インドへ馬鹿がやって来た

作者である漫画家山松ゆうきちは、インドでマンガの翻訳出版を思いつく。英語もヒンディー語も出来ないまま、ひとりで翻訳出版、販売を行うノンフィクションエッセイマンガ。

  • インドへ馬鹿がやって来た
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
インドへ馬鹿がやって来た
作者
ジャンル
エッセイ

総合スレッド

インドへ馬鹿がやって来た(漫画)の総合スレッド
2016.06.10 10:45

新着関連スレッド

高倉 嘉男(インドへ馬鹿がやって来た)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46
由依(インドへ馬鹿がやって来た)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

仕事がなくて困っていた漫画家山松ゆうきちは、インドにマンガがないと聞き、海外でのマンガの翻訳出版を思いつく。英語もヒンディー語も出来ないまま、単身インドへ向かう山松ゆうきち。何の伝手もないままインドで生活し、平田弘史の『血だるま剣法』の翻訳を頼み、路上で販売していく。

登場人物・キャラクター

主人公
56歳の漫画家。仕事がないため、思い立ってインドへマンガの翻訳出版を行うべく乗り込む。インドで単身生活をしながら、翻訳、印刷などの交渉も自分ひとりで行う。
20歳の日本人旅行者。三ヵ月かけて、カシミールを回った後に、デリーで山松ゆうきちと会う。
インドのホテルの社長。日本語が出来る。山松ゆうきちと知り合い、自宅へ招待する。
インドで生活を始めた歳に隣に住んでいたインド人。スマンという奥さんがいる。公務員試験を5年間受け続けているが受からず、失業中。山松ゆうきちに頼まれ、写植や印刷の店を一緒に回る。山松ゆうきちの仕事を手伝...
山松ゆうきちが翻訳してくれる人を探して、日本語学校を回っているときに知り合う。日本にある妙法寺というお寺の僧。
ハルラール・ネルー大学ヒンディー語博士課程の日本人。山松ゆうきちに頼まれ、平田弘史の『血だるま剣法』の翻訳をする。
印刷会社マハビール・カンパニーの社長。背は高くないが、インド中に響き渡るほどの大声の持ち主。かなりいいかげんな仕事をしているため、納期は常に遅くなっていく。
山松ゆうきちに翻訳を頼まれたデリー大学在籍の生徒。