うめの母

刑務所の前(漫画)の登場人物。読みは「うめのはは」。うめとは親族関係にある。

  • うめの母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
刑務所の前(漫画)
正式名称
うめの母
ふりがな
うめのはは

総合スレッド

うめの母(刑務所の前)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

当初は夫であるうめの父と共にうめの身を案じ、仏道修行から家に連れ戻そうとしていた。しかし、うめの父の浮気を知ってからは、うめにも辛く当たるようになる。嫉妬のあまり拝み屋・柳石を頼るが、柳石からは騙される結果に終わる。その後は、隠し子を連れて家に入り込んだ夫の愛人から、下女同然の扱いを受ける。

登場人物・キャラクター

米問屋の一人娘だが、家を離れておばばのもとで仏道修行を行っている。両親と折り合いが悪く、精神的に不安定な面がある。そのため両親からは狐憑きと思われている。修行の末に両親や先祖、自分自身の持つ「業」と向...
初老の男性で、占いがよく当たると町で評判の拝み屋。しかし、陰では法外な謝礼を要求している。夫の浮気に対する嫉妬に駆られたうめの母にとり込もうとするが、おばばによって自分の弱みを看破され、発狂する。

登場作品

鉄砲が日本に伝来した時代のある地方。鍛冶屋の娘は祈とう師のもとで修行する米問屋の一人娘うめと親しくなる。うめは両親への激しい憎しみに苦しんでいた。修行するうちにうめの家が背負う罪業が明らかになっていく...