ますらお -秘本義経記-

ますらお -秘本義経記-

山寺に囚われていた低級貴族の息子遮那王は、平氏の若武者と諍いを起こした際、山賊と三つ巴の戦いになる。戦いを制して京都へと脱出した遮那王は平氏が驕って荒廃した京都の様子と、母が平清盛に娶られていたことを知って激昂し、清盛を襲撃するも失敗する。天狗らとともに西国へと落ちのびた遮那王は自身の出生の秘密を知り源義経と名乗り、打倒平氏を目指して戦っていく。少年源義経の武勇と苦悩を描く大河歴史漫画。

概要

平氏の繁栄する12世紀終盤、低級貴族の息子遮那王は山深い寺に幽閉され、外の世界を夢見て脱走を企てる日々を過ごしていた。ある時、功を求めてやってきた平氏の武士と諍いを起こし、付近を根城とする山賊との三つ巴の争いに巻き込まれた遮那王は、山賊に囚われていた少女の助けで山賊を壊滅させる。山賊の残党と天狗、と共に京都へ出た遮那王は、彼のために母が平清盛の妻となったことを知って怒りにかられ清盛を襲撃。

しかし、道中、勘違いで遮那王を追ってきた武蔵坊弁慶との戦いで負った傷のため、失敗してしまう。京都を追われる身となった遮那王は、天狗こと源義朝の忠臣鎌田正清の伝手で西国に渡り、海賊の一党や源氏の残存勢力との争いの末、これらを従える。

彼は源義経と名乗り、打倒平氏を掲げて戦いを繰り広げていく。

登場人物・キャラクター

主人公

源氏の血を引く少年だがその身分を隠して鞍馬の山寺で育てられていた。外界への憧れが強く、何度も脱走を図っている。ある時天狗と呼ばれる謎の男に出会い、その後山賊との抗争の末に脱走に成功した後、京の町で母を... 関連ページ:遮那王

鞍馬の山に棲むと恐れられた謎の男。初めて遮那王と出会った時は彼を追ってきた僧兵に引き渡したが、後日、彼が山賊を撃退した時は遮那王を保護し、一命を取りとめた山賊をも配下として平氏に共に復讐するよう誘った... 関連ページ:天狗

山賊に捕らえられていた少女。遮那王と平維盛、そして山賊の三つ巴の戦いの末、遮那王に助けられる。平維盛に気に入られて平氏の庇護をうけるようになるが、遮那王が京に来た際に再会。同行を申し出るが、打倒平氏の... 関連ページ:

延暦寺の僧兵。平氏の配下にある人物だが、町で横暴を働く平氏の者をいさめるなど正義感にあふれる好漢。善良な市民を殺した平氏の者を成敗しようとするが、先にその者を殺して着物を奪っていた遮那王に人違いして立... 関連ページ:武蔵坊 弁慶

平氏の若き武士。鞍馬の山寺に視察に来た際、山賊との抗争に巻き込まれ遮那王や静と出会う。平清盛暗殺未遂時や、その後の源平の戦いにおいて何度も遮那王と戦うことになる。山賊との戦いにおいて命を救ってくれた静... 関連ページ:平 維盛

平維盛と同じく平氏一門の武士で武芸の達人。美丈夫だが、風流を解さない無骨者と呼ばれている。遮那王が平清盛暗殺を狙って平氏の屋敷に乱入した際に立ちはだかり、彼を圧倒した。しかし逃げた彼を追った先で武蔵坊... 関連ページ:平 教経

遮那王の兄。源氏勢力の中心人物として東国の武士にまつりあげられた人物。富士川の戦いの後、参陣した遮那王と兄弟として再会する。その際は温かい言葉をかけ、共に涙するほどだったが武蔵坊弁慶には演技と受け取ら... 関連ページ:源 頼朝

遮那王や源頼朝の従兄弟。木曽源氏の頭領。平清盛の病死を知って平氏に反旗を翻す。倶利伽羅峠の戦いで、牛を使った奇策で数に勝る平氏を圧倒し、その勢いのまま京へと入る。しかし京の公家勢力と敵対し、源頼朝軍と... 関連ページ:木曽 義仲

平清盛が病没した後の平氏を率いる人物。木曽義仲が敗れたあとの京に単身現れる度量と、義仲軍の残党数人を一瞬で斬り伏せる武力の持ち主。かつ智謀にも優れ遮那王を鞍馬に預けたのは、いずれ再興を図る源氏勢力を二... 関連ページ:平 知盛

九州にて源氏の再興を狙う一党の頭領。源為朝の子を自称する。遠く離れた岩場から吊り橋を渡る人間を狙撃できる弓の達人。共闘を申し出る遮那王の誘いを断って大宰府の平氏を討とうとするが平維盛に敗れる。その後遮... 関連ページ:山本 義経

SHARE
EC
Amazon
logo