• ガイド・ニュース
  • 画力高く独特な世界観に引き込まれるCLAMP特集!オススメ漫画を集めてみた

画力高く独特な世界観に引き込まれるCLAMP特集!オススメ漫画を集めてみた0 Pt.

平成の少女漫画界に風穴を開けた異能の集団・CLAMP。特に壮大なストーリー作りを得意とする大川七瀬と、唯一無二の画力を誇るもこな・いがらし寒月・猫井椿ら作画陣が生み出すコンビネーションは多くの女性たちを虜にした。ちょっぴり懐かしくもある独特の世界観に浸ってみよう。

作成日時:2022-05-12 19:00 執筆者:マンガペディア公式

画力高く独特な世界観に引き込まれるCLAMP特集!オススメ漫画を集めてみた

出典:KADOKAWA


『東京BABYLON』

『東京BABYLON』

出典:KADOKAWA

東京を舞台に、除霊を行うさまざまな陰陽師たちの活躍を描いたダークファンタジー。人口1000万人超の不夜城都市・東京。主人公・皇昴流(すめらぎすばる)は、東京に住まう16歳の高校生だ。気の優しい昴流には、先祖代々続く陰陽師・皇一族の十三代目当主という顔があった。その日、昴流はとある男性の依頼で、ベッドの上に取り憑いた女性の怨霊を除霊した。しかし、実はこの女性は依頼人に騙されことが原因で自殺しており、そのことで双子の姉・皇北都は昴流を咎めるのだった。

昴流は、気の強い姉・北都に、依頼人の男性を助けたことをなじられ、ついたじろいでしまう。そんな昴流を庇い、北都を優しくなだめるのは懇意にしている獣医師・桜塚星史郎(せいしろう)である。星史郎は陰陽師だが、影の存在である暗殺集団「桜塚護(さくらづかもり)」の跡取り息子でもある。本来相反する立場にある昴流と星史郎だが、共に手を組み東京に巣くうさまざまな霊を祓ってゆく。少しずつ星史郎に恋慕のような感情をおぼえる昴流だったが、星史郎には真の目的があった。本作は、オカルティックな陰陽師をテーマに、自殺やいじめ・新興宗教・ダイヤルQ2など当時の世相と絡ませて描かれているのが特徴である。ある意味悲劇的ともいえる結末も話題を呼んだ。


『魔法騎士レイアース』

『魔法騎士レイアース』

出典:講談社

異世界の危機を救うべく、少女たちが魔法騎士となって闘うRPG風ファンタジー。1993年、東京。獅堂光(しどうひかる)、龍咲海(りゅうざきうみ)、鳳凰寺風(ほうおうじふう)の3人は東京タワーで偶然鉢合わせする。その瞬間、まばゆい光に包まれ「この『世界』を助けて…」と懇願する謎の女性の声に導かれ、空中に飛ばされてしまう。彼女たちがたどり着いたのは異世界「セフィーロ」だった。1994年テレビアニメ化。続編に『魔法騎士レイアース2』がある。

光たちを待ち受けていたのは、導師・クレフだった。3人はクレフから、声の主は世界の秩序を保つ「柱」であるエメロード姫であることを告げられる。しかし姫は神官・ザガートに捕らえられ、セフィーロは危機的状況にあるという。世界を救うべく魔法騎士(マジックナイト)として選ばれた3人は、クレフから魔法を授かりザガート討伐のため旅に出ることを決意する。紆余曲折を経てとうとう彼を倒すが、エメロードには思いもよらぬ真実が隠されていた。本作は、ごく普通の少女たちが当時流行りのRPGゲームさながらの異世界で騎士として活躍する物語で、多くの少女たちの共感を呼んだ。光・海・風とそれぞれの名前に即した技を繰り出すバトルシーンも迫力たっぷりである。


『×××HOLiC』

『×××HOLiC』

出典:講談社

都会の片隅に佇む不思議な店を舞台に、店主の女性とバイトの少年が織りなすファンタジー。主人公の高校生・四月一日君尋(わたぬききみひろ)は、奇怪な存在「アヤカシ」に好かれやすい体質で悩んでいた。ある日、アヤカシを背負ったまま歩いていた四月一日は、不思議な力に導かれるようにとある屋敷に吸い込まれる。そこは女店主・壱原侑子が仕切る「ネガイがかなうミセ」だった。2006年、2008年にテレビアニメ化。続編に『×××HOLiC・戻』がある。

侑子曰く、四月一日がその「ミセ」に来たのは必然とのこと。そして、彼の名前と誕生日を聞いただけで家庭環境や生い立ちに加え、現在の悩みまで言い当ててしまうのだった。訝しがり帰ろうとする四月一日だったが、侑子は半ば強引に彼に「アヤカシから憑かれる体質を治したい」と願うよう促す。渋々受け容れる四月一日だったが、願いを叶える対価としてミセでバイトをすることに。腐れ縁の同級生・百目鬼静(どうめきしずか)の助けも借りつつ、ミセを訪れるさまざまな悩みを抱える客の願いを叶えるべく奮闘する。本作は、四月一日を取り巻く不思議な出来事がコメディタッチで描かれており、クスリと笑えるシーン満載だ。後半で明かされる、四月一日と侑子の意外な正体にも驚かされる。


『X』

『X』

出典:KADOKAWA

世界の終末をテーマに、人類の存続を担う集団「天の龍」と地球の破壊を担う集団「地の龍」の長きにわたる闘いを描いたバトルファンタジー。1999年、世紀末の東京。主人公・司狼神威(しろうかむい)は母の遺言により6年ぶりに東京へ帰還を果たす。一方、神威の幼なじみで神社の跡取り息子である桃生封真(ものうふうま)は、妹の桃生小鳥から「神威が帰ってくる夢を見た」と告げられる。ほどなくして再会を果たす彼らに悲しい運命が迫っていた。2001年テレビアニメ化。

実は神威は、地球を守るべく結界を創世する能力を持つ「天の龍」の一員になりうる人物だった。神威は「夢見」の少女・丁(ひのと)に、「地の龍」から地球を守って欲しいと懇願される。一方、封真もまた、丁の妹で地の龍のメンバーを募る庚(かのえ)から、神威を殺すよう夢の中でけしかけられる。天の龍と地の龍のメンバーたちは東京へ集結し、神威と封真を巻き込み、終わりの見えないバトルが展開されてゆく。本作は、東京が地球の中心として描かれており、見慣れた建物が破壊されていくさまやグロテスクな描写が衝撃的だ。また、CLAMPの人気作『東京BABYLON』の続編的位置付けであり、皇昴流などお馴染みの登場人物が活躍するのも見どころである。


『ツバサ』

『ツバサ』

出典:講談社

とある姫が失った記憶のかけらを探すべく、少年が異世界を渡り歩く冒険活劇。主人公・小狼(シャオラン)は考古学者の卵として玖楼国(クロウこく)で遺跡の調査を行っていた。姫であるサクラ(さくら)とは身分違いであるが、幼馴染であり互いに惹かれ合っている。ある日、サクラが遺跡の紋章に触れたことをきっかけに小狼の壮大な冒険が幕を開ける。2005年、2006年にテレビアニメ化。続編に『ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編』がある。

サクラが紋章に触れた途端、背中に大きな羽根が生え宙に浮きあがる。それは、とある野望を持つ男・飛王(フェイワン)・リードの策略だった。小狼はサクラが飛王に連れ去られるのを阻止しようとするが、その代償に彼女の羽根は砕け異世界へと飛び散ってしまう。実はこの羽根の正体こそがサクラの「記憶のかけら」であり、それを取り戻さないと彼女は死んでしまうという。小狼は失われた羽根を集めるために次元の魔女の元を訪れ、そこで出会った仲間と共に異世界を旅し闘ってゆく。本作は、壮大な異世界描写に時空を超えた複雑なストーリーがマッチしており、最後まで飽きさせない。また、CLAMPの人気作品のキャラクターが多数登場しており、ファンにとってはより楽しめる内容となっている。


関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!