たそかれの夢

たそかれの夢

「たそかれ(妖怪)」の力を持つ人間達が存在する世界。「たそかれ」の少女を助けたのをきっかけに自らの使命に目覚めた、「たそかれ」の王の力を持つ男子高校生が、強大な敵と戦う姿を描いた和風バイオレンスファンタジー。

正式名称
たそかれの夢
作者
ジャンル
和風ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

山口県I島にある慈安寺の息子、犬飼冬司は、幼い頃から不思議なものが見えたり、動物と心を通わせる力を持ち、その体質のため周囲になじめず、高校にもろくに行かずに、ふらふらする日々を送っていた。そんなある日、冬司は、海で倒れていた寺島夕女紅蓮を保護し、一時的に自宅に住まわせる。夕女と紅蓮は、以前はベネズエラの日本人村に住んでいたが、そこを村ごと南米の臓器売買組織に誘拐され、殺されそうになっていたところを逃げ出してきたのだという。二人を追って現れたロベスをなんとか撃退した冬司達だったが、夕女はロベスへの憎しみに燃えるあまり、心の中に封印されていた「たそかれ(妖怪)」の力に目覚め、身体がドロドロに溶けてしまう。どうにか夕女を元の状態に戻した冬司だが、そこに夕女の姉的存在であるナエの幽霊が現れる。ナエはすでに殺され、臓器を他人に移植されており、現在は京都府に住む人間がナエの臓器を使用して生きているという。ナエの臓器を持つ人間のところまで行けば、ナエの幽霊とより詳しく話ができると知った冬司は、夕女と紅蓮と共に、京都に向かおうと決意する。そして現地に住む冬司の友人、菅原言音の協力により、冬司達は、ナエの臓器が京都の製薬会社会長の娘、九集麗凪に移植されたのを知る。すぐさま九集邸に向かう冬司達だったが、取りつく島もなく追い返され、紅蓮が発見した謎の洞窟経由で九集邸侵入を決める。しかし、洞窟の中では、夕女の友人達が内臓を抜き取られ、死にかけた状態で捨てられていた。さらに冬司達は、夕女の友人達から、ロベスらの真の目的は臓器売買などではなく、「たそかれ」の特殊な力を持つ夕女の村の人間達の臓器を自分達の身体に移植し、「たそかれ」の力を得る事だと知らされる。そこに、冬司達を追ってやって来た新聞記者の岬アツシと、ロベスの仲間であるジャンゴが現れる。紅蓮の力により、ジャンゴを振り切った冬司達は、ついにナエの臓器が移植されたとされる麗凪の部屋へとたどり着く。

第2巻

犬飼冬司達から事実を知らされた九集麗凪は、ナエを知らないだけでなく、自分の身体に、無理やり殺された人間の臓器が移植されたという事実にショックを受ける。そこに再びジャンゴが現れるが、寺島夕女に出会ってから徐々に目覚めつつあった「たそかれ(妖怪)」の力を使い、冬司がジャンゴを撃退。自分に「たそかれ」の力があったとは知らず、冬司は困惑する。そんな彼の前に麗凪の父親、九集玉衛門が現れる。そして玉衛門は、冬司が「覚(さとり)」と呼ばれる、未来を見通して歴史を意のままに変える力を持つ最強の「たそかれ」であり、そして「たそかれ」達は自然と共存する夢を叶えるため、その力を持つ「覚」のもとへ集まる、と語るのだった。冬司が「たそかれ」絡みの事件に巻き込まれていたのも、それが原因であった。そんな中、トーマス・レクターと名乗る「たそかれ」から、冬司のもとに「冬司の両親を誘拐した」と連絡が入る。両親が誘拐された場所が集英原子力発電所と知った冬司達は、すぐさま現場に向かうが、レクターの目的は原子力発電所をメルトダウンさせ、辺り一帯を死の土地にする事だった。「覚」の力によってレクターの企みはどうにか阻止したものの、冬司は騒ぎを聞きつけた警視庁公安部の人間に、警察署へと連行されてしまう。冬司はそこで、警察官であり「たそかれ」でもある酒童太鋤から、一年前にアメリカのホワイトハウス上空に「以津真天(いつまで)」と呼ばれる「たそかれ」の神であり、文明の終わりを予言する力を持つ鳥が現れたと知らされる。その日以来、あちこちで「たそかれ」の血を引く人間が見つかるようになっており、アメリカの最高権力者である「円卓騎士団」は「たそかれ」の存在を恐れるあまり、対抗手段として対「たそかれ」用兵士を作り始めたのだという。そして、彼らの最大の敵こそ、「覚」の力を持つ冬司であった。自らを狙う、あまりにも強大な敵の存在に愕然とする冬司だったが、そんな中、「円卓騎士団」の手の者である「聖戦士(クルセイダーズ)」により、警察署が襲撃されてしまう。

第3巻

犬飼冬司達は警察署に現れた「聖戦士(クルセイダーズ)」を撃退するが、残党に寺島夕女を誘拐されてしまう。「円卓騎士団」は夕女の子宮を現在製作中の新たな「聖戦士」に移植し、聖戦士の女王と呼ばれる最強の戦士を生み出そうとしていたのである。「円卓騎士団」は現在、他の国が逆らえないほどの権力を握っており、その支配下にある日本の権力者達は、「円卓騎士団」の命令通り「たそかれ(妖怪)」を排斥するか、「円卓騎士団」に逆らい「たそかれ」との共存への道を歩むかで、意見が真っ二つに割れていた。そんな中、冬司達に、「たそかれ」擁護派の筆頭である剣城総介が現れ、「円卓騎士団」の本部がアメリカのニューヨークにあるという情報をもたらすのだった。その頃、「円卓騎士団」本部で目を覚ました夕女は抵抗を試み、未完成の聖戦士の女王と対峙する。その聖戦士の女王の頭部には、夕女がベネズエラの日本人村で姉のように慕っていたミエコのものが使われていた。怒りにかられた夕女は、一度は聖戦士の女王を圧倒するが、不死身の「たそかれ」である「以津真天(いつまで)」の細胞まで移植されていた聖戦士の女王に敗北。さらに聖戦士の女王に強姦され、子供である「蛭子」をその身に宿してしまう。その場にたどり着いた冬司は聖戦士の女王を倒すものの、その直後に「蛭子」が生まれてしまう。「蛭子」は地球を暗黒の世界に変えようと考えており、地球に住む普通の人間達を無理やり「たそかれ」に変えてしまう。冬司達は「蛭子」を倒して「たそかれ」が自然と共存できる世界を作るため、「蛭子」の手のものだらけになった街へと向かうのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

山口県I島にある慈安寺の息子。17歳の男子高校生。「覚(さとり)」という妖怪の血を引いている「たそかれ(妖怪)」でもある。前髪を目が隠れそうなほど延ばした、肩につくほどの茶色のセミロングヘアにしている... 関連ページ:犬飼 冬司

犬飼冬司が海で助けた少女。穏やかな心優しい性格をしている。前髪を眉が見えるようにM字に切り、肩につくほどまで伸ばした桃色のセミロングヘアにしている。ロベスとジャンゴからは、臓器売買の商品として扱われて... 関連ページ:寺島 夕女

京都府に住んでいる17歳の男子。犬飼冬司の友人。前髪を目の上で切り、肩につくほどのセミロングヘアを、首の付け根の位置で一つに結んでいる。眼鏡をかけており、頬がこけ、少しえらが張っている。父親は京都のコ... 関連ページ:菅原 言音

寺島夕女の仲間で、ともにベネズエラからやって来た狼。性別はオス。言葉はしゃべれないが、犬飼冬司や夕女とは簡単な意思疎通ができる。ロベスとジャンゴからは臓器売買の「商品」扱いされており、「ミンチ35号」... 関連ページ:紅蓮

新聞「瀬戸内日報」で生活・教育の記事担当をしている若い男性記者。ナエの元恋人。前髪を眉上で短く切り、癖のあるクリクリのショートカットヘアにしている。ある日、仕事で少年非行の実態を取材している最中に犬飼... 関連ページ:岬 アツシ

薬品メーカー「九集製薬」の会長を務めている九集玉衛門の娘。年齢は23歳。前髪を上げて額を全開にし、ロングヘアを後ろで一つにまとめた髪型をしている。重い病気を患っており、治療のためにジャンゴの勧めでハワ... 関連ページ:九集 麗凪

薬品メーカー「九集製薬」の会長を務める年老いた男性。九集麗凪の父親。スキンヘッドで顎ひげを長く伸ばしている。中国の「たそかれ(妖怪)」である「九尾の狐(きゅうびのきつね)」の血を引く一族の一人だが、日... 関連ページ:九集 玉衛門

警視庁公安部テロ対策課課長を務める若い男性。正体は「たそかれ(妖怪)」で、鬼の王である「酒呑童子(しゅてんどうじ)」の血を引いている。髪型は前髪を左寄りの位置で斜めに分けたショートカットヘアにしている... 関連ページ:酒童 太鋤

警視庁公安部で働く若い女性。酒童太鋤の仲間。正体は「たそかれ(妖怪)」で、「蛇骨婆(じゃこつばばあ)」の血を引いている。前髪を左寄りの位置で斜めに分け、腰まで伸ばしたストレートロングヘアにしている。一... 関連ページ:蛇骨女 茜

寺島夕女の友人。岬アツシの恋人だった若い女性。前髪を目の上で切り、胸まで伸ばした巻き髪ロングヘアにしている。夕女や紅蓮らと共にベネズエラの日本人村で暮らしていたが、ロベスとジャンゴら南米の臓器売買組織... 関連ページ:ナエ

南米の臓器売買組織に所属する中年の男性。その階級により、主に「ロベス大尉」と呼ばれている。前髪を上げた額を全開にした撫でつけ髪をしている。残酷で身勝手な性格で、売買用の臓器を獲得するために、寺島夕女ら... 関連ページ:ロベス

南米の臓器売買組織に所属する男性。ロベスの仲間で、その階級により、主に「ジャンゴ中尉」と呼ばれている。前髪を上げて額を全開にした撫でつけ髪をしている。釣り目で三白眼なのが特徴。幼い頃から「悪魔になりた... 関連ページ:ジャンゴ

集英原子力発電所の技術顧問を務めている男性。「恐怖の主」の通称で知られている。正体は「たそかれ(妖怪)」だが、なんらかの「たそかれ」の血を引いているのではなく、人工的に生み出された「たそかれ」である。... 関連ページ:トーマス・レクター

日本を代表する政治家。日本の権力者達における「たそかれ(妖怪)」擁護派の筆頭の年老いた男性。酒童太鋤と蛇骨女茜の後見人で、幼い頃に二人を引き取って以来、現在まで育てた人物でもある。また、旧日本帝国海軍... 関連ページ:剣城 総介

アメリカの最高権力者「円卓騎士団」が対「たそかれ(妖怪)」用に生み出した最強の「聖戦士(クルセイダーズ)」。寺島夕女やナエの仲間である、ベネズエラの日本人村の「たそかれ」100名の身体をつなぎ合わせて... 関連ページ:聖戦士の女王

SHARE
EC
Amazon
logo