G戦場ヘヴンズドア

G戦場ヘヴンズドア

人気マンガ家の息子・堺田町蔵と、敏腕編集者の息子・長谷川鉄男。二人の少年がマンガ界に飛び込み、成長していくさまを描いた作品。作者の前作『プラスチック解体高校』と世界観を共有しており、一部のキャラクターが成長した姿で登場する。また、次作『少女ファイト』にも同様に、本作のキャラクターが登場する。

正式名称
G戦場ヘヴンズドア
作者
ジャンル
漫画家
レーベル
IKKI COMICS(小学館)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

人気マンガ家坂井大蔵の息子でありながら父を嫌い、小説家を志す高校生・堺田町蔵。彼はある日、天才的なマンガの才能を持つ同級生長谷川鉄男と出会い、合作で新人賞に応募することになる。二人の作品は入賞するも、彼らの前に現れたのはかつて家族を捨てた鉄男の父、阿久田鉄人だった。鉄人は受賞者たちに、連載を賭けて一ヶ月以内に単行本一巻分のネームを書き上げるように宣言。

町蔵も原作ではなく、一人でマンガを描くよう命令される。「戦友」であった町蔵と鉄男は決別し、それぞれ苛烈なマンガ界に飛び込んでいく。

登場人物・キャラクター

主人公

人気マンガ家坂井大蔵の息子。高校生。父のマンガを「お涙ちょうだい」と軽蔑し、小説家を志している。ある日、学校でマンガを描く長谷川鉄男と出会い、合作マンガを少年マンガ誌「少年ファイト」の新人賞に応募する... 関連ページ:堺田 町蔵

主人公

敏腕編集者阿久田鉄人の息子。高校生。母は入院中で、祖父と二人暮らしをしている。幼いころから天才的なマンガの才能を見せていたが、離婚した父に向けて描いたマンガを見た母が倒れてしまい、それ以来マンガから遠... 関連ページ:長谷川 鉄男

長谷川鉄男の幼馴染み。地元の名士である菅原病院の娘。鉄男に偏執的な愛情を抱き、彼に手を出すものは、誰であろうと容赦なく追い詰める。かつてはバレーボールをやっていたが、手首を故障しチームを追い出され、自... 関連ページ:菅原 久美子

梨井 裕美子

坂井大蔵の秘書。堺田町蔵の童貞喪失の相手。マンガに詳しく、町蔵のネームに的確な指摘をしたこともある。大蔵の愛人のフリをして町蔵のコンプレックスを刺激し、町蔵を試している。

マンガ家。堺田町蔵の父で、本名は「堺田大蔵」。数々のヒット作を持つ人気作家。少年マンガ誌「少年ファイト」に「俺達の挽歌」を連載中。幼いころの長谷川鉄男が、川に自分の描いたマンガを捨てているところを通り... 関連ページ:坂井 大蔵

編集者。長谷川鉄男の父。坂井大蔵とは古くからの付き合いで、衝突を繰り返しながらお互いを高めあっていた。編集部内での勢力争いに破れ、海外に異動となっていたが、少年マンガ誌「少年ファイト」の編集長として復... 関連ページ:阿久田 鉄人

堺田 澄子

堺田町蔵の母。夫坂井大蔵とは別居中。町蔵は、母が出て行ったのは父が家族よりもマンガを優先したせいだと思っている。

長谷川 枝美子

長谷川鉄男の母。菅原久美子の父の病院に入院している。夫阿久田鉄人とは、鉄男が小学生のころに離婚している。鉄男がマンガ家になることには反対している。

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。25歳。プロのアシスタント。 口調はオネエ言葉。自分に才能がないことを知りつつも、マンガの世界で生きること選択し、才能ある人々の力になりたいと考えている。堺... 関連ページ:猪熊 宗一郎

小手崎 ユウ

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。19歳。クラブオーナーの息子。萌え系漫画を得意とする。後に編集者となった稲葉誠を担当につけ、連載を持つことになる。

岸部 シロノ

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。23歳。シングルマザー。後に猪熊宗一郎と結婚、少女マンガ誌に連載を持つようになる。

稲葉 誠

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。21歳。坂井大蔵のファン。マンガに対する意識が高い理論派。後に編集者となり、小手崎ユウの担当となる。

定尾 和幸

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。20歳。普段は解体業に就いている。後に、長谷川鉄男を担当につけ、青年マンガ誌で連載を持つようになる。

千葉 リナ

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。18歳。人気イラストレーターでもある。マネージャーは作者の短編『バング スタイル ア ゴー ゴー』の登場人物御手洗ミカ(旧姓は五反田)。後に彫師となる。

井川 春樹

「少年ファイト」第35回新人漫画大賞受賞者。28歳。マンガ家のアシスタントをしている。

町田 都

「少年ファイト」で連載を持つマンガ家。猪熊宗一郎の紹介で、堺田町蔵をアシスタントに雇うことになる。作者の前作『プラスチック解体高校』の主要登場人物。

石波 修高

マンガ家。かつて坂井大蔵と「少年ファイト」の2トップを張っていたが、突如連載を中断し、失踪した。大蔵と親交があり、町田都を唯一の友人といっていた。

市原 悦夫

堺田町蔵と長谷川鉄男のクラスメイト。学園祭で「ロミオとジュリエット」の脚本を書いたことをきっかけに脚本家となり、菅原久美子とともに、劇団「松屋文庫」を立ち上げる。

菅井 金治

堺田町蔵と長谷川鉄男のクラスメイト。後に大地康子と結婚する。

大地 康子

堺田町蔵と長谷川鉄男のクラスメイト。町蔵に気がある素振りを見せていた。後に菅井金治と結婚する。

蔵田 三成

堺田町蔵と長谷川鉄男のクラスの担任。愛称は「みっちゃん」。作者の前作『プラスチック解体高校』の主人公。高校時代の友人、町田都や古屋直視との親交はまだ続いている様子。

書誌情報

G戦場ヘヴンズドア 全3巻 〈IKKI COMICS〉 完結

第1巻

(2003年3月発行、 978-4091883018)

第2巻

(2003年3月発行、 978-4091883025)

第3巻

(2003年9月30日発行、 978-4091883032)

SHARE
EC
Amazon
logo