MV/SA-32J 海鳥

MV/SA-32J 海鳥

ジパング(漫画)に登場する架空の艦載機。

登場作品
ジパング(漫画)
正式名称
MV/SA-32J 海鳥
ふりがな
うみどり
関連商品
Amazon 楽天

概要

ベル社と三菱が共同開発した垂直離着陸機で、主に航空科の佐竹が操縦、森や林原が銃手を担当する。自由に身動きをとることができないみらいにとって“目”ともいうべき存在で、強行偵察から連絡飛行、機銃による支援や巡航ミサイルの中間誘導など、みらいの作戦の中でも特に危険度の高い任務を担当した。

ダンピール海峡でのセクションSの部隊との戦いで使用不能となった後部CIWSの給弾作業を支援するため、危険を冒して発艦。米軍の航空機との戦闘により機銃が使用不能へと陥り、みらいを守るための盾となって撃墜された。

登場作品

ジパング

海上自衛隊が誇るイージス艦みらいが、太平洋戦争の真っ只中へとタイムスリップし、現代における最新鋭のテクノロジーがその後の歴史に大きな影響を与えていく様を描いた架空戦記漫画。自衛官と軍人という、似てはい... 関連ページ:ジパング

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ジパング
logo