ダイヤのB!! 青道高校吹奏楽部

ダイヤのB!! 青道高校吹奏楽部

寺嶋裕二の『ダイヤのA』のスピンオフ作品。スカウトされて吹奏楽部の名門校に入学した沢村栄純が、エーストランぺッターを目指して個性的な仲間たちと共に日々演奏に励みながら音楽の楽しさに目覚めていく。吹奏楽で全国制覇を目指し、波乱に満ちた部活ライフに励む栄純の姿を描く熱血ギャグコメディ。『マガポケ』で2015年から連載の作品。

正式名称
ダイヤのB!! 青道高校吹奏楽部
ふりがな
だいやのぶらす せいどうこうこうすいそうがくぶ
原作者
寺嶋 裕二
漫画
ジャンル
部活動
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

青道高校吹奏楽部のエースを目指している沢村栄純は、登校初日からさっそく吹奏楽部に入部する。大勢の先輩たちの前で自慢のトランペットを演奏したものの、楽譜が読めないという事実が露呈してしまう。そのため、同じ学年でフルートを担当する小湊春市が楽譜の読み方を教えてくれることになり、同じくエースになることを目指して吹奏楽部に入部した降谷暁もいっしょに猛特訓を開始する。演奏記号をまったく理解できない栄純と暁に手を焼く春市だったが、基礎を叩き込まれた二人はなんとか楽譜が読めるようになる。

第2巻

コンクールに出場することになった青道高校吹奏楽部は、出場校の実力を目の当たりにして、より一層お互いの結束を強める。そんな中、沢村栄純は初めて仲間たちと最後まで演奏しきった高揚感に満たされ、吹奏楽の面白さにますます惹かれていく。コンクールでは、成宮鳴のソロをメインにした稲城実業の演奏に気圧されるものの、栄純がこのコンクールから得たものは非常に大きかった。そして春になり、3年生が引退したことであとを任された御幸一也は、キャプテンとして新たな吹奏楽部を牽引していくことになる。

第3巻

秋のコンクールを目指して練習に励んでいた青道高校吹奏楽部は、名だたる強豪校との演奏対決をなんとか勝ち進んでいく。沢村栄純は山での厳しい演奏特訓を終え、なぜか引退したはずの3年生たちも加わってますます演奏に磨きをかけていき、みんなとセッションすることの楽しさをあらためて痛感する。そんな中、薬師高校をはじめとしたよきライバルたちの演奏にもひるむことなく、ついに全国大会の頂点を目指す戦いが始まる。

登場人物・キャラクター

沢村 栄純

青道高校に通う1年生の男子。吹奏楽部でトランペットを担当している。中学生の時に定期演奏会に出場したことで片岡鉄心にスカウトされ、青道高校への進学を決意。入学当初は楽譜がまったく読めなかったが、小湊春市の猛特訓によって短期間でなんとか読めるようになった。猪突猛進タイプで後先を考えない前向きな性格で、つねに周囲を明るくするムードメーカー的な存在。負けず嫌いのために他人よりも自分が劣っていることをなかなか認めようとしないが、本当に才能がある者に対しては敬意を払う。吹奏楽部のエーストランぺッターを目指して、仲間たちと日々鍛錬を重ねている。

降谷 暁

青道高校に通う1年生の男子。吹奏楽部所属でトロンボーンを担当している。北海道出身で、正体不明の白熊から青道高校を勧められて進学した。非常にマイペースで、何が起こっても顔色ひとつ変えない冷静な性格をしている。沢村栄純と同じく楽譜が読めなかったが、小湊春市の猛特訓を受けたおかげで読めるようになった。演奏中や歩きながらでも寝られるという、誰にもまねできない特技を持っている。

小湊 春市

青道高校に通う1年生の男子。吹奏楽部所属でフルートを担当している。吹奏楽部に入部するものの楽譜がまったく読めない沢村栄純と降谷暁を特訓し、短期間で楽譜が読めるように鍛え上げた。ふだんは非常に穏やかな性格で落ち着いており、フルートを吹けば動物たちがどこからか寄ってきてしまうという独特のオーラを放っている。しかし怒りながらフルートを吹くと、恐ろしいモンスターを召喚してしまうために栄純と暁からは恐れられている。

金丸 信二

青道高校に通う1年生の男子。吹奏楽部所属でサックスを担当している。自由奔放な部員が多い中、冷静に状況を判断して的確なアドバイスを送ることのできる常識人。故に責任感も強く、吹奏楽部内で唯一まじめに楽器を演奏しているのに、なぜか沢村栄純の方が周囲の評価が高いことが気に入らない。色々と思うことはあっても、先輩たちには強い言葉を掛けられないため、自分の心の中だけにとどめている。

御幸 一也

青道高校に通う2年生の男子。吹奏楽部所属で指揮者を務めている。2年生にして大勢の部員たちを率い、的確に演奏をリードすることができる高いスキルを持つ。後輩たちの面倒見もよく、沢村栄純には手を焼きながらも先輩風を吹かすことなくかわいがっている。社交的ながら、ふだんは単独で行動することを好んでいる。人望の厚さと度胸のよさを買われて、3年生から吹奏楽部のキャプテンを任される。

前園 健太

青道高校に通う2年生の男子。吹奏楽部所属でホルンを担当している。部内で唯一、関西弁をしゃべる。いつもテンションが高く饒舌で、特に尊敬する3年生の演奏姿を見ると感動して次から次へと言葉があふれ出てくるが、頭の回転は速い方ではない。吹奏楽のコンクールでなぜか突拍子もないダンスを踊ってしまい、会場から追い出されてしまったことがある。

滝川・クリス・優

青道高校に通う3年生の男子。吹奏楽部所属でトランペットを担当している。有名な指揮者であるJ・アニマル・Mを父親に持ち、指揮者としての才能を遺憾なく発揮して話題となったことがある。しかし指揮棒の振りすぎで肩を痛めてしまい、現在はトランペットのみに専念しているが、学年演奏会の時だけは指揮者を任されている。指揮棒を振らずに音楽を感じさせるという「静かなる演奏」を得意としている。たまに死んだ魚のような目をしてしまうことがあるが、そんな時は御幸一也のフォローによって我に返る。

伊佐敷 純

青道高校に通う3年生の男子。吹奏楽部所属でパーカッションを担当している。自分が愛用しているティンパニに「マヤ」という名前をつけて大事にしているが、これは大好きな少女漫画からの引用である。体も態度も大きいが、意外と怖がりなところがある。吹奏楽の合同練習のために青道高校にやって来た轟雷市の尋常ではないパワーによって、楽器を破壊されてしまう。

吉川 春乃

青道高校に通う1年生の女子で、ソフトボール部に所属している。吹奏楽部でがんばる沢村栄純をひそかに応援しながら、好意を寄せている。顧問の指示で吹奏楽部に差し入れをした際、微妙な隠し味を大量に投入するという大失態を犯すが、吉川春乃自身はそれを失敗だとは思っていない。スリムな体型ながら、剛速球を投げる並はずれたスキルを持っている。

片岡 鉄心

青道高校吹奏楽部の監督兼指揮者を務める男性。定期演奏会で当時中学生だった沢村栄純に目をつけてスカウトし、青道高校への進学を勧めた。サングラスを掛けて口髭をたくわえ、一見強面ではあるものの生徒たちと真摯に向き合っている。生徒各々の自主性を重んじながら、個性派ぞろいの吹奏楽部を指導している。生徒のために裸で他校の監督と指揮のスキルを競う勝負に挑んで勝利するなど、経験の豊富さを見せつけた。

轟 雷市

薬師高校に通う1年生の男子。吹奏楽部所属でパーカッションを担当している。身体能力が高いうえに、天性のリズム感を持っている。興奮すると周囲の物を破壊してしまう悪癖があり、一度暴走すると誰にも止めることのできない問題児であることから「破壊神」の異名を持つ。青道高校との合同練習の際、伊佐敷純が何よりも大切にしているティンパニをことごとく破壊して純の怒りを買う。

成宮 鳴

稲城実業高校に通う2年生の男子。毎年、コンクールで金賞を取り続けている吹奏楽部に所属しており、トランペットを担当している。演奏の序盤からソロパートを任されるほどのトランペットの実力を持つが、自由な演奏スタイルを好むあまり、コンクールでトランペットとギターを間違えてまるっきりデタラメな演奏を行い、審査員から退場させられたことがある。

クレジット

原作

ベース

ダイヤのA

己の力を試すため、野球名門校・青道高校の扉を叩く沢村 栄純。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた。野球部の仲間たちと日々、切磋琢磨しながらエースを目指して成長していく姿を描く。「王道にして斬... 関連ページ:ダイヤのA

関連

ダイヤのA actⅡ

寺嶋裕二の『ダイヤのA』の続編。クセ球を得意とする沢村栄純が、野球の名門校で共に切磋琢磨し合える仲間たちと出会い、甲子園出場を懸けて日々奮闘する熱血青春ストーリー。本作『ダイヤのA actⅡ』では、成... 関連ページ:ダイヤのA actⅡ

SHARE
EC
Amazon
logo