ぬらりひょんの孫

大妖怪ぬらりひょんの孫である奴良リクオが、妖怪たちの起こす騒動や勢力争いに巻き込まれながらも、祖父が築いた奴良組をまとめ成長していく姿を描く。任侠の世界をモデルとして、現代における妖怪の組織を描いているのが特徴。

あらすじ

魑魅魍魎の主(第1巻)

一見、平凡な中学生である奴良リクオは、実は妖怪の極道一家「奴良組」の跡取りだった。幼い頃、自らの血を覚醒させ妖怪総大将としての才の片鱗を見せたものの、リクオは人間の血が濃いため一日の4分の1しか妖怪になる事はできない。そこで周囲の人々の目を恐れて成長したリクオは、自然と「立派な人間」になる事を目指すようになっていた。そのため、祖父のぬらりひょんや周囲の妖怪から跡を継いでほしいといわれても、リクオは聞く耳を持たず、普通の中学生として過ごしていた。しかし、幼なじみの妖怪である鴆の必死の頼みと、彼を狙う邪悪な妖怪の所業を見てリクオの妖怪の力は再び覚醒。妖怪となったリクオは、奴良組の三代目を継ぐ事を宣言するのだった。しかし人間に戻ったリクオは、それを知らずに浮かれる奴良組の面々を前に戸惑いを覚える。一方、リクオが三代目を継ぐ事に反対する面々は密かに暗躍を始めていた。

牛鬼との対峙(第2巻~第3巻)

奴良リクオ奴良組の三代目大将を襲名することに反対する牛鬼は、妖怪達にリクオのクラスメイトを襲わせたりして、少しずつ魔の手をリクオへと伸ばしていた。そんなある日、リクオは清十字怪奇探偵団と共に妖怪博士に会うために、捩目山へと合宿へ行く事になった。しかし実は妖怪博士は、牛鬼の配下である馬頭丸にあやつられており、リクオが誘い込まれた捩目山は牛鬼の本拠地ともいうべき地だった。クラスメイトに襲いかかる馬頭丸は、花開院ゆらの活躍で退けられ、リクオも妖怪へと変化して襲いかかって来た牛頭丸を退ける事に成功する。そしてリクオは、牛頭丸を倒した足でそのまま牛鬼の館に乗り込み、牛鬼と対峙する。そこで牛鬼はいかに自分が奴良組を愛しているかを語り、リクオを殺したあと自らも自刃するという、本心を打ち明けるのだった。壊れ始めている奴良組はいずれ滅びてしまうという危機感を抱いた牛鬼は、自ら敵になる事でリクオを真の妖怪総大将へと育てあげようとしていたのだ。牛鬼の本心を知ったリクオは、その心意気を汲み、共に歩む事を誓う。

対決・四国八十八鬼夜行(第3巻~第6巻)

奴良リクオは人間の姿に戻ったが、これまでと違い妖怪の時の記憶もあり、改めて三代目を目指すための第一歩として若頭の襲名と牛鬼へのお咎めなしを宣言する。牛鬼の件で反発を受けるリクオだったが、奴良組の面々をやり込め、徐々に総大将としての才覚を見せ始める。一方、奴良組の幹部の一人である狒々が、四国八十八鬼夜行に襲われる事件が発生する。四国八十八鬼夜行を率いる隠神刑部狸・玉章は、奴良組を打倒し妖怪の頂点を取る事を目論んでおり、配下の妖怪達を使い奴良組に襲いかかる。ぬらりひょんは襲いかかって来た妖怪を撃退するも、敵の正体を探るため姿を消す。その所為で総大将不在となった奴良組であったが、戸惑う妖怪達を若頭としてリクオがまとめ上げ、四国八十八鬼夜行の襲撃を返り討ちにしていく。そしてついに四国八十八鬼夜行と総力戦を行う奴良組。仲間と盃を交わし魑魅魍魎の主としての頭角をあらわにし始めたリクオは、仲間と力を合わせる事で四国八十八鬼夜行を打ち破る事に成功する。しかし、追い詰められた玉章は「魔王の小槌」を使い、仲間の妖怪達を斬り捨て、異形の力でリクオに襲いかかる。リクオは玉章の圧倒的な力に苦戦しながらも、仲間を守るため新たな力に開眼する。

陰陽師(第7巻)

四国八十八鬼夜行を打ち破った事は、妖怪達のあいだであっという間に話題となり、奴良リクオ奴良組を着々と再興していた。しかしそんなある日、花開院ゆらを迎えに花開院の陰陽師達が浮世絵町にやって来た。ゆらの兄・花開院竜二は一目でリクオが妖怪である事を見抜き、滅するため襲いかかる。ゆらはリクオの事を信じ、彼を守るため兄と戦うが熟練した技術を持つ竜二を前に敗北を喫する。リクオもゆらの危機を見ていられず、ゆらを守るために竜二と戦う。リクオと竜二は一進一退の戦いを繰り広げるが、竜二はリクオが持つ刀「祢々切丸」の存在に疑問を抱き、戦いを止めるのだった。そして竜二は、京都で強大な力を持つ妖怪・羽衣狐が動き出した事をゆらに伝える。家族や仲間を助けるべく、京都に戻る決心をするゆらと、リクオは再会の約束を交わし、その旅立ちを見送るのだった。

ぬらりひょんと羽衣狐(第7巻~第8巻)

羽衣狐は、ぬらりひょんにとっても因縁深い存在だった。400年前、魑魅魍魎が跋扈する京の都で、ぬらりひょんは不思議な力を持つ少女・珱姫と出会う。公家の姫である珱姫は、人を癒やす力を妖怪や人間双方から狙われ、自由のない日々を過ごしていた。ぬらりひょんは、そんな珱姫に自由を教え、二人で賑やかな日々を過ごしていく。そして二人は徐々に惹かれ合っていくが、そんな二人を引き裂くかのように珱姫がさらわれてしまう。珱姫をさらったのは、当時、魑魅魍魎の主として名を馳せていた羽衣狐だった。人間に化け、権力者に取り入った羽衣狐は、大阪城を支配し珱姫の生き胆を喰らって新たな力を得るつもりだったのだ。絶大な力を持つと知りつつ、珱姫を救うため羽衣狐に挑むぬらりひょんは、いたぶられながらも羽衣狐に一太刀届かせる。ぬらりひょんの奮戦を知り、駆けつけた花開院秀元の援護もあり、ぬらりひょんは遂に羽衣狐を倒し珱姫を助ける事に成功するのだった。

遠野での修行(第8巻~第9巻)

花開院ゆらを心配し、奴良リクオは京都に向かおうとぬらりひょんに相談する、しかし返って来た答えは、力不足というものだった。ぬらりひょんに叩きのめされたリクオは、そのまま遠野の赤河童に預けられ、無理矢理修行させられる事となる。当初こそ反発していたリクオだったが、の新たな段階である「ひょうい」がこれからの戦いに必要な事を確認し、遠野の妖怪達に教えを乞う。そんなある日、厳しい修行を続けるリクオの前に遠野を訪れた鬼童丸が現れ、襲いかかる。かつての宿敵に似たリクオを殺そうとする鬼童丸だったが、その戦いの中、リクオは自らのひょういを発動させ、鬼童丸を撃退するのだった。新たな力を身につけるのと同時に、過去を思い出したリクオは、羽衣狐が父親の死にもかかわっているのを確信。遠野で知り合った仲間達を引き連れ、遠野をあとにする。そして奴良組の本家に帰り着いたリクオはぬらりひょんにも認められ、ついに因縁渦巻く京都の地へと足を踏み入れるのだった。

強敵・土蜘蛛(第10巻~第14巻)

京都にたどり着いた奴良リクオが目にしたのは、羽衣狐によって妖怪を封じる結界が壊され、変わり果てた京の都の姿だった。怨念渦巻く京都では昼間でも妖怪達の力は弱まらず、リクオもいつもより妖怪の姿を取る事ができるようになっており、リクオは百鬼夜行を引き連れて伏目稲荷神社を目指す。神社に巣食っていた妖怪を倒し、駆けつけた花開院の陰陽師達が封印を張り直す事で一息ついたリクオは、花開院秀元から結界を張り直す事が羽衣狐を倒す一番の近道だと教えられる。しかし、そこに突如として土蜘蛛が襲来。その圧倒的な力で奴良組は蹂躙されてしまう。「ひょうい」すら通じず百鬼夜行ごと粉砕されるリクオ。だが土蜘蛛はそんなリクオに興味を示し、及川氷麗を人質にして相剋寺で待つと言い残し、その場を去っていくのだった。さらに打ちのめされた奴良組の前に牛鬼が現れる。そしてリクオに、彼の父親・奴良鯉伴の編み出した「鬼纏」の事を教え、その伝授のための修行をつける。修行に付き合ってくれた鴆との絆によって新たな力を習得したリクオは、氷麗の囚われた相剋寺に行き、氷麗、イタクとの鬼纏を披露。土蜘蛛を退け、羽衣狐のいる弐條城への足がかりを得るのだった。

決戦の弐條城(第14巻~第16巻)

弐條城に踏み入れた奴良リクオは、鬼童丸、茨木童子との激闘を経て遂に羽衣狐のもとにたどり着く。しかし羽衣狐は、すでに目的である安倍晴明の出産を終えていた。リクオと花開院の陰陽師達は、まだ晴明が完全ではない状況に望みをかけて、羽衣狐との決戦を行う。転生の度に力を増す羽衣狐は400年前の時の戦いより苛烈な力を持っており、鬼纏の力すら退けリクオを追い詰める。しかし羽衣狐は、リクオとの戦いの中で、奴良鯉伴の姿を見た事で錯乱し、その隙を突かれて敗れるのだった。羽衣狐は敗れ去るのと同時に肉体から魂を切り離し、狐の姿を現す。完全に覚醒した晴明に喜びの声を掛ける羽衣狐だったが、その魂はそのまま地獄に叩き落とされるのだった。さらに一連の事件は、山ン本五郎左衛門が裏で糸を引いており、山ン本と手を組んでいた晴明は魔王の小槌を手に取り、闇の世界を作る事を宣言する。晴明はその圧倒的な力を振るって京都の町を蹂躙し、リクオの祢々切丸も難なく破壊する。窮地に陥ったリクオだが、羽衣狐の魂から解放された山吹乙女によって九死に一生を得て、不完全な状態だった晴明も一時的に撤退する事となった。山吹乙女の事情を知ったリクオは、現世を破壊する晴明との決戦を誓う。

はびこる都市伝説(第17巻)

安倍晴明が攻めて来るまでに力を蓄える事を決心した奴良リクオだったが、その周りに少しずつ都市伝説が浸透し始める。「切裂とおりゃんせ」や「喰らう村」など、実際に妖怪となって人を襲うケースも現れ始め、花開院竜二は事件の裏に意図的に都市伝説を広めている存在があると推理する。一方、清十字怪奇探偵団も独自に都市伝説について調べ始めていたが、その最中、探偵団の一人である鳥居夏実が行方不明になってしまう。「地下鉄の幽霊少女」の都市伝説の核にされかかった鳥居だったが、黒田坊の活躍によって救出され、奴良組はその背後にうごめく柳田ら江戸百物語組の存在に行き着くのだった。怪談をはびこらせて妖怪を「産む」江戸百物語組に、リクオは新たな敵に強い警戒心を抱く。そして江戸百物語組に与していた時期のある黒田坊はリクオに、かつて江戸百物語組と戦った奴良鯉伴の過去を語って聞かせるのだった。

江戸の華(第18巻~第19巻)

江戸の時代、奴良鯉伴はのらりくらり遊びまわりながら、江戸の闇を奴良組二代目総大将として席巻していた。しかし、人の増えた江戸の町では見慣れぬ妖怪が増え、少しずつ奴良組の領分を侵し始めていた。百物語を利用して人を襲う新たな妖怪を生み出していたのは、豪商の山ン本五郎左衛門だった。山ン本は生み出した妖怪を利用して、江戸の人々を恐怖に陥れ、「百鬼の茶釜」にを集めていたのだ。茶釜で作った茶を飲んだ人間は、その中毒性から山ン本の意のままに動くあやつり人形となるため、山ン本はより畏を集めるべく黒田坊を奴良組に差し向ける。そして鯉伴は、黒田坊との戦いを利用して自分が死んだ事にして、敵の本拠地を突き止めるべく隠れて江戸を走り回り、ついに山ン本が妖怪を生み出す現場を抑えるのだった。鯉伴を前に恐慌状態に陥った山ン本は、己を怪談に組み込み妖怪になる事に思い至り実行、「魔王・山ン本五郎左衛門」として降臨する。醜悪な姿で暴れまわる山ン本を見て、無辜の民を守るため黒田坊も参戦し、鯉伴に力を貸す。そして山ン本は鯉伴と黒田坊の鬼纏によって滅ぼされるのだった。

対決・江戸百物語組(第19巻~第21巻)

闇の中から忍び寄る江戸百物語組の魔の手は、遂に奴良リクオとその周囲に牙を剥く。ある場所で生まれた予言の妖怪「件(くだん)」は日本の滅亡を予言し、回避するには「リクオを殺せ」と語ったのである。その噂はインターネットを通じて民衆のあいだに広がり、リクオは暴徒と化した民衆に襲われる。そして表に出た圓潮達は、正義の味方としてリクオを倒すと宣言するのだった。清十字怪奇探偵団やリクオの家族など、リクオの人間としてのつながりを攻める江戸百物語組の狡猾さに苦戦するリクオと奴良組だったが、リクオを信じぬくと決めた清十字清継や家長カナの後押しもあり、仲間達と共に反攻ののろしを上げる。妖怪に襲われる人々を助けながら、江戸百物語組の幹部を次々と倒したリクオは、別口から都市伝説を追っていた花開院竜二が合流した事で、ついに敵の本拠地である深川の地下へとたどり着く。待ち受けていた圓潮は、己の目的のため仲間も裏切り、新たな怪談「青行灯」を紡ぎ出すのだった。リクオは絶大な力を持つ青行灯に苦戦するが、清十字怪奇探偵団の活躍で青行灯の怪談に綻びが生まれ、辛くも勝利を手にする。青行灯を倒した勢いで一行はさらに圓潮をも倒そうとするが、圓潮は新たな敵である御門院家と共に姿を消してしまう。

新たな敵と新しい祢々切丸(第22巻)

奴良リクオは、花開院竜二から花開院秋房が新しい祢々切丸を完成させたことを聞き、受け取るために恐山を目指す。圓潮といっしょにいた御門院家の正体も探るべく、リクオは恐山に行くついでに「遠野」へと足を伸ばすのだった。全国につながりを持つ遠野の妖怪・赤河童、妖怪界の書記係・文車妖妃の話を聞き、リクオは御門院家が安倍晴明の意志を継ぐ者達である事を知る。新たな敵と晴明の復活が間近に迫った事を知ったリクオは、祢々切丸を手にするため恐山を目指す。しかしそこには、御門院家の刺客が待ち受けていた。襲いかかる御門院泰世を前に危機に陥るが、仲間達は身体を張ってリクオをその場から離脱させるのだった。こうして秋房のもとにたどり着いたリクオは、遂に新しい祢々切丸を手にする。花開院の陰陽師達の魂を脈々と受け継いで来た祢々切丸を手にしたリクオは、泰世を退けて晴明を打倒する事を改めて誓う。

清浄の時(第23巻)

安倍晴明が、自らに従わぬ妖怪と人間をまとめて粛清する「清浄」を行おうとしていると知った奴良リクオは、全国の妖怪に協力を呼びかける。リクオの呼びかけに集まった中には、かつての敵である隠神刑部狸・玉章の姿もあり、全国の妖怪は一堂に会して清浄対策を話し合う。しかしそこには、呼びかけたはずの九州の妖怪達の姿がなかった。リクオは九州で異変が起きていると推測し、有志を募って九州へ遠征する。そして九州にたどり着いたリクオが見たのは、御門院家の清浄に敗れ去った土蜘蛛の姿だった。九州出身の妖怪だった土蜘蛛は晴明に受けた傷を癒やすため、たまたま近くにいた花開院ゆらに道案内して九州に舞い戻っていたのだ。しかし土蜘蛛の故郷は、御門院水蛭子と安倍雄呂血によって見る影もなく破壊されており、自らも水蛭子によって完膚なきまで叩き潰されてしまう。リクオは九州妖怪・九十九夜行の生き残りや、隠神刑部狸・玉章達と協力して、御門院家の陰陽師達を迎え撃つ。そしてリクオは、土蜘蛛と鬼纏を行って水蛭子を打ち倒し、九十九夜行の協力を取りつけるのだった。

真の畏を纏う者(第24巻~第25巻)

各地で清浄が行われている中、京都では清浄の真っ只中で羽衣狐が復活していた。山吹乙女と羽衣狐の魂が合わさり新たな生を得た羽衣狐は、京都の惨状を見て安倍晴明を問いただす事を決意し、晴明のいる決戦の地へと赴き始めるのだった。各地の妖怪も清浄の被害を目の当たりにした事で、奴良組と共に戦う事を決断して、奴良リクオの百鬼夜行として決戦の地に赴く。花開院の陰陽師達も妖怪達に協力し、晴明の居城である葵螺旋城への血路を開き、リクオは多くの人々の思いを背負いながら、遂に晴明と人と妖怪の運命を決める最後の一戦を繰り広げる。

メディアミックス

TVアニメ

2010年7月から12月にかけて、読売テレビ系列ほかで本作『ぬらりひょんの孫』のTVアニメ版が放送された。また2011年7月から12月にかけて、『ぬらりひょんの孫 千年魔京』のタイトルで、第2期が読売テレビほかで放送された。

登場人物・キャラクター

奴良 リクオ

浮世絵中学校に通う1年生の男子。眼鏡をかけた平凡な少年だが、実はぬらりひょんの孫で人間と妖怪のクォーター。妖怪任侠一家・奴良組の跡取りとして期待されているが、奴良リクオ本人は「立派な人間」になりたいため、これを拒絶している。妖怪の血を引いているため一日の4分の1、夜の時間だけ妖怪の姿になる事ができる。妖怪になると髪が伸び、顔つきも精悍なものになるほか、性格も極道者らしい男気あふれたものになる。当初は妖怪になった時の事を夢のように思っていたが、牛鬼の件を境に自覚。その後は人間のリクオも奴良組を継ぐ事を受け入れ、若頭を襲名している。四国八十八鬼夜行の戦い以降は、ぬらりひょんに「祢々切丸」を渡され、これを武器として戦っている。また遠野での修行で己の妖怪としての本質に気づき、「鏡花水月」と呼ばれる敵の認識をずらす「ひょうい」を習得した。また京都での戦いでは父親の編み出した「鬼纏」を身につけ、百鬼夜行の主として着々と力をつけている。

及川 氷麗

妖怪任侠一家・奴良組に所属する雪女。つねにマフラーを身につけている長い黒髪の少女で、奴良リクオには幼い頃から仕えている。感情表現が豊かで、リクオへの忠誠心は高く、危機的な状況でも一途にリクオを信じる健気さがある。しかし同時に嫉妬深く、「鬼纏」が自分とリクオしかできない業と勘違いしたり、リクオがほかの妖怪と鬼纏をしようとした際には動揺したりしていた。母親はぬらりひょんの時代から奴良組に仕えている雪麗。当初は組を持たずにいたが、京都での戦い以降、自らの力でかき氷の器に宿る付喪神を実体化できるのを知り、付喪神を集めたつらら組を結成している。戦闘では雪女の畏を解放し、敵を氷付けにする「風声鶴麗」、凍った敵を粉々にする「雪化粧」を使って戦う。またリクオと鬼纏する事でリクオの斬撃に何倍も威力を跳ね上げた吹雪を上乗せする「雪の下紅梅(ゆきのしたべにうめ)」を放つ事ができる。青田坊と共に人間のリクオの護衛を任されており、リクオと同じ浮世絵中学校に「及川氷麗」という名で通っている。

家長 カナ

浮世絵中学校に通う1年生の女子。奴良リクオの幼なじみで、美少女として学校でも人気を集めている。怖いものが嫌いだが、清十字清継に半ば無理矢理、清十字怪奇探偵団に所属させられ、彼等と行動を共にするうちに妖怪の起こす騒動に巻き込まれている。当初は妖怪に興味がなかったが、妖怪と化したリクオとの出会いで彼に惚れ、彼に会うために清十字怪奇探偵団の活動に積極的に参加するようになった。ただし、リクオの正体には全然気づいていない。江戸百物語組との戦いでは、ついに目の前でリクオの変身を目の当たりにし、その正体に気づく。当初は戸惑いこそしたものの、彼の存在を受け入れ、助けるために奔走した。戦いのあとは、リクオの人間として日常を守る役目を及川氷麗から託され、それに応えている。

ぬらりひょん

妖怪任侠一家・奴良組の初代総大将で奴良リクオの祖父。普段は飄々とした好々爺で、リクオが幼い頃はよくいっしょにいたずらをして遊んでいた。400年前の若かりし頃は、牛鬼や雪麗、一ツ目入道を率いて気ままに生活していたが、珱姫に惚れ、彼女を守るため羽衣狐に戦いを挑んだ。その際には普段の飄々とした態度はどこへやら、無謀と言われつつも当代の魑魅魍魎の主と戦い、倒す事に成功している。ただしその際に、羽衣狐に「子を成せぬ呪い」を受けたうえに、戦いの後遺症で寿命を多く減らしている。呪いは妖怪とのあいだに子供が生まれない呪いだったため、ほどなくして珱姫とのあいだに奴良鯉伴を儲けたが、寿命の減りはそのまま肉体に現れており、現代で老人の姿をしているのはこれが原因となっている。戦闘ではぬらりひょんの畏である「真・明鏡止水」「真・鏡花水月」を使用。技そのものはリクオと同じだが、熟達としているため打ち破るのは容易にはいかない。安倍晴明との最終決戦では、リクオを助けるため寿命が尽きる覚悟で往年の姿に戻り、御門院家と戦った。

青田坊

妖怪任侠一家・奴良組に所属する妖怪。僧衣をまとった大男で、屈強な肉体を持つ力自慢。人間から変化した妖怪で、人間だった頃は1000人の野武士を殺した破戒僧だった。処刑される寸前にある聖人に諭され、罪の数だけ人を生かそうと孤児を集めて育てていた。しかし孤児が野盗に殺されたため、禁を破って戦い、妖怪に成った。「青田坊」の名は彼を諭した聖人によって名づけられ、名の由来は「青二才」と「田舎くさい」が由来となっている。妖怪となったいきさつから子供の危機を見逃す事ができず、京都では清十字怪奇探偵団を守るため単身しょうけらと戦った。普段から無双の怪力を誇るが、「骸の数珠」を外す事でさらに力を発揮する事ができる「剛力礼讃(ごうりきれいさん)」を使用する事ができる。及川氷麗と共に人間の奴良リクオの護衛を任されており、リクオと同じ浮世絵中学校に「倉田」という名で通っている。陰ながらリクオをパシリにしようとしていた不良を排除していたが、それを繰り返すうちに気づいたら暴走族「血畏無百鬼夜行(ちいむひゃっきやこう)」のリーダーになっていた。

黒田坊

妖怪任侠一家・奴良組に所属する妖怪。僧衣をまとった優男だが、見た目に反して奴良組でも青田坊に並ぶ武闘派である。仲間内では「黒」の愛称で呼ばれる。実は元江戸百物語組の幹部。山ン本五郎左衛門によって生み出され、彼の意のままに暗殺を繰り返していた。しかし、実は江戸百物語組の中では唯一、山ン本が作った怪談ではなく、子供達が作った純粋な願いから生まれた妖怪で、妖怪と化した山ン本から子供を守った事で己の本質を思い出し奴良鯉伴に協力した。鯉伴と共に戦った経験から「鬼纏」についても詳しく、奴良リクオが鬼纏を習得したてで不慣れな時は、身をもってレクチャーした。戦闘では自らの畏を無数の武器にして戦うのを得意とする。リクオと鬼纏をすると一振りで千の刃が飛び出すと形容されるほど大量の武器を放出する事ができ、「畏砲」としても「畏襲」としても非常に使い勝手のいいものとなっている。

首無

妖怪任侠一家・奴良組に所属する妖怪。首のない美丈夫の姿をしており、首がないのを隠すようにつねにマフラーを身につけている。人間から変化した妖怪で、生前は義賊だったが妖怪に仲間達と共になぶり殺された恨みで妖怪を殺す妖怪になってしまった。江戸の時代、首無の噂を聞きつけた奴良鯉伴と出会い、彼と毛倡妓に説得され、のちに盃を交わした。毛倡妓とは生前からの付き合いであるため、お互いに気心の知れた仲となっている。黒弦と呼ばれる黒い糸を意のままにあやつる「殺取(あやとり)」と呼ばれる弦術を得意とする。普段は穏やかな性格をしているが、本性は「妖怪を狩る妖怪」であるためその戦闘能力は高く、たった一人で妖怪の集団を壊滅させるほどの力を持つ。また付き合いの長い毛倡妓とは、息の合ったコンビネーションを見せる。

毛倡妓

妖怪任侠一家・奴良組に所属する妖怪。濡羽色の長髪の美女で、人間と遜色ない姿をしているため、人前に出ても正体がばれなかった。人間から変化した妖怪で、首無とは生前からの付き合い。妖怪となって暴れている首無の事を心配しており、奴良鯉伴との戦いでも彼をかばった。その後、紆余曲折の末、首無と共に奴良組に身を寄せた。首無とは気心の知れた仲で、二人っきりの時は彼から生前の名前である「紀乃」と呼ばれている。妖怪となった経緯から「守る事」に長け、首無が一人突っ走り窮地に陥った際も、ためらいもせず鉄火場に潜り込み首無に説教をする肝の強さを見せつけた。妖怪としての畏は髪の美しさで、毛倡妓の髪を少しでも美しいと思うと傷つける事ができなくなる守りに適した能力を持つ。また髪は自由自在に伸ばし、あやつる事ができるため、糸をあやつる首無とは抜群のコンビネーションを見せる。

牛鬼

妖怪任侠一家・奴良組傘下の牛鬼組の組長。凛とした雰囲気を漂わせた長髪の中年男性で、奴良組でもかなり古参に入る大幹部。奴良リクオの三代目襲名に一ツ目入道と共に反対の立場を取っており、その阻止のため暗躍していた。実は人間から変化した妖怪で、生前は「梅若丸」という平安時代の少年だったが、母親を捩目山の主の妖怪・牛鬼に食われてしまった。この時、自らも妖怪に食われたが、恨みで鬼と化し妖怪の腹を食い破った。牛鬼を倒した事で、いつしか新たな牛鬼となり、捩目山に拠して人を襲っていたが、ぬらりひょんとの戦いに敗れ、彼に惚れ込み盃を交わした。このため、奴良組には人一倍思い入れがあり、リクオの襲名反対の立場を取っていたのも奴良鯉伴が死んで弱体化した奴良組を立て直すため、リクオを鍛えるつもりだった。最後は罰せられて自刃する腹積もりだったが、リクオにその罪を許され、以降彼のために働く事を誓う。熟練の妖怪であるためその実力は確かなもので、幻術と剣術を用いた戦いを得意とする。また京都では、リクオに鬼纏について教えた。

隠神刑部狸・玉章

四国八十八鬼夜行の組長。八百八狸の長・隠神刑部狸の88番目の嫁の八人目の息子で、普段は高校生ぐらいの少年の姿をしている。名前の「玉章」はもとの読みは「たまずさ」だったが、「玉座を狙う」という意味を込めらて自ら読みを「たまずき」へと変えた。四国では覇者の証とされる「魔王の小槌」を手に入れ、その力で兄達を殺して四国妖怪をまとめ上げた。その後、日本の妖怪の頂点に立つべく奴良組に襲撃をかけた。奴良リクオとの百鬼夜行対決では、趨勢が悪くなった際に味方の妖怪を魔王の小槌で切り殺し、己の力を高めるという戦いをしたが、新たな力に目覚めたリクオに敗れ去った。戦いのあとは、隠神刑部狸の嘆願で味方を弔うのと引き換えに手打ちとなった。真の姿は歌舞伎役者のような長髪と衣装をまとっており、隠神刑部狸由来の神通力を使って戦う。安倍晴明との最終決戦ではリクオの呼び掛けに応えて参戦。そこで四国八十八鬼夜行の奴良組への襲撃は夜雀を通じて、圓潮と安倍有行によって仕組まれたものだったと知った。

花開院ゆら

浮世絵中学校に転向して来た1年生の女子中学生。花開院本家の陰陽師で、修行の一環で妖怪が多いと言われる浮世絵町にやって来た。百鬼夜行の主を探しているため、目的を同じくする清十字清継に半ば無理矢理に清十字怪奇探偵団の特別軍事顧問として加入させられた。普段はおっとりとした性格をしているが、妖怪は人に仇なす「悪」と考えており、妖怪を倒す際には並々ならぬ信念と精神力を見せる。陰陽師としての才能は京都でも屈指のものとされているが、経験不足から搦め手や強敵相手には通用せず、妖怪相手に敗北を喫する事も珍しくなかった。しかし戦いの中で成長し、複数の式神を同時に使うなど陰陽師としての非凡な才能を見せつけている。また京都での戦いでは、羽衣狐を倒す切り札となる花開院陰陽術秘儀である「破軍」を習得し、勝利に大きく貢献した。安倍晴明との最終決戦では破軍の力をさらに引き出し、複数の式神を融合する技「黄泉送葬水包銃・改 神獣奉弓(よみおくりゆらまっくすかい かみアロー)」を編み出し、安倍雄呂血の式神を破壊した。TKG(玉子かけご飯)が好物。

清継

浮世絵中学校に通う1年生の男子中学生。奴良リクオの幼なじみで、幼い頃は妖怪を信じておらずぬらりひょんの存在も馬鹿にしていた。しかし、妖怪に襲われたところを妖怪の姿のリクオに助けられて以降、百鬼夜行の主の存在に心酔し、彼の存在を追うために妖怪の存在に傾倒している。研究家で知識を鼻にかけた言動が多いが、自らが間違っている際には相手に謝る器量は持っている。行動力もあり、妖怪を追い求めるために自ら部員を集めて清十字怪奇探偵団を結成したり、サイトを立ち上げて全国の妖怪研究家と交流を持ったりしている。また実家は金持ちで、清十字怪奇探偵団の活動費は彼が実費を支払っている。生徒会長選挙では立候補し、妖怪騒ぎが彼の演出だと誤解され、一般生徒から多くの支持を集め1年生にもかかわらず生徒会長に当選した。江戸百物語組が噂を流した際には、情報通なだけあって真っ先にそれに気づいたが、リクオの正体を知って愕然とする。当初は戸惑いから距離を取っていたが、無責任に噂を流す民衆に義憤を抱き、リクオの無実を証明するため妖怪がうごめく町へ単身飛び込んだ。清十字清継のこれらの行動が結果的に「青行灯」を倒す大きなきっかけとなっている。

羽衣狐

京妖怪の総大将。転生妖怪と呼ばれる特殊なタイプの妖怪で、本体は狐の魂で幼い少女の体に取り憑き転生する事で世に現れる。400年前も大阪城に陣取り安倍晴明の復活のため動いていたが、ぬらりひょんに敗れた過去を持ち、奴良組とは因縁深い存在となっている。転生する度に尾が増え、力が増す妖怪で、現在は9度目の転生で九尾の狐となっている。現代では山吹乙女の肉体に憑依しており、黒いセーラー服を着た黒髪の美少女の姿をしている。京都妖怪の大願である晴明の復活を行うため京都に施された封印を破り、京都を妖怪と怨念渦巻く魔都へと変貌させた。京都での戦いの終盤、弐條城で晴明を産み落とすが、山吹乙女の意識が表に出た隙を突かれリクオとの戦いに敗れた。その後、羽衣狐の魂は肉体から追い出され、晴明にも拒絶されて地獄に叩き落とされる。山吹乙女も静かに息を引き取ったが、のちにぬらりひょんの手によって半妖の里に運ばれ、そこで術を施され復活した。その際には羽衣狐と山吹乙女の意識が混ざり合い、新しい「母性」の妖怪となった模様。晴明との最終決戦では、晴明の真意を確かめるべく決戦の地に赴いた。

山ン本 五郎左衛門

江戸時代に材木問屋を営んでいた豪商。肥満体の大男で、世を己の意のままにあやつろうとする野望を持っていた。実は「怪談」から妖怪を生み出す能力を持ち、自らが生み出した妖怪で世に混乱をもたらす江戸百物語組の組長という裏の顔を持つ。畏を集める「百鬼の茶釜」と呼ばれる道具を持ち、この茶釜に配下の妖怪を使って畏を集め茶を作っている。この茶には強い中毒性があり、幕府の要人に飲ませて権勢を意のままにあやつろうとしていたが、奴良鯉伴に阻止された。鯉伴との戦いで自らを怪談に組み込み巨大な妖怪「魔王・山ン本五郎左衛門」となったが、鯉伴と黒田坊の鬼纏によって、体の大半を消し飛ばされてしまう。しかし、残った体からそれぞれ圓潮や三ツ目八面、魔王の小槌が生まれ、新たな江戸百物語組を結成した。山ン本五郎左衛門と生み出された妖怪の意識は別らしく、山ン本本人の意識は地獄に存在し、現世へは三ツ目八面を通じて干渉していた。山ン本を復活させるべく長いあいだ暗躍していたものの、鯉伴によってそのことごとくを阻止されてしまったため、似たような境遇の安倍晴明と手を組んだ。

安倍 清明

御門院家の初代当主にして、平安時代の凄腕陰陽師。その正体は羽衣狐から生まれた半妖で、昼は陰陽師「安倍晴明」、夜は百鬼夜行の主「鵺」として活躍していた。もとは人と妖怪、光と闇の共存を目指していたが、自らの寿命が有限である事を憂え、永遠の共存と調和を目指すべく「反魂の術」の完成を目指していた。しかし、欲深い人間に羽衣狐を殺された事で憤慨。不要な人や妖怪を清浄し、闇が頂点に立つ世界を作る決意をする。現代で遂に復活するも、自らの弱さの象徴ともいえる羽衣狐の存在を拒絶し、地獄に叩き落とした。圧倒的な力を振るい奴良リクオ達を追い詰めるも、復活が不完全でだったため一時的に地獄に舞い戻る。その後、傷を癒やして自らの居城である「葵螺旋城」に降臨し、御門院家の陰陽師や自らに付き従う妖怪達と共に人と妖怪の粛清を始めた。重力をあやつる「天文操作」、触れたものを削り取る「永劫輪廻」など多彩な術をあやつり、羽衣狐とリクオを同時に相手しても手玉に取るほどの圧倒的な力を誇る。

集団・組織

清十字怪奇探偵団

清十字清継が結成した妖怪を研究する部活動。清継が幼い頃に遭遇した「妖怪の主」に出会うのが目的で、清継の実家の財力を利用して、各地の有識者と連絡を取ったり、妖怪が目撃されるパワースポットを探索にしに行ったりしている。そのせいで各地の妖怪騒ぎにも巻き込まれており、捩目山や京都では妖怪に襲われた。江戸百物語組に東京が襲われた際には、それらの経験が活き、妖怪のはびこる町で部員達はそれぞれ危機を脱したり、無関係の人々を助けたりと活躍した。また、清継が情報収集のため部のサイト「妖怪脳」を作っていた事が功を奏し、青行灯との戦いでも大きな貢献を果たした。

場所

奴良組

ぬらりひょんが率いる妖怪任侠一家。関東一体の妖怪を傘下に入れており、奴良組傘下の組は70団体以上、構成員は末端を含めると1万人以上となっている。本拠地は浮世絵町に存在する。400年前にぬらりひょんが初代総大将として結成し、羽衣狐を討った事で一躍、一大勢力となった。その後、奴良鯉伴が二代目総大将を受け継ぎ、江戸の町で活躍し、最強と謳われるほど巨大勢力となった。しかし奴良リクオが幼い頃に、安倍晴明と山ン本五郎左衛門の姦計で鯉伴が死亡して以降、その威光は急速に陰りを見せ、組織として大幅な弱体化をしてしまっている。鯉伴が死亡してからは、ぬらりひょんが再び総大将を務めている。奴良組の基盤を奪いたい者はあとを絶たず、また組内部もリクオを後継者として相応しくないと思っている者達が存在し、内憂外患といえる状態にまで陥っている。牛鬼の事件以降、リクオが正式に若頭を襲名し、組をまとめるべく動いている。

その他キーワード

妖怪の力の根源となるもので、人間からの恐怖や信仰、あこがれによって生まれる。多くの人を畏怖させればそれだけ妖怪の大きな力となるが、逆に人々から忘れ去られたり、より大きな妖怪の畏で畏怖を上書きされたりするとその妖怪の力は失われ、いずれは消滅してしまう。そのため妖怪同士の戦いでは、この「畏の奪い合い」が何より重要とされる。十分に畏を集めた妖怪が、それを利用して自らの本質に由来する力を振るう事を「はつ」といい、「鬼(きにょう)に發」という一文字で表される。また奴良鯉伴は信頼関係を築いた妖怪の畏を自らが背負う事でさらに畏を高める「鬼纏」を編み出した。

御門院家

安倍晴明を初代当主として、その意志を引き継いだ陰陽師集団。晴明の遺言に従って時の権力者に取り入り、晴明が定めた聖地を守り、その地に「葵螺旋城」の築いた。歴代当主は「泰山府君祭」と呼ばれる延命の術で現代まで生き延びて腕を磨いており、白い装束を着た「白装安部姓」、黒い装束を着た「黒装御門院」が幹部として君臨している。ちなみに安部姓を名乗っているのは四代目当主までで、それ以降は御門院姓を名乗っている。御門院泰世のように当主ではない陰陽師も存在し、また五代目当主は御門院家の方針に反発し、出奔した模様。

アニメ

ぬらりひょんの孫

浮世絵町の屋敷に住む中学生奴良リクオは、妖怪たちのトップに立つぬらりひょんの孫で、奴良組の三代目総大将と目される若頭。人間として暮らしたい奴良リクオだが、彼を信じる組員の妖怪たちや、奴良組に変わって妖... 関連ページ:ぬらりひょんの孫

ぬらりひょんの孫 〜千年魔京〜

浮世絵町の屋敷に住む中学生奴良リクオは、妖怪たちのトップに立つぬらりひょんの孫で、奴良組の三代目総大将と目される若頭。他の妖怪たちの派閥との抗争の中で、宿敵・羽衣狐と出会い、新たなる壮絶バトルが始まっ... 関連ページ:ぬらりひょんの孫 〜千年魔京〜

書誌情報

ぬらりひょんの孫 全25巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(2008年8月発行、 978-4088745572)

第2巻

(2008年10月発行、 978-4088745817)

第3巻 奴良組総会

(2009年1月発行、 978-4088746210)

第4巻 四国八十八鬼夜行

(2009年4月発行、 978-4088746555)

第5巻 闇より暗い翼を持つ妖怪

(2009年6月発行、 978-4088746678)

第6巻 邪魅の漂う家

(2009年8月発行、 978-4088747170)

第7巻 花開(けいか)院三兄妹

(2009年10月発行、 978-4088747385)

第8巻 今へと繋ぐ

(2009年12月発行、 978-4088747675)

第9巻 遠野・物語

(2010年2月発行、 978-4088747965)

第10巻 闇にのまれる都

(2010年4月発行、 978-4088700236)

第11巻 迷宮・鳥居の森

(2010年7月発行、 978-4088700496)

第12巻 鬼太鼓

(2010年9月発行、 978-4088701059)

第13巻 相剋

(2010年11月発行、 978-4088701271)

第14巻 弐條城へ…!!

(2010年12月発行、 978-4088701639)

第15巻 追憶の欠片

(2011年3月発行、 978-4088701899)

第16巻 リクオ、宣言す

(2011年5月発行、 978-4088702216)

第17巻 切裂とおりゃんせ

(2011年7月発行、 978-4088702667)

第18巻 江戸の華

(2011年9月発行、 978-4088702933)

第19巻 怪談・件

(2011年12月発行、 978-4088703152)

第20巻 九相図

(2012年2月発行、 978-4088703701)

第21巻 怪談・青行燈

(2012年4月発行、 978-4088704029)

第22巻 清浄の時

(2012年7月発行、 978-4088704647)

第23巻 九州妖怪大決戦

(2012年10月発行、 978-4088704982)

第24巻 葵螺旋城の闘い

(2012年12月発行、 978-4088705347)

第25巻 真の畏を鬼纏う(まとう)者

(2013年3月発行、 978-4088706160)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo