citrus

ギャルな女子高校生の藍原柚子は、母親の再婚相手の連れ子で、義理の妹となった藍原芽衣に恋してしまう。初心な柚子と、同性とのキスも平気な芽衣の二人が、時に反発しながらも互いの恋愛感情を募らせていく姿を描いたガールズラブコミック。「コミック百合姫」2013年1月号から2018年10月号にかけて掲載された作品。

正式名称
citrus
ふりがな
しとらす
作者
ジャンル
兄弟・姉妹・双子
 
百合
レーベル
IDコミックス 百合姫コミックス(一迅社)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

初恋未経験の女子高校生の藍原柚子は、母親の再婚を機にお嬢様学校として知られる藍原学院に転校した。柚子は女子力を上げるためにギャルっぽい派手な服装をしていたが、藍原学院ではそれがすべて校則違反となる。環境の違いから疲れ果てて帰宅した柚子は、さらに生徒会長の藍原芽衣が、義理の妹であることを初めて聞かされ驚愕する。そんな中、柚子は学院内で芽衣と雨宮のキスシーンを目撃してしまう。帰宅後そのことをからかう柚子だったが、芽衣からキスをされて、次第に芽衣を意識するようになる。

第2巻

藍原学院の理事長室で、藍原芽衣と二人でいる姿を見られてしまった藍原柚子は、生徒会副会長で芽衣の幼なじみでもある桃木野姫子からライバル視されるようになる。姫子より芽衣との距離を縮めたいと考えた柚子は、芽衣と二人で柚子の父親の墓参りに行く。そこで芽衣が、父親の藍原翔にコンプレックスを抱いていることや、その愛情を疑っていることを知る。芽衣に今必要なのは恋愛ではなく家族なのだと気づいた柚子は、芽衣への恋心をあきらめ、姉として芽衣に向き合おうことを決意。そんな中、海外を放浪していた翔が突然帰国し、芽衣の心は搔き乱されてしまう。

第3巻

藍原芽衣藍原翔の親子関係が改善されたことで、藍原柚子はいつもの日常生活を取り戻していた。そんなある日、柚子は二つ年下の幼なじみである水沢まつりと出会う。そこでまつりに、芽衣といっしょのプリクラを見られて即座に恋心を看破された柚子は、以前から柚子を好きだったというまつりから猛烈なアピールを受けるようになる。まつりは芽衣を邪魔者と認識し、排除しようとするが、芽衣もまたまつりと柚子の関係に嫉妬する様子を見せ始める。芽衣と柚子が家族となって初めて迎えるクリスマスパーティーを楽しみにしていた二人に、まつりがある計画を企てる。

第4巻

修学旅行当日、藍原柚子は集合時間に遅刻してしまい、同じ旅行日程だった別の学校のタチバナ・サラと共に京都に向かうことになる。新幹線での会話で互いに同学年に成績優秀な妹がいることや、同性に片思いしていることを打ち明け合った二人は、急速になかよくなる。そのあとに宿泊ホテルまでいっしょだと判明し、サラの妹であるタチバナ・ニナとも親しくなった柚子だったが、その後ニナはサラの片思いの相手が藍原芽衣であることや、芽衣が柚子の片思いの相手でもあることを知ってしまう。サラの恋愛成就を応援するニナは、修学旅行中に柚子と芽衣を引き離す作戦を立てる。

第5巻

藍原柚子は修学旅行の最終日、正式に藍原芽衣と付き合うことになった。無事に高校2年生に進級できた喜びも重なり浮かれる柚子の前に、柚子の大ファンを名乗る少女、野村寧音が現れる。高校進学を機に柚子のようになりたいと髪を脱色して登校してきた寧音だが、その日は前生徒会長で、今なお全生徒に恐れられている谷口みつ子が来校する日だった。寧音の髪色をかばった柚子に対しみつ子は、校則を変えたいのなら柚子が新しく生徒会長になればいいと言い放つ。困惑する柚子だったが、いつもは頼りになる親友の谷口はるみも、姉のみつ子に対しては逃げ腰で、協力を拒まれてしまう。

第6巻

藍原学院での学校生活を続けられるようになった藍原柚子は、本格的に藍原芽衣との関係を進展させるため、今後の恋愛計画を立てていた。しかし、赤面するような恥ずかしいことまで書き込んだノートを芽衣に奪われてしまい、デートの主導権まで握られてしまった柚子は困惑しつつも、自分との関係に前向きになってくれている芽衣へさらに思いを募らせていく。柚子はどうにかこの思いを形にできないかと考え、ペアリングを送るために宇田川の営む喫茶店でアルバイトを開始する。そして念願のペアリングも購入することができ、幸せいっぱいの柚子だったが、帰宅途中に以前の学校の友人たちと出会ってしまう。

第7巻

アルバイトが忙しかったことで成績が落ちた藍原柚子は、夏休みの補習を受けることになってしまう。谷口はるみから藍原学院の補習には、黒い人影が現れるという噂があることを教えられた柚子は、戦々恐々としながらも補習に挑む。そこで出会った1学年上の先輩である白帆鈴蘭は、表情が乏しく不気味な雰囲気を漂わせた少女だった。人間観察が趣味だという鈴蘭は、感情の起伏をまったく見抜けない藍原芽衣に興味を持っていた。そんな中、鈴蘭ともなかよくなった柚子は、友人たち全員で夏祭りに出かけることとなるが、そこで鈴蘭に柚子と芽衣の関係が露見しそうになり、慌てて誤魔化すのだった。

第8巻

水沢まつりの発案で、藍原柚子をはじめとする藍原学院の友人たちと谷口みつ子は、宇田川の所有するペンションに宿泊旅行に行くこととなる。藍原芽衣との関係がみんなにバレないかハラハラする柚子だが、それでも恋人としての時間も大切にしたいと、芽衣と1日に1回キスをする約束を交わす。そんな中、バーベキューや魚釣りを楽しみながら、柚子と芽衣の秘密の関係もゆっくりと進展していた。一方で、まつりは二人を純粋な気持ちで応援していたが、その夜、白帆鈴蘭桃木野姫子が芽衣の婚約者のことについて話しているのを耳にし、態度を一変させる。

第9巻

宿泊旅行の最終日は、どことなくギクシャクとした形で幕引きとなった。藍原芽衣との進展に歓喜する藍原柚子だったが、対照的に藍原芽衣は苦しげな表情を見せることが増えていた。その変化に気づきつつも、その原因を聞き出すことを恐れていた柚子は、あえて気づかないふりをしてやり過ごそうとしていた。しかし柚子が、デート計画や勉強に励むあいだに、芽衣は祖父である理事長から、新たな婚約者との顔合わせの予定を取り付けられていた。新たな婚約者が宇田川であることを知った芽衣は、柚子とのデートのあと、置き手紙だけを残し、柚子の前から姿を消してしまう。

第10巻

高校3年生の春を迎えるが、藍原芽衣が自宅からいなくなり、藍原柚子の元気がなくなったこともあり、周囲の雰囲気もまた暗いものになっていた。そんな中、柚子のもとにタチバナ・サラタチバナ・ニナが泊まりにやって来る。芽衣がいないことを不思議がる二人に、すべてを話した柚子は、柚子の母親藍原翔をはじめとするみんなに、芽衣への気持ちを打ち明ける決意を固める。そして、芽衣を取り返すべく計画を立てる柚子だったが、一方の芽衣は早々に宇田川との婚約を確実なものにするために、自ら行動を起こしていた。

関連作品

本作『citrus』の続編として、サブロウタの『citrus+』がある。『citrus』完結直後の藍原柚子の家に、藍原芽衣が帰宅する日からストーリーが始まり、新たなキャラクターたちも登場している。

メディアミックス

TVアニメ

2018年1月から、本作『citrus』のTVアニメ版『citrus』がTOKYO-MX、BSフジなどで放送された。その内容は、高校1年生の修学旅行までが描かれている。藍原柚子を竹達彩奈、藍原芽衣を津田美波、谷口はるみを藤井ゆきよが演じている。

登場人物・キャラクター

藍原 柚子 (あいはら ゆず)

藍原学院に通う藍原芽衣と同学年の女子。芽衣の義理の姉で、柚子の母親の連れ子。毛先にパーマをかけた金髪のロングヘアで、ギャルを体現したような派手な服装をしている。恋愛を経験したことはないが、芽衣に抱きつかれたことをきっかけに芽衣に恋するようになる。芽衣を幸せにすることを第一に考えているが、初心で経験不足なこともあり、芽衣に翻弄されることが多い。藍原学院に転校して知り合った谷口はるみと親友。誰とでもなかよくなれる面倒見のよい性格をしている。後輩である水沢まつりや野村寧音、先輩の白帆鈴蘭とも仲がいい。3歳の時に実父を亡くしており、ほとんどその記憶がない。そのことを気にしており、少しでも父親とのつながりを持つため髪を脱色し、父親と同じ髪色にしている。はるみからは「ユズっち」、鈴蘭からは「ゆずぽん」と呼ばれている。

藍原 芽衣 (あいはら めい)

藍原学院に通う藍原柚子と同学年の女子。柚子の義理の妹で、藍原翔の連れ子。ロングヘアで、清楚な服装を好んで身につけている。藍原学院では1年生から生徒会長を務めているほど優秀で、祖父である理事長の決めた婚約者と結婚しなければいけない将来も受け入れており、どこか孤独を感じさせる振る舞いが目立つ。柚子に抱きついたりキスをして翻弄しているが、自分が愛される存在だとは思っておらず、柚子と付き合い始めてからも試すような行動が多い。しかし、柚子に思いを寄せる水沢まつりに嫉妬したり、校則を変更してでも柚子の気持ちを尊重することもあるなど、柚子を大切に思っている。桃木野姫子からは「メイメイ」と呼ばれている。

谷口 はるみ (たにぐち はるみ)

藍原学院に通う藍原柚子と同学年の女子。谷口みつ子の妹。赤みがかった茶髪を姫カットにしており、学校では低い位置でツインテールにしている。「ステルスギャル」を自称しており、学校内では校則に則った地味な服装をしているが、私服はギャルっぽい派手な服装を身につけている。柚子が転校してきた日から気が合い、非常に仲がいい。柚子と共に、水沢まつりや野村寧音の面倒を見る機会が多いため、二人からは慕われている。一方で、姉のみつ子を非常に恐れており、顔を見て話をすることもできない。柚子からは「はるみん」と呼ばれている。

桃木野 姫子 (ももきの ひめこ)

藍原学院に通う藍原柚子と同学年の女子。太くて濃いまゆ毛が特徴で、濃いピンク色の髪を縦巻きロールのツインテールにしている。私服はフリルとリボンが付いたロリファッションを好んで身につけている。藍原芽衣の幼なじみで、藍原学院では1年生から生徒会副会長を務めており、芽衣を支えていると自負している。当初は柚子のことを敵視していたが、徐々に打ち解けていく。のちに柚子と芽衣が付き合っていることを知ってからは、複雑な心境ながらも応援している。水沢まつりからは「まゆげちゃん」と呼ばれている。

水沢 まつり (みずさわ まつり)

藍原学院に通う藍原柚子の2学年下の女子。初登場時は中学2年生だったが、柚子たちが高校3年生になった年に藍原学院に主席で入学した。薄いピンク色の髪をミディアムボブヘアにしており、制服姿にパーカーを羽織りヘッドフォンを着用している。柚子からは妹のように扱われているが、水沢まつり自身は柚子に好意を抱いており、藍原芽衣のことは当初敵視していたが、徐々に打ち解けていく。柚子と芽衣が付き合っていることを知ってからは、二人の中が進展するように旅行を計画するなど応援している。

野村 寧音 (のむら ねね)

藍原学院に通う藍原柚子の1学年下の女子。柚子にあこがれており、一時は柚子をまねて髪を脱色していたが、柚子の負担になると考え、即日髪色を戻している。女性同士の恋愛を楽しむ姫女子で、谷口はるみと柚子が恋愛関係にあるという妄想を楽しんでいる。

白帆 鈴蘭 (しらほ すずらん)

藍原学院に通う藍原柚子の1学年下の女子。ウェーブがかった濃い緑色のロングヘアで、つねに日焼け防止の手袋や日傘を使用している。つねに藍原芽衣のことを考えているため、勉強が疎(おろそ)かになり夏休みの補習の常連となっていた。柚子とも補習で知り合っている。ヤクザの組長の娘で、感情を表に出すことは負けであると教育されてきたため、非常に表情が乏しい。水沢まつりからは「しらぽん先輩」と呼ばれている。

谷口 みつ子 (たにぐち みつこ)

谷口はるみの姉で、現在は女子大学生。藍原学院の前生徒会長を務めていた。黒髪のアシンメトリーなショートヘアにしている。谷口みつ子が生徒会長を務めていた頃は独裁体制と恐れられ、今でもみつ子が学校に姿を見せると生徒たちが怯(おび)えるほどの存在感がある。妹のはるみとなかよくしたいと考えているが、はるみが自分を怖がっていることも理解しており、歯がゆい思いをしている。丸田加代からは「みっちゃん」と呼ばれている。

丸田 加代 (まるた かよ)

藍原柚子の1学年上の女子。藍原学院の生徒会役員を務めており、茶髪のマッシュルームヘアで、眼鏡をかけている。後輩の藍原芽衣や桃木野姫子らにも敬語で話し、非常に気弱に見える。しかし、谷口みつ子とは対等に会話をしており、みつ子が生徒会長を務めていた頃はフォロー役を担っていた。現在も仲がよく、いっしょに行動することが多い。柚子からは「メガネ先輩」と呼ばれている。

タチバナ・サラ

東京都外に住んでいる女子高校生。タチバナ・ニナの姉で、藍原柚子と同学年の少女。銀髪のロングヘアで、小学生に見えるほど幼い見た目をしている。タチバナ・サラ自身の通う高校では藍原学院と同日程で修学旅行が行われており、集合時間に遅れてきた柚子とが偶然出会い、いっしょに京都に向かう車中でなかよくなった。「運命」が口癖で、東京駅で出会った藍原芽衣に一目惚れし、結ばれる運命だと信じていた。一度は芽衣に告白してデートをしたが、芽衣が柚子を好きなことを察して身を引いている。しかし、その後も柚子や芽衣とは友人として連絡を取り合っている。

タチバナ・ニナ

東京都外に住んでいる女子高校生。タチバナ・サラの妹で、藍原柚子と同学年の少女。銀髪のロングヘアで非常に背が高く、スタイル抜群。タチバナ・ニナ自身の通う高校では藍原学院と同日程で修学旅行が行われており、集合時間に遅れてきた柚子とサラがなかよくなっていたことや、サラが藍原芽衣に一目惚れしていたことから柚子や芽衣と知り合った。サラを大切に思っているため、サラと芽衣が結ばれるよう画策したが、結果はうまくいかずに涙ながらに悔しがった。しかしサラに諭されて納得し、その後も柚子や芽衣とは友人として連絡を取り合っている。

宇田川 (うだがわ)

藍原柚子が以前住んでいた地域にある喫茶店の店長を務める男性。ツーブロックヘアで眼鏡をかけており、穏やかな性格をしている。柚子が藍原芽衣に贈るペアリングの購入費を貯めるために、アルバイトをしていた。実は非常に裕福な宇田川家の次男坊で、ペンション経営などもしている。学歴も高く気品もあることから理事長に気に入られ、芽衣の婚約者に選ばれた。

柚子の母親 (ゆずのははおや)

藍原柚子の母親で、藍原芽衣の継母。黒髪でワンレンのショートボブヘアにしている。芽衣を尾行している藍原翔を怪しみ、実の親子だと判明したあとも年頃の娘を放り出したことを叱責した。そんな中で柚子と同い年の芽衣を放っておけず、面倒を見ると申し出て翔との再婚に至った。

藍原 翔 (あいはら しょう)

藍原芽衣の父親で、藍原柚子の継父。ボサボサの黒髪に無精ひげを生やしている。もともとは非常に生真面目な教育者だったが、父親である理事長の教育方針に疑問を抱き、家族と離れて世界中を回って自分を見つめ直している。一方で芽衣を放り出していることに罪悪感があり、日本に帰国しているあいだは尾行する形で芽衣を見守っていた。そんな中で柚子の母親と出会い、芽衣の面倒を見るとの申し出を受けて再婚に至った。

理事長 (りじちょう)

藍原芽衣の祖父。藍原学院の理事長を務めている老齢の男性で、祖父が設立した藍原学院を引き継ぎ、組織や資産を大きく成長させた。非常に厳格な性格で、息子である藍原翔を後継者にふさわしい人物として育てられなかったことを悔やんでいる。一方で体調面に不安があることから、組織を引き継ぐ後継者をいつも探しており、芽衣を宇田川と婚約させたいと考えている。

雨宮 (あまみや)

藍原学院の教師を務めている男性。藍原芽衣の最初の婚約者。藍原柚子が一目見て思わず目をそらすほどのイケメンで、生徒から非常に人気がある。しかし芽衣のことはまったく愛しておらず、ほかに愛人がいる。芽衣は権力と富を得るための道具だと考えており、結婚するまでは恋人ごっこを続けると愛人に話していた。

場所

藍原学院 (あいはらがくいん)

小学校から大学までの女子一貫校。藍原芽衣が高校の生徒会長を務める。代々続く名家の子女が多いことから、理事長の方針でスカート丈や通学鞄に至るまで非常に厳しい校則が定められており、誰であろうと例外なく罰せられる。ほとんどの生徒が小学校からエスカレーター式で進学した箱入り娘が多いことから、校則違反ばかりする藍原柚子は煙たがられている。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo