水戸黄門漫遊記

講談や映画で世に知られた水戸黄門の勧善懲悪の旅を、ギャグ漫画界のワン・アンド・オンリーである杉浦茂独自の手法で面白おかしく描いた時代劇ゆかいまんが。十二のエピソード(事件)で構成されている。昭和32(1957)年、単行本が出版された。児童向けであったため、登場人物の名前などの多くがひらがなで表記されている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
水戸黄門漫遊記
作者
ジャンル
時代劇

総合スレッド

水戸黄門漫遊記(漫画)の総合スレッド
2016.06.10 10:45

新着関連スレッド

まめすけ(水戸黄門漫遊記)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46
あつみ かくのじょう(水戸黄門漫遊記)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

江戸時代、隠居して静かに暮らしていた水戸のとくがわみつくに(徳川光圀)こと水戸黄門は、ある日気楽な旅がしたくなり、家来のささきすけさぶろう(佐々木助三郎)とあつみかくのじょう(渥美格之丞)の二人だけを連れて、町人姿で屋敷を出た。三人は行く先々で事件に出会うが、黄門さまの知恵と威厳、すけさんかくさんの武術で見事に問題を解決していくのであった。

登場人物・キャラクター

主人公
天下の副将軍、徳川光圀。長いあごヒゲと口ひげをはやし、八の字眉の優しそうな老人の姿で描かれている。水戸の西山の屋敷で質素な隠居生活をしていたが、ある日思い立って旅に出る。「気楽な旅がしたい」と思い、家...
佐々木助三郎、助さん。水戸黄門の家来二人のうちの一人。横に長い楕円形の輪郭の顔にどんぐり眼。いつも縞模様の着物を着ている。家来二人とも剣術の達人だが、作中ではプロレス技やパンチなどで戦うことが多い。テ...
渥美格之丞、格さん。現在では渥美格之進の名前が一般的だが、講談などでは渥美格之丞を用いることもあり、このような命名になったと思われる。水戸黄門の家来二人のうちの一人。縦に長い、角の丸い四角形の輪郭の顔...
4つ目のエピソードに登場する少年。剣術道場を開いていた父を悪い武芸者じゃがいもはなのすけに卑怯な方法で殺され、道場まで奪われてしまった。仇討に行くが、大勢の弟子にやられてしまう。そのため入水自殺をしよ...
4つ目のエピソードに登場する悪い武芸者。名前の通り、ジャガイモのようなブツブツのついた大きな鼻をしている。鉄球が発射されるように細工がされている木刀を用い、剣術道場主(まめすけの父親)を殺し、道場を大...