「神木隆之介」が声優を務めたアニメ364 Pt.

人気俳優「神木隆之介」が声優を務めたアニメ映画をご紹介。

作成日時:2017-06-04 22:00 執筆者:マンガペディア公式

「神木隆之介」が声優を務めたアニメ

出典:Amazon.co.jp

概要

2017年7月に公開予定のアニメ映画『メアリと魔女の花』にて「ピーター」役を務める人気若手俳優「神木隆之介」。子役としてデビューして以来、ドラマや映画で数々の役柄をこなしてきた彼が、声優として出演したアニメ作品を5つだけご紹介しよう。

『千と千尋の神隠し』

出典:Amazon.co.jp

本作は、10歳の少女「千尋」が、トンネルの向こうにある不思議な世界へと迷い込んでしまうという物語。ストーリーの舞台となるのは、神々が疲れを癒しに来るお湯屋の「油屋」。「千尋」はそこで働きながら、「油屋」で起こる様々な出来事を通して次第に成長して行く事になる。「神木隆之介」が演じたのは「油屋」の主人「湯婆婆」の息子「坊」であり、赤い腹がけをした巨大な赤ん坊のキャラクター。甘やかされて育った所為かわがままな性格をしており、癇癪を起こしては泣き喚いて暴れる癖がある。「神木隆之介」が声優として初めて演じたのが「坊」であり、本作では、まだ幼かった彼のあどけなさを耳で感じる事ができる。作中「千尋」に向けて発せられた「泣いちゃうぞ」というセリフは印象的で、その可愛らしい演技に母性本能をくすぐられた女性も多かったのではないだろうか。

『ハウルの動く城』

出典:Amazon.co.jp

魔女の呪いで老婆となってしまった少女「ソフィー」と、魔法使いの美青年「ハウル」との恋物語。魔法が生きているという世界観に、戦争という原作には無かった要素が加えられ、そんな情勢の中で生活しながら次第に絆を強めて行く「ソフィー」や「ハウル」達「家族」の姿が描かれている。今作で「神木隆之介」が演じたのは、「ハウル」の弟子「マルクル」。幼い年齢の割りに大人びた態度を取る事もあるが、食事のマナーがきちんとしていなかったり、変身の魔法が未熟だったりと、やはり年相応の子供らしさがある。『千と千尋の神隠し』から3年後とあって、少し成長した「神木隆之介」の様子を窺う事ができる本作。演技面での上達は、本作と『千と千尋の神隠し』両方の作品を見た人なら感じる事ができるだろう。変身した「マルクル」は、いつもより低い声を出して老人になりきっているのだが、幼い声は変わらないのでただただ微笑ましい。作中聞ける「待たれよ」というセリフを印象強く感じた人も多いはずだ。

『サマーウォーズ』

出典:Amazon.co.jp

主人公「小磯健二」と、彼の先輩である「篠原夏希」を始めとした「陣内家」の面々が、インターネットの仮想世界である「OZ(オズ)」を巡る大事件に巻き込まれてしまうというストーリー。物語の舞台となるのは長野県にある上田市であり、「陣内邸」の周辺などに広がる風景は自然豊かで美しく、CG技術を駆使した「OZ」の世界観との対比が新鮮で面白い。また、主人公と「陣内家」の親族一同VS「OZ」を乗っ取った人工知能という構図も斬新で魅力的である。「神木隆之介」演じる「健二」は、引っ込み思案で内向的な性格の少年。数学が得意で、相手の生年月日を聞いただけでその日の曜日を即座に計算してしまう程、数学に関する解析能力が高い。「OZ」を巡る人工知能との戦いでは、その数学を武器に問題解決へと乗り出す事となる。作中で必死に数字と格闘しながら鼻血を流すシーンも然る事ながら、「神木隆之介」による「よろしくお願いしまぁぁぁす!」というセリフは、最早「健二」と言えばこれ、という程印象深いものとなっている。

『借りぐらしのアリエッティ』

出典:Amazon.co.jp

郊外にあるとある屋敷を舞台に、「小人」の少女「アリエッティ」が繰り広げる冒険を描いた物語であり、人間からすれば何という事もない日常生活の場が、視点を変えるだけで大冒険の舞台となるというのがとても斬新な作品。本作で「神木隆之介」が演じるのは、療養の為屋敷へとやって来た少年「翔」。生まれつき体が弱い事もあって少々悲観的になっている部分があるが、根は心優しく穏やかな性格。ひょんな事から出会った「アリエッティ」と、種族を超えた友情を結ぶ事になる。元々「神木隆之介」をモデルとして描かれたキャラクターであるだけに、彼の持つ声質と「翔」という人物とが非常にマッチしていて違和感がない。「神木隆之介」の持つその柔らかな声は、穏やかな気質に反してどこか悲しげな表情を浮かべる「翔」の人間性を良く表していたと言える。

『君の名は。』

出典:Amazon.co.jp

最早日本で知らない人はいないだろう大ヒット作品。東京で暮らす少年「立花瀧」と、飛騨の山奥に暮らす少女「宮水三葉」の、入れ替わりをきっかけとした恋物語。自然豊かな田舎の風景や表情を変える空、電子機器などの近代的な文明に至る全ての物が非常に緻密に描かれており、その映像美は見る者の記憶に深い感動と共に強く刻まれた事だろう。主人公の一人である「瀧」は絵を描くのが得意な少年で、将来は建築や美術関係の仕事に就く事を目標としており、日々友人と楽しく過ごす傍ら、レストランでのバイトに勤しむという充実した毎日を送っている人物。そんな「瀧」を「神木隆之介」が演じたというのはまだ記憶に新しく、これまでいくつもの作品で声優を務めてきた彼だけに、キャラクターに息を吹き込むという役割も難なくこなしているように感じる。入れ替わりをしている最中は「瀧」の中身が「三葉」になっているという事もあり、女の子のような演技をしているのだが、「三葉」役の「上白石萌音」からも「可愛さのレベルが高い」と評される程、その完成度は高いものとなっている。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

『装甲騎兵ボトムズ』秀逸な次回予告集!!むせる!!

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

「月下の棋士」、モデルとなった棋士たち1

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

思わずベタ惚れ! ツンデレ美少女アニメ7選

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

今だからこそおすすめしたい! 春に見たいアニメ5選!

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

一度は並べてみたくなるコミックス表紙まとめ

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!