くまみこ

くまみこ

熊信仰のある東北の山村・熊出村を舞台に、巫女の雨宿まちと人語を解するヒグマのクマ井ナツを中心とした日常を描くコメディ。

概要

東北のどこかにあり、クマ井という人語を解するヒグマの一族が暮らしているど田舎の山村・熊出村。クマ井一族との間を取り持つ熊出神社の巫女である雨宿まちは、無闇に都会に憧れており、都会の高校へ進学したがっている。しかし、極度の人見知りかつ機械音痴で、都会の生活に耐えられるような性格ではないため、クマ井の代表であり、まちの後見人的存在であるヒグマのクマ井ナツからはダメ出しをされ続けていた。

そんなまちの、「ファッションセンターしまむら」で買い物をエンジョイしたり、いとこの雨宿良夫によってローカルアイドルに仕立てあげられたりといったおかしな日常が描かれる。

登場人物・キャラクター

主人公

東北の山村・熊出村に住む少女で14歳。人語を解すヒグマ・クマ井一族との間を取り持つ熊出神社の巫女で、祖母のフチとヒグマのクマ井ナツと暮らしている。都会に憧れており、都会の高校へ進学したがっているが、極... 関連ページ:雨宿 まち

熊出村に住む人語を解すヒグマ・クマ井一族の代表者である熊。オスだが去勢されている。雨宿まちにとっては後見人のような存在で、都会に憧れているが知識や能力が追いついていないまちに様々な課題を与える。まちと... 関連ページ:クマ井 ナツ

雨宿 良夫

雨宿まちのいとこである25歳男性で、熊出村役場健康課いきいき係で働く公務員。まちとクマ井ナツにとっては世話役のような存在。熊出村の村おこしという仕事に情熱を燃やしており、まちをご当地アイドルとしてプロデュースしたりする。

酒田 響

雨宿良夫の幼馴染み。パチンコ店で働いている。ヤンキーじみた外見と言動で、はじめは雨宿まちからも恐れられていたが、一緒に「しまむら」に行ったことをきっかけに仲良くなった。本人はひた隠しにしているが、良夫のことが好き。

場所

熊出村

『くまみこ』の舞台となる村。東北地方のどこかに存在する、携帯電話の電波が一切入らないほどの極端な田舎。合併によって行政区分上は「北島郡吉幾町」の一部となっている。熊を山神の使いとして信仰しており、「ク... 関連ページ:熊出村

書誌情報

くまみこ 既刊8巻 〈MFコミックス フラッパーシリーズ〉 連載中

第1巻

(2013年10月23日発行、 978-4840153423)

第2巻

(2014年5月23日発行、 978-4040665627)

第3巻

(2014年12月22日発行、 978-4040672274)

第4巻

(2015年5月23日発行、 978-4040675244)

第5巻

(2015年10月23日発行、 978-4040678290)

第6巻

(2016年3月23日発行、 978-4040682303)

第7巻

(2016年9月23日発行、 978-4040685397)

第8巻

(2017年3月23日発行、 978-4040691145)

SHARE
EC
Amazon
logo