SEX

沖縄・金武、福生、横須賀と米軍基地のある街を舞台に、裏社会に生きる少年ユキとナツ、少女カホら三人の危険な青春を描いたハードボイルドクライムアクション作品。数年に渡る物語だが、作中で描かれる季節は全て真夏で、夏の強い日差しにさらされたコントラストの強い情景が、シャープな筆致で描写されていることが特徴。また、アメリカ文化の匂いを強く残した、基地のある街の風景も精緻に描かれている。

概要・あらすじ

東京・福生に住む女子中学生・カホは修学旅行で沖縄を訪れる。幼いころ沖縄に引っ越した少年ナツを探して一人街をさまよっていたところ、ナツによく似た雰囲気の少年ユキと出会う。ナツを知るらしいユキに付いて行くカホだが、地元のヤクザを相手に危険なビジネスを行っていたユキのいざこざに巻き込まれてしまう。

結局、ナツとは会えぬまま沖縄最終日を迎えたカホだったが、空港に現れたナツと一瞬の邂逅を果たす。それから一年、高校に進学したカホは、ひょんなことから米軍ハウスに住みついた二人と再会。ユキは横田基地の米兵相手にビジネスを始め、ナツは高校に通い出す。やがてカホは二人の米軍ハウスに転がりこみ、奇妙な共同生活を始めるのであった。

登場人物・キャラクター

ユキ

黒髪を逆立たせた髪型の青年。色盲で、色を認識できない。素肌にジャケット、素足にローファー姿であることが多い。背中には、体温が上がると浮き上がるタトゥーが入っている。沖縄でナツとコンビを組んで、酒や海賊ビデオの売買など裏のビジネスに関わっていたが、ヒガの組ともめ事を起こして東京・福生に移住。 米軍ハウスにナツと二人で暮らしている。「おいしい話」を嗅ぎ付けることに優れており、行く先々で危険なビジネスを周囲に持ちかけては騒動を起こすトラブルメーカー。車の運転はかなり荒く、信号無視を繰り返し何度も事故を起こしている。ナツと出会う前は、ヒガと組んでおり、それ以前の記憶を失っているらしく、過去の手掛かりを探して米軍基地のある街に住みついている模様。 モデルはロックバンド「ザ・ストリート・スライダーズ」のHARRY。

ナツ

金髪眉なしの少年。カホと千明とは幼なじみ。沖縄でユキと組んでいたときは、不登校だったが、福生に移住してからは父親との約束もあり武蔵野西高に通うこととなる。幼いころカホ右互いの耳にピアスの穴をあけており、左耳にその時のピアスを付けている。火薬に精通しており、爆薬を使った派手な仕掛けを好む。 また、料理上手である。モデルはロックバンド「ザ・ストリート・スライダーズ」の蘭丸。

カホ

大人びた雰囲気の美少女。ハイヒールを好んでよく履いている。修学旅行中、沖縄で幼なじみのナツを探している最中、ユキと出会った。 その後お嬢様学校成華高校に進学し、地元福生でユキとナツと再会。二人と行動を共にしているため、何かと危険な目に合っているが、ほとんど動じないほど肝の据わった性格。 また、人懐っこく行く先々で自分のファンを作っている。左耳にナツと同じピアスをしている。

ヒガ

長い金髪に褐色の肌の男性。自分の「魂」と呼ぶ白鞘の日本刀を常に帯刀している。沖縄の暴力団沖縄琉道会若頭筆頭覇王会会長で、若年ながら組を率い勢力を伸ばしていたが、敵対する爬龍会のバックに付いていた花田組の幹部を殺害した疑いをかけられて破門。在日米軍のコネクションを使い逃亡した。 その後、米軍の女性士官メグ・ブラウンと結婚し軍属の身分を手に入れ、米軍物資の横流しなどのビジネスを行う。ユキとはかつてコンビを組んでおり、ヒガの組織の基盤も二人で作ったもの。

千明 (ちあき)

リーゼントの少年。ナツとカホとは幼なじみ。中学生時代はカホと同じ学校に通っており、後にナツと同じ武蔵野西高に進学。カホのことが好きだが、本人からはあまり相手にされておらず、ユキからも厄介事を押し付けられてばかりと、何かと不遇な役回りである。

磯野 (いその)

坊主頭の不良少年。ナツと同じ武蔵野西高に通う。目立つナツが気に食わず、目の仇にしている。野球部所属。

中島 (なかじま)

剃り込みを入れた頭にチョビ髭で老け顔の不良少年。ナツと同じ武蔵野西高に通う。入学式の日に二年の教室で八人相手に暴れ、無期限停学処分となっていた。磯野らに焚き付けられ、ナツたちと事を構えるが、実はナツとは友達になりたいだけだった。

ちぎら

ナツと同じ武蔵野西高に通う女子高生。ファッションモデルでもある美少女だが、挙動不審で読めない性格。ゲーム好きで、ゲームセンターでハイスコア常連のカホに興味を持ち、勝負を挑んだ。その後カホの友人となる。

マックス

米軍横田基地でSP(セキュリティ・ポリス)に就いている男性。ユキにそそのかされ、彼のビジネスに手を貸すことになる。モデルはパンクバンド「クラッシュ」の元メンバージョー・ストラマー。

ユキ(♀)

J・川平に雇われた女殺し屋。爬龍会、琉道会の幹部を単身で殺して回った凄腕。色盲で、感情が高ぶると色調のコントロールが利かなくなる。偶然であったカホに執着し、彼女を手に入れようと目論む。ユキの過去を知っている様子。仕事の時はボンテージファッションに身を包んでいることが多い。

J・川平 (じぇい・かびら)

爬龍会若頭補佐。ユキ(♀)を使い爬龍会、琉道会の幹部を消した。趣味と実益を兼ね、ユキ(♀)の殺しの様子を撮影させている。

筋Q (すじきゅー)

『SEX』に登場するイグアナ。ユキとナツが住んでいる福生の米軍ハウスで飼われていたペット。

金城 (きんじょう)

かつてはヒガの部下だったが、彼を怨み、沖縄から福生まで追ってきたヤクザ。髪が薄くなっているのを気にしている。

桃ちゃん (ももちゃん)

沖縄にある卍モータースで働くスキンヘッドにサングラス姿の男性。ユキの同作者の『TO-Y』などにも同名で似た容姿の人物が登場する。

書誌情報

Sex 全7巻 小学館〈ヤングサンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2004年12月発行、 978-4091531810)

第2巻

(2005年1月発行、 978-4091531827)

第3巻

(2005年2月発行、 978-4091531834)

第4巻

(2005年3月発行、 978-4091531841)

第5巻

(2005年4月発行、 978-4091531858)

第6巻

(2005年5月発行、 978-4091531865)

第7巻

(2005年6月発行、 978-4091531872)

Sex 全5巻 小学館〈小学館文庫〉 完結

第1巻

(2012年8月発行、 978-4091930460)

第2巻

(2012年9月発行、 978-4091930477)

第3巻

(2012年10月発行、 978-4091930484)

第4巻

(2012年11月発行、 978-4091930491)

第5巻

(2012年12月発行、 978-4091930507)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo