ささき すけさぶろう

ささき すけさぶろう

水戸黄門漫遊記(漫画)の登場人物。別称、すけさん。

登場作品
水戸黄門漫遊記(漫画)
正式名称
ささき すけさぶろう
別称
すけさん
関連商品
Amazon 楽天

概要

佐々木助三郎、助さん。水戸黄門の家来二人のうちの一人。横に長い楕円形の輪郭の顔にどんぐり眼。いつも縞模様の着物を着ている。家来二人とも剣術の達人だが、作中ではプロレス技やパンチなどで戦うことが多い。テレビドラマでは、助さんが剣術の達人で、格さんが柔術の達人という設定だが、この作品は昭和32(1957)年に発表されたので、まだそのような戦いかたの違いはない。

歴史上の実在の人物、佐々宗淳がモデルと思われる。

登場作品

水戸黄門漫遊記

江戸時代、隠居して静かに暮らしていた水戸のとくがわみつくに(徳川光圀)こと水戸黄門は、ある日気楽な旅がしたくなり、家来のささきすけさぶろう(佐々木助三郎)とあつみかくのじょう(渥美格之丞)の二人だけを... 関連ページ:水戸黄門漫遊記

SHARE
EC
Amazon
logo