士クレイモアが存在する世界。主人公クレアは、過去に自分を救ってくれた戦士テレサを殺めた覚醒者プリシラを討つため、自ら組織に志願してクレイモアになる。通常とは異なる経緯で戦士になったため、他の戦士に劣る力量しか得られなかったクレアだったが、テレサの仇を討ちたい一心で懸命に戦った。

かつて自分とテレサがそうだったように、妖魔から救い出した縁で少年ラキと巡り合ったクレアは、共に旅を続けながら組織の任務を続けていく。だが、組織の思惑やクレイモア妖魔、そして覚醒者らの実態が少しずつ判明していき、不信を募らせたクレアは、戦士たちが使い捨てにされた北の戦乱を機に組織を離脱。

それから7年後、北の戦乱を生き延びた6人の仲間とともに再び表舞台に立ったクレアは、オフィーリアの暴走によって離れ離れになったラキとの再会と、打倒プリシラのため、再びあてのない旅に出る。

登場人物・キャラクター

主人公

47名のクレイモアのなかで実力的に最下位でありナンバー47と呼ばれる。幼い頃に家族を妖魔に惨殺され、その後も妖魔によって虐待されていたが、ナンバー1戦士テレサに庇護され、彼女と共に旅をする。が、その道... 関連ページ:クレア

クレアが任務中に知り合った少年。彼の家族を惨殺したうえ、兄に化けていた妖魔をクレアが殺したことから旅の道連れとなる。そのため半人半妖であるクレアを恐れず、旅を続けるうちに彼女に対して恋心も抱くようにな... 関連ページ:ラキ

第77期のナンバー1であり、組織の182人目の戦士。歴代最強と謳われる戦闘力の持ち主で、妖気の感知能力が抜群に優れ、相手の行動を先読みできる。また、地力の戦闘技能も極めて優れ、同世代のナンバー2~5の... 関連ページ:テレサ

戦士となってからわずか数か月で第77期のナンバー2に昇格した天才で、やがてはテレサを超えると言われていた。テレサ討伐の任を受け、他の上位ナンバー(イレーネ、ノエル、ソフィア)らとテレサに挑むが、この時... 関連ページ:プリシラ

127期、ナンバー6の戦士。残像によって敵を惑わせる戦法を得意とし、「幻影のミリア」の異名を持つが、それ以上に統率力に優れ、チームでの戦闘で真価を発揮する。パブロ山での覚醒者狩りでクレア、デネヴ、ヘレ... 関連ページ:ミリア

135期、ナンバー15の戦士。防御型の戦士で、抉られた腹を瞬時に修復するほどの超回復能力を持つ。姉の仇を討つためにクレイモアに志願したデネヴは、自己保身を最優先する深層心理から防御型になってしまったこ... 関連ページ:デネヴ

135期、ナンバー22の戦士。四肢を自在に伸縮できる能力を持ち、利き腕を伸ばして相手の死角から攻撃することを得意とする。感情の起伏が激しくトラブルの起点となることが多いが、根は明るく素直な性格で、それ... 関連ページ:ヘレン

テレサと同じ世代の戦士でナンバーは3。テレサ討伐の任を受け、プリシラ、ノエル、ソフィアとともに戦うが、覚醒したプリシラによって左腕を失う。プリシラへの恐怖から戦いを恐れ、組織には戻らずに山中で隠棲して... 関連ページ:イレーネ

ナンバー3の戦士。極めて優れた妖気の感知・制御能力を持ち、相手の妖力に同調してそれを僅かながらコントロールもできる。消息を絶ったクレアの探索任務中に深淵の者である西のリフルと遭遇。クレア、ジーンと共に... 関連ページ:ガラテア

『CLAYMORE』に登場する魔物。古来より存在し、人の内臓を好んで食べるという魔物。食った相手に擬態する能力を持ち、人間に成りすまして社会に溶け込んでいることが多い。人間を遥かに超える身体能力と、高... 関連ページ:妖魔

集団・組織

組織

『CLAYMORE』に登場する組織。極東の地スタフに本拠を構える。固有の名称はなく、ただ単に組織と称される。表向きは妖魔の退治依頼を請けて戦士を派遣し、討伐させることが主任務。が、その実態はある目的のために半人半妖の戦士の強化・研究を行う機関であり、戦士たちを使って様々な実験を行っている。

その他キーワード

クレイモア

『CLAYMORE』に登場する用語。対妖魔用に組織が作り出した半人半妖の女戦士のこと。彼女らが用いる大剣(=クレイモア)に由来する呼び名だが、あくまで俗称であり、当人たちが自称することはない。クレイモ... 関連ページ:クレイモア

覚醒者

『CLAYMORE』に登場する用語。半人半妖の戦士が妖力解放の限界を超えたために、妖魔化してしまった存在。言わば戦士の失敗作であるため、一般人には妖魔の特異個体「異常食欲者」と説明されている。覚醒者に... 関連ページ:覚醒者

深淵の者

『CLAYMORE』に登場する用語。かつてのナンバー1戦士が覚醒した個体で、通常の覚醒者よりも遥かに強大な力を備えていることから深淵の者と呼ばれる。北のイースレイ、西のリフル、南のルシエラの3体が存在... 関連ページ:深淵の者

アニメ

CLAYMORE

ある世界。大陸と呼ばれる土地に暮らす人々は、人の血肉を喰らう妖魔の脅威にさらされていた。唯一の対抗手段は、謎の組織が派遣する白髪銀眼の超人的な女性剣士、通称クレイモアたちの力を借りること。 だがクレイ... 関連ページ:CLAYMORE

書誌情報

Claymore 全27巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(2002年1月発行、 978-4088732206)

第2巻

(2002年5月発行、 978-4088732664)

第3巻

(2002年11月発行、 978-4088733432)

第4巻

(2003年5月発行、 978-4088734262)

第5巻

(2003年11月発行、 978-4088735290)

第6巻

(2004年5月発行、 978-4088736037)

第7巻

(2004年11月発行、 978-4088736754)

第8巻

(2005年4月発行、 978-4088738147)

第9巻

(2005年11月発行、 978-4088738789)

第10巻

(2006年5月発行、 978-4088741031)

第11巻

(2006年11月発行、 978-4088742816)

第12巻

(2007年4月発行、 978-4088743486)

第13巻

(2007年10月発行、 978-4088744308)

第14巻 幼き凶刃

(2008年5月発行、 978-4088745169)

第15巻 戦いの履歴

(2008年12月発行、 978-4088745978)

第16巻 大地の鬼哭

(2009年5月発行、 978-4088746685)

第17巻 記憶の爪牙

(2009年11月発行、 978-4088747422)

第18巻 ロートレクの灰燼

(2010年7月発行、 978-4088700380)

第19巻 幻影を胸に

(2010年12月発行、 978-4088701349)

第20巻 魔爪の残滓

(2011年6月発行、 978-4088702414)

第21巻 魔女の屍

(2011年12月発行、 978-4088703473)

第22巻 深淵の爪と牙

(2012年6月発行、 978-4088704340)

第23巻 戦士の刻印

(2012年12月発行、 978-4088705576)

第24巻 冥府の軍勢

(2013年6月発行、 978-4088706887)

第25巻 やみわだの剣

(2013年12月発行、 978-4088708584)

第26巻 彼方からの刃

(2014年6月発行、 978-4088800769)

第27巻

(2014年12月4日発行、 978-4088802282)

SHARE
EC
Amazon
logo