おせん

おせん

貧乏ながら明るく強く健気に生きる女性と裕福な男性が出会い、恋仲になるが、貧しいが故に起きてしまう悲劇を人情味豊かに描く時代劇。

正式名称
おせん
作者
ジャンル
時代劇
関連商品
Amazon 楽天

概要

おせんは、女手ひとつで幼い弟と祖母の面倒をみていた。早朝から豆腐屋で働き、その後は焼き芋を売る仕事でなんとか生計を立てている。そんなおせんがとあるきっかけで大工の親方の息子、と知り合い恋仲になる。おせんを紹介するためにご隠居さんのところへ行くが、そこでとふざけあっている時に誤っておせんは五両もする花瓶を誤って割ってしまった。

思わず「私のせいじゃない!」と豹変するおせんはショックを受けるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

幼い弟と祖母で3人で暮らし。朝は豆腐屋、昼間は焼き芋を売って生計を立てている。貧しいながらも明るく元気で気立ても良い。大工の留が誤って木槌を落下させ、通行人を怪我させた時にも平手打ちをして文句をいうほ... 関連ページ:おせん

大工の親方の息子で、自分も現場をしきっている。広い家に住み、趣味で五両もする花瓶を買えるほどの裕福な暮らしをしている。下町で貧乏な暮らしをしているおせんに出会って、その愛嬌のあるしっかりした性格に魅か... 関連ページ:

安の祖父にあたる。安からおせんのことを聞いて、ぜひ会ってみたいとふたりを家に呼ぶ。挨拶をするおせんの姿をみて、貧乏な生活が染みついた娘であることを見抜く。 関連ページ:ご隠居

安の下で働く大工。誤って木槌を落として、下を通っていた女性を怪我させるが、「そんなとこウロウロしてるからよ!」と逆ぎれする性格。その態度におせんに平手打ちされてまたカッとするが安に止められる。 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo