さよなら絶望先生

さよなら絶望先生

「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香が、「何事もネガティブにしかとれない」自殺未遂の教師糸色望に出会う。「出会ってはいけない」と言われるこの二人を軸に、クラスの個性的なメンツが繰り広げるオムニバス群像劇。扉絵が切り絵調で、本の表紙も和紙風と凝った作りになっており、朝日新聞や読売新聞で紹介されたことがある。

概要

「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香が、「何事もネガティブにしかとれない」自殺未遂の教師糸色望に出会う。「出会ってはいけない」と言われるこの二人を軸に、クラスの個性的なメンツがドタバタを繰り広げる。日々の出来事に絶望する糸色望が混乱の火種になることが多いものの、木津千里常月まとい小森霧などクラスメイトは回を増すごとにアクが強くなり、時事ネタやメタギャグをオムニバス形式で繰り広げていく。

ふと、皆は途中から風浦可符香の存在が奇妙なことに気づき始める。

登場人物・キャラクター

2のへ組担任。大正・昭和初期の書生の格好をしている。あらゆることをネガティブに捉え「絶望した!」を口癖に、世間に難癖をつけている。自殺未遂が非常に多いが成功した試しはなく、意外とヘタレで実際に死にそう... 関連ページ:糸色 望

出席番号14番。糸色望の対になるヒロイン。どんなことでもポジティブに捉える少女で、彼の無茶苦茶な絶望理論を、無理な幸福理論で論破していく。そのわりに他のクラスメイトの幼少期にトラウマを植え付けていたり... 関連ページ:風浦 可符香(P.N.)

関内・マリア・太郎

出席番号11番。アジアのどこかからコンテナにのって不法入国した難民の生徒で、戸籍を元「関内太郎」から買ったためこの名前になった。褐色の肌で、身体能力は高く、パンツと靴ははかない。自らが経験した戦争の話題をすることもある。クラスメイトの援助によって生計をまかなっている。

大草 麻菜実

出席番号15番。既婚者の高校生主婦。本人は至って優しい少女だが、夫が借金で多重債務に陥っていて、内職やアルバイトに励んで返済をしようと必死になっている。ポニーテールで、あまり目立たないが密かにスタイルがよい。

大浦 可奈子

出席番号16番。極めてテンポがずれている大らかでおっとりした少女。頭はよいが、スカートのチャックを閉め忘れるなど、どこかぬけていてルーズ。

出席番号17番。恥ずかしがり屋で全くしゃべらない。筆記もしないため、相手とのコミュニケーション手段はすべて携帯電話のメール。メールの内容はものすごい毒舌で、あらゆる相手を傷つける発言ばかり。携帯電話が... 関連ページ:音無 芽留

加賀 愛

出席番号18番。自分が何か人に迷惑をかけているのではないかという「加害者妄想」の持ち主で、つねに「すいません」と謝っている。自分が出ることで迷惑になる、と考え画面隅に行くほどの引っ込み思案。存在全てが迷惑になっていると考え「生まれてきてすいません」と言ったこともある。左目に泣きぼくろがある。

出席番号20番。どんなものでも、自分の基準で「きっちり」していないと気がすまない、超完璧主義者。一見委員長のように見えるが、委員長ではない。自分の髪にストレートパーマをかけ、真ん中分けなのも、きっちり... 関連ページ:木津 千里

木村 カエレ

出席番号21番。どこかわからない国からの帰国子女で、ウェーブロングの金髪をしており、抜群のスタイルを誇る。他の生徒と違い、ブレザーを着ている。口癖は「訴えてやる!」。たまに大和撫子気質の木村楓が表に出る上に、他にも数多くの人格を持っている。作中では、無理矢理なパンチラ要員として駆り出される事が多い。

出席番号22番。いつも包帯でグルグル巻になっており、眼帯をつけている。DV疑惑が絶えないが、実は動物園のバイトで、動物とじゃれあっているうちに負っている生傷。極度のしっぽマニアで、部屋には無数のしっぽ... 関連ページ:小節 あびる

出席番号23番。元はひきこもりの不登校児だった。ところが糸色望と風浦可符香の行き過ぎた指導で、学校の宿直室などにひきこもる「不下校少女」になった。いつも毛布を羽織っており、ジャージを着ているが、時折着... 関連ページ:小森 霧

出席番号25番。元々一人の男性を好きになると一途になりすぎてしまう恋愛体質の持ち主。今は糸色望の「いつでも一緒に死んであげますよ」というセリフを告白だと勘違いし、激しい恋慕の情を寄せている。また彼にあ... 関連ページ:常月 まとい

出席番号27番。極端に個性的なキャラクターに囲まれて目立たなく、「普通」であることが個性になっている。「普通」がコンプレックスになっており「普通って言うなぁ!」とすぐ怒る。短気すぎるというわけではない... 関連ページ:日塔 奈美

出席番号28番。同人誌作成をしているオタク少女。BLカップリングを好んで描いている。大のネコミミ好き。運動能力に長けているが、オタク活動以外に全く興味が無いため、運動部には入っていない。隠れ良スタイル... 関連ページ:藤吉 晴美

三珠 真夜

出席番号31番。非常に目つきが悪く、ピンポンダッシュ、犬の肛門に棒をさす、家の爆破など、あらゆる悪事を働く。ただあまりに悪人面なため、周囲からは「悪そうな見た目で判断してはいけない」と問われないことがある。武器はバット。

糸色 倫

出席番号32番。糸色望の妹で、へ組に途中から編入。着物姿で過ごすことが多く、お嬢様言葉を使う黒髪の麗人。糸色望を「お兄さま」と呼び、いたずらを仕掛けては楽しんでいる。その実、無数の弟子を抱える糸色流華道師範であり、剣術の達人で、糸色家と風浦可符香についての謎を知る人物の一人。

臼井 影郎

出席番号3番。存在感が薄いだけでなく、毛髪も薄い少年。存在感を出すためにクラス委員長になるが、今は木津千里が実質クラスを仕切っているため、さらに目立たなくなった。頭の地肌が露出した時のみ、存在感が人並みになる。エロへの興味は非常に強い。

木野 国也

出席番号8番。図書委員で久藤准とは読書仲間。ライトノベル系の本を好んでいる。久藤准には一方的にライバル意識を燃やしている。致命的に私服のセンスがひどく、悪評高い。加賀愛のことが好き。

久藤 准

出席番号9番。天才ストーリーテラー。図書委員で木野国也とは読書仲間。かなりの読書家で、本に対しては厳しい。同時にどんな時でも創作童話を作る能力に長けており、聞くと皆が号泣してしまう。優しく人当たりもいいため、クラスメイトからの評判はよい。

新井 智恵

糸色望と共に働く、学校のスクールカウンセラー。とてもスタイルが良い。糸色望が常にくだらない相談をしてくるが、本気で取り合ったことがなく、適当にあしらっている。糸色望がくだらないことで学校を休むと、彼の代わりに担任を務めることも多い。糸色家と風浦可符香の謎を知る人物の一人。

甚六

糸色望と共に働く、中年の男性教師。優しそうな見た目に反して、激しい謎の多い過去と、強力な戦闘能力を持っている人物。背中には般若の刺青がある。

糸色 縁

糸色家の長男。糸色交の父親。弁護士を営んでいる。とある事情で、父親から絶縁されており、息子の糸色交を糸色望に預けている。

糸色 景

糸色家の次男。作務衣を着た、長髪でひげの長い人物。独創性が強く、妄想が先走りすぎて人の話を一切聞かない。抽象的な絵画を描く事が多い。部屋のシミを妻にしたことがある。

糸色 命

糸色家の三男。医師を営んでおり、「糸色医院」を開業している。様々な面での医療活動を行っており、奉仕精神にも満ちている常識人。腕もすぐれているものの、名前のせいで医院が流行らないのを悩んでいる。糸色家と風浦可符香について詳しく知る人物の一人。

糸色 交

糸色縁の息子で、糸色望の甥。糸色縁の過程が複雑になってしまったため、糸色望のところに預けられた。学校では小森霧と暮らしており、彼女によくちょっかいを出されている。常識人で、みんなのツッコミ役であり、クラスの女子からの弄られ役。

音無芽留の父親

カイゼル髭と山高帽が目印の紳士。音無ミュージックという音楽会社を経営している。音無芽留を溺愛しており、「めるめる」と呼び、音無芽留に迷惑をかけるものをすべて退けていたが、あまりに鬱陶しいので音無芽留からは嫌われている。

木津 多祢

木津千里の姉で、しがらみ大学教養学部人間環境学科2年。木津千里があまりにきっちりしすぎる潔癖症なのを見るに見かねて、汚そうと心がけているうちに、彼女が居るだけで周囲が汚れるようになった。糸色望の不用意な一言で恋に落ちてしまう。

ことのん

2年へ組に在籍するネットアイドル。実際はかなり太っており、画像を加工修正することでかわいらしく見せて、ネット上で人気を博している。本名、出席番号は不明。

時田

糸色家に仕える初老の執事。風浦可符香が「セバスチャン」と呼んだように、カイゼル髭、片メガネなど、見るからに執事という風貌。糸色望を監視することも多い。

集団・組織

2年へ組

担任は糸色望、委員長は臼井影郎だが、実質木津千里が仕切っている。ネガティブすぎる糸色望がかすむほど個性的な面々がそろったクラス。いわゆるサザエさん時空で、2年から年が進んでいない。校舎はそれほど新しく... 関連ページ:2年へ組

アニメ

【俗・】さよなら絶望先生

いかなる物事もネガティブに捉えて絶望する高校教師・絶望先生こと糸色望と、いかなる事でもポジティブに捉える女子高生・風浦可符香。そして曲者ぞろいの生徒達が集う2年へ組の学園生活は、進級することなく再び春... 関連ページ:【俗・】さよなら絶望先生

【懺・】さよなら絶望先生

いかなる物事もネガティブに捉えて絶望する高校教師・絶望先生こと糸色望と、いかなる事でもポジティブに捉える女子高生・風浦可符香。そして曲者ぞろいの生徒達が集う2年へ組の学園生活は、まだまだ続く。 後ろ向... 関連ページ:【懺・】さよなら絶望先生

さよなら絶望先生

桜の花咲く通学路を歩く風浦可符香は、そこで首吊り自殺を図る男と出会う。可符香が救おうとして逆に殺しかけてしまい、「死んだらどうするんですか!」と悪態をついたその男の名は糸色望。可符香のクラスの担任とし... 関連ページ:さよなら絶望先生

SHARE
EC
Amazon
logo