いつもいっしょに

小柄で幼く見える教師の姉と、長身で大人びて見える女子高生の妹。教師と生徒として同じ学校に通うことになった2人と、周囲の人々の交流を描いた4コマ学園コメディ。

正式名称
いつもいっしょに
作者
ジャンル
兄弟・姉妹・双子
レーベル
バンブー・コミックス(竹書房)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

高校教師の里宮茜は、小柄で可愛らしい容姿から、実年齢よりもはるかに幼く見えてしまうのが悩み。妹の里宮葵の通う横浜市立浜沢高校に赴任した茜は、はじめは姉妹という関係をお互いに隠して生活しようと考えていた。しかし2人の仲の良さから、関係はあっという間に周囲にばれてしまい、2人は学校でも家でも、姉妹として仲良く暮らしていく。

登場人物・キャラクター

里宮 茜 (サトミヤ アカネ)

横浜市立浜沢高校で教師を務める若い女性。担当教科は数学。前髪を目の高さで切り、肩につくほどの長さの藍色のボブヘアをしている。非常に小柄なため、妹の里宮葵と並ぶと里宮茜の方が妹に見えてしまうほど若々しい。葵からは名前の「あかね」とかけて「あか姉さん」「あか姉」と呼ばれている。素直で一生懸命な性格で、幼く見える容姿も手伝い、一部の男子生徒から人気がある。 しかし本人は年齢相応に見えないことを気にしている。

里宮 葵 (サトミヤ アオイ)

里宮茜の妹で、横浜市立浜沢高校1年3組に所属する女子生徒。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、胸のあたりまで伸ばした明るい茶髪の、ゆるくウェーブがかったロングヘアをしている。長身で大人びた雰囲気から、姉の茜と並ぶと里宮葵の方が姉に見えてしまうほど。非常に美しい容姿で、男性から人気がある。しかし性格は自由気ままで、さらに自分の美貌を自覚しており、男子生徒をパシリにつかうこともある。 自分よりも小柄で可愛らしい茜をからかうことが多い。数学が苦手。

園部 真紀 (ソノベ マキ)

里宮葵の友人。横浜市立浜沢高校1年3組に所属する女子生徒。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、肩につくほどの長さのボブヘアをしている。制服はワイシャツにブレザーではなく、トレーナーを着ている。中学生の頃からアルバイトをしており、特に土木、建設、引っ越し作業といった力仕事が得意。姉がおり、葵とは妹ならではの苦労を分かち合っている。

川原 正義 (カワハラ マサヨシ)

横浜市立浜沢高校1年3組に所属する男子生徒。前髪を目の高さで切り、肩のあたりまで伸ばした髪を外にはねさせている。クラスメイトの里宮葵に憧れており、自ら望んでパシリにされている。実は女性人気が高く、葵も川原正義のことをまんざらでもなく思っているが、正義本人に自覚はない。葵の好きなところは主に容姿。

黒岩 亜理沙 (クロイワ アリサ)

横浜市立浜沢高校1年3組に所属する女子生徒。髪型は前髪を真ん中で分けて額を全開にし、胸のあたりまで伸ばしたストレートロングヘアで、眼鏡をかけている。成績は良いが、純粋すぎる性格から、里宮葵からは「バカ岩」と呼ばれている。生真面目でピュアな性格で、好きな言葉は「正義」。学級委員も務めており、マイペースな葵には手を焼いている。 しかし実は空手が得意で、いざという時は武力を用いてでも葵を注意する。眼鏡を外すと美人で、腕っぷしも強いことから、同性から人気がある。

高島 ちさ (タカシマ チサ)

横浜市立浜沢高校で教師を務める若い女性。担当教科は化学。前髪を左寄りの位置で斜めに分け、肩につくほどの長さのボブヘアをしている。非常に美しい容姿の持ち主だが、周囲は里宮葵で美人に慣れてしまっている。そのため、思ったように注目が集まらないのを悔しく思っている。葵をライバル視しており、ことあるごとに厳しく当たったり、張り合おうとする。

常盤 貴美 (トキワ キミ)

横浜市立浜沢高校1年3組に所属する女子生徒。前髪を目の高さで切り、肩につくほどの長さのボブヘアをしている。眠そうな三白眼が特徴。クールで落ち着いた性格で、隠れた策士でもある。運動会では苦戦する1年3組にある秘策をもたらした。

里宮茜と里宮葵の母親 (サトミヤアカネトサトミヤアオイノハハオヤ)

里宮茜と里宮葵の母親。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、肩のあたりまで伸ばしたボブヘアをしている。小柄で美しい女性で、背が低いところは茜に、美人で男性に人気があるところは葵に受け継がれた。娘たちの洋服を選ぶ時には、素直になんでも着る茜と、注文の多い葵では、葵相手の方が「張り合いがある」と考える、負けず嫌いな性格。

書誌情報

いつもいっしょに 全2巻 〈バンブー・コミックス〉 完結

第1巻

(2005年3月26日発行、 978-4812461495)

第2巻

(2007年2月27日発行、 978-4812465639)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo