あどりぶシネ倶楽部

大学の自主映画制作サークルを舞台にした青春劇。アルバイトをしながら自主映画の監督を務める主人公の奮闘や恋愛をコミカルに描く。

正式名称
あどりぶシネ倶楽部
ふりがな
あどりぶしねくらぶ
作者
ジャンル
部活動
レーベル
ビッグコミックス(小学館) / 小学館文庫(小学館)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

大学の自主映画制作サークル「あどりぶシネ倶楽部」は、部員3人という弱小サークル。監督兼俳優の神野は、弁当屋でバイトして制作費を稼ぎ、映画を撮り続ける。ある日、先輩でプロデューサーである片桐邦雄が新スタッフの佐藤道明を連れてくる。可愛らしい見た目に興奮する神野だったが、佐藤はオカマだった。しかし、佐藤の撮影知識と技術はプロレベルのものだった。

こうして新たなメンバーを迎えたあどりぶシネ倶楽部は新作の撮影に入る。

登場人物・キャラクター

神野 (じんの)

大学の自主映画制作サークル「あどりぶシネ倶楽部」で映画監督兼俳優を務める青年。ハチマキのように巻いたバンダナが特徴。ぼろアパートで一人暮らしをしている。尊敬する映画監督はスティーブン・スピルバーグ。弁当屋でバイトして、自主映画の製作費を工面している。

原田

大学の自主映画制作サークル「あどりぶシネ倶楽部」の音響兼俳優。パーマ頭でサングラスをかけている青年。神野とは大学のコンパ研究会で知り合った。俳優としては銃で撃たれて血糊を吹く演技がお手のもの。

片桐 邦雄

大学の自主映画制作サークル「あどりぶシネ倶楽部」のプロデューサー。メガネをかけて口ひげを生やしている青年。神野と佐藤道明の2人が組んだら、すごい映画が作れると期待している。神野の大学の一年先輩。オネエ言葉で話す。

佐藤 道明

片桐邦雄が大学の自主映画制作サークル「あどりぶシネ倶楽部」に連れて来た青年。黒髪のロングストレートで見た目は女性だが、れっきとした男。去年の「ぽあ」フィルム・フェスティバルに「里見千秋」の名で応募した作品「FRACTURE」が入選し、若干18歳のド天才と呼ばれた。腹違いの妹がいる。

吉田 拳二

神野と同じ大学に籍を置く先輩。空手部に所属し、体育会のちょっとした顔。学ラン姿で、体が大きく、顔も怖い。神野と佐藤道明が街で絡まれているところを助け、その後、神野が撮影している映画に出演させてくれないかと頼み込む。

麻衣

神野が1年前に撮影した自主映画「舞子・MY・LOVE」に出演した女子大生。女子大の学園祭で神野が目をつけ、口説き落として主演してもらった。クランクアップ後、神野から告白されるが、すでに付き合っている人がいると断った。再会した神野を誘惑する。

工藤

「ブレインストーミング」というアマチュアロックバンドのボーカルを務める男性。佐藤道明の評価は「もっのすご~くヘタクソなバンド」だが、熱狂的なファンがついており、自主制作のアルバムを制作予定。プロモーションビデオの制作を「あどりぶシネ倶楽部」に依頼する。

沖 梓

神野と同じ大学のジャーナリズム研に所属する女の子。片桐邦雄の後輩。神野が作る自主映画のファン。大学のミニコミ誌に掲載された小説の作者で、その小説に惚れこんだ神野から新作のシナリオ執筆を頼まれる。のちに「あどりぶシネ倶楽部」の5人目のメンバーになる。

青山

神野と同じ大学のアニメ研究会に所属する青年。模型とアニメのオタクで、神野が撮影するSF映画の特殊効果シーン撮影に協力を依頼される。大人しい性格だが、プラモデルの腕と情熱には目を見張るものがある。

集団・組織

あどりぶシネ倶楽部 (あどりぶしねくらぶ)

神野が所属する大学の自主映画制作サークル。現在のメンバーは、先輩のプロデューサー片桐邦雄、監督兼俳優の神野、助監督の佐藤道明、音響兼俳優の原田、シナリオと記録を担当する沖梓の5人。

書誌情報

あどりぶシネ倶楽部 全1巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻

(1986年8月発行、 978-4091811615)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo