MV/SA-32J 海鳥

MV/SA-32J 海鳥

ジパング(漫画)に登場する架空の艦載機。読みは「うみどり」。

登場作品
ジパング(漫画)
正式名称
MV/SA-32J 海鳥
ふりがな
うみどり
関連商品
Amazon 楽天

概要

ベル社と三菱が共同開発した垂直離着陸機で、主に航空科の佐竹が操縦、森や林原が銃手を担当する。自由に身動きをとることができないみらいにとって“目”ともいうべき存在で、強行偵察から連絡飛行、機銃による支援や巡航ミサイルの中間誘導など、みらいの作戦の中でも特に危険度の高い任務を担当した。

ダンピール海峡でのセクションSの部隊との戦いで使用不能となった後部CIWSの給弾作業を支援するため、危険を冒して発艦。米軍の航空機との戦闘により機銃が使用不能へと陥り、みらいを守るための盾となって撃墜された。

登場作品

ジパング

海上自衛隊の誇る最新鋭のイージス艦みらいは、新日米ガイドラインによる海外派遣に向かう途中、突如巻き起こった嵐に巻き込まれて落雷を受け、ミッドウェー海戦直前の太平洋戦争の時代へとタイムスリップする。目の... 関連ページ:ジパング

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ジパング
logo