アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトル

シャルトル公爵の愉しみ(漫画)の主人公。別称、アンリ・ド・シャルトル。ラウール・ド・シャルトルとは親族関係にある。

  • アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シャルトル公爵の愉しみ(漫画)
正式名称
アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトル
別称
アンリ・ド・シャルトル

総合スレッド

アンリ・シャルル・フランソワ・アルベール・オーギュスト・ド・グランサニュー・ド・シャルトル(シャルトル公爵の愉しみ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

ラウール・ド・シャルトルヴィスタリアの子。少年期は神童的な才能を持った美少年で、大人びて冷めたところのある性格だった。本人曰く、幼少期は勉強に夢中で、思春期は色事に夢中になって過ごしたとのこと。長じてからは自他共に認める美青年となり、複数の恋人とも付き合うプレイボーイとなった。

性格は傲慢。だが根の部分では傷つきやすい繊細な感情も持ち合わせている。少年期、中南米での旅行中、事故で記憶喪失になり、そのときに結ばれた女性との間に子供も居たが、共に死別。その恋人の思い出が今も心に影を落としている。実業家としてもやり手で有能。またバイセクシャルでもあり、学生時代の年上の親友ソンモール・ド・ロシュフォール伯爵には、いまだに本気の恋愛感情を持っている。

さまざまな恋愛遍歴の果てにレオポルディーネ・ハプスブルクと結婚。フィリップクロウディアの2児を儲ける。 同作者名香智子『花の美女姫』、『ファンション・ファデ』などにも登場している。『花の美女姫』収録の「樹海の虜」「黄金の少年」にて、アンリが中南米で右足を失うに至った経緯が描かれている。

登場人物・キャラクター

アンリ・ド・シャルトルの父親。何十代と続く由緒あるフランスの大貴族シャルトル公爵家の当主。多岐に事業を展開する大資本家でもある。息子のアンリによれば、実業家としての能力はあまり高くないとのことだが、誠...

登場作品

女嫌いのラウール・ド・シャルトル公爵と、そのいとこでレズビアンのグランサニュー候爵令嬢ヴィスタリアの間に生まれた息子アンリ・ド・シャルトルは、誰をも魅了する美貌の持ち主にして、生まれながらの天才。さら...