屍鬼

屍鬼

原作は小野不由美作の小説。彼女の意向により、原作と漫画では展開が違う。漫画では、原作でほかのキャラへの影響が強かった結城夏野、尾崎敏夫、室井静信らを、主役格とし、様々な視点から事件を描いている。

正式名称
屍鬼
作者
原作
ジャンル
ホラー一般
 
ミステリー、推理一般
レーベル
ジャンプ・コミックス スクエア(集英社)
巻数
全11巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

199X年、猛暑が続く夏。山に囲まれた人口、わずか1300人の外場村で、奇妙な死体が見つかる。それから村では怪事件が頻発することに。引っ越してきたばかりの高校生結城夏野、村にたった一つの診療所を経営する尾崎敏夫、寺の息子で小説家として活躍する室井静信。彼らの視点から描かれる事件。果たして殺人なのか、事故なのか。

登場人物・キャラクター

主人公

外場村で唯一の病院の若き当主。寺の若御院と呼ばれる室井静信とは幼なじみ。ぶっきらぼうだが医師としての責任感が強く、腕も確かなために村人からの信頼も厚い。ヘビースモーカー。病人達が次々に死んでいくことに... 関連ページ:尾崎 敏夫

主人公

田舎暮らしに憧れる両親に連れられて都会から外場村に越してきた少年。冷めた性格をしており、達観した死生観の持ち主。自分の名前を女っぽいと嫌っている。田舎での暮らしに嫌気が指しており、村から出ることを望ん... 関連ページ:結城 夏野

主人公

外場村の寺の若御院。病気で伏している住職の父に代わって寺を切り盛りする傍ら、副業として小説やエッセイを書いており、彼が執筆中の作品の言葉から、屍鬼という名前が「起き上がり」につけられた。昔から人生に虚... 関連ページ:室井 静信

桐敷 沙子

突如外場村に越してきた桐敷家の長女。見た目は幼いが口調は大人びており、また幼く扱われることを嫌っている。皮膚の病気にかかっているせいで日中は外に出られないとしており、また引っ越しの理由も彼女の養生のためとなっている。室井静信が書く小説のファンを称しており、夜毎に彼の元を訪れる。

辰巳

外場村に越してきた桐敷家の使用人。屈強な肉体を持つ青年であり、相槌などに「や!」という奇妙な口癖を持つ。過去に沙子に血を吸われたせいで人狼になっており、外場村の屍鬼たちの指導者的立場。頭が良く冷徹で、配下たちからは非常に恐れられている。

外場村に住む女子中学生。派手好きな性格で、田舎である外場村を嫌い村をでることを望んでいる。都会から越してきた結城夏野に憧れ、歪んだ愛情を向けているが相手にされていない。桐敷家が越してきた後、華麗な彼ら... 関連ページ:清水 恵

外場村に住む明るく社交的な青年。人懐っこく誰にも優しいため、年少の者からの信頼が厚い。村中で他人と交わろうとしない結城夏野が唯一友人と呼べる存在でもある。ある日、起き上がりに襲われて死亡、その後自らも... 関連ページ:武藤 徹

場所

外場村

三方を山に囲まれた人口わずか1300人の山村。周囲に生えた樅の木で卒塔婆や棺を作り生計を立ててきた過去があり、そこから名前が取られている。周囲の村とのつながりが薄く、孤立している節がある。

その他キーワード

人狼

『屍鬼』に登場する用語。屍鬼と同じ性質を持つが、一度死んでおり、呼吸や心臓の鼓動もない屍鬼と違い、一度も死なずに体が変化した亜種。屍鬼と比べて日光への耐性があり、身体能力も高く、また本来の力は発揮でき... 関連ページ:人狼

屍鬼

『屍鬼』に登場する用語。死亡後に蘇生した人間のこと。外場村の伝承にならって「起き上がり」、もしくは室井静信の小説からとって屍鬼と呼ばれる。主に村人からは「起き上がり」、屍鬼たちからは屍鬼と呼ばれること... 関連ページ:屍鬼

アニメ

屍鬼

外部につながる道は国道1本しかないという、孤立した小さな集落。人口約1300人の外場村で、ある日3人の村人の死体が見つかる。村でただ一人の医者である尾崎敏夫は、事故死として扱われたその死に不審を感じて... 関連ページ:屍鬼

書誌情報

屍鬼 全11巻 集英社〈ジャンプ・コミックス スクエア〉 完結

第1巻

(2008年7月発行、 978-4088745497)

第2巻

(2008年7月発行、 978-4088745503)

第3巻

(2008年10月発行、 978-4088745855)

第4巻

(2009年2月発行、 978-4088746456)

第5巻

(2009年7月発行、 978-4088747071)

第6巻

(2009年10月発行、 978-4088747446)

第7巻

(2010年2月発行、 978-4088700076)

第8巻

(2010年7月発行、 978-4088700779)

第9巻

(2010年10月発行、 978-4088701219)

第10巻

(2011年2月発行、 978-4088701998)

第11巻

(2011年7月発行、 978-4088702674)

SHARE
EC
Amazon
logo