ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-

子供の頃に大切な人を殺された主人公二人が、真犯人を追及する物語。並行して枝葉のドラマが差し込まれ、二人を取り巻く人間関係に奥行を与える。刑事と極道という対極の職に就いた二人の堅い絆や正義感が描かれる一方、バイオレンスな描写も特徴的といえる。

  • ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-
作者
ジャンル
アクション一般
レーベル
バンチコミックス(新潮社)

総合スレッド

ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

赤鼻(ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:42
基 陽子(ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:42

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

「Yahoo!ブックストア」より9月のコミック売上ランキングが発表!
マンガペディア公式 2016.10.24 10:00

概要

児童養護施設まほろばで育った龍崎イクオ段野竜哉は、大好きだった施設職員結子先生が何者かに殺された際、警察に証言を揉み消されたことから、自らの手による復讐を誓う。目指す相手は証言を葬った金時計の男。成長し、刑事と極道という別々の道を歩んだ二人は密かに連絡を取り合い、着々と情報収集を進めていた。

例の金時計は大学首席卒業というエリートの証。ゆえにキャリア組として警察上層部にいるはずのターゲットを求め、法の番人と闇の住人が死闘を繰り広げる。

登場人物・キャラクター

主人公
新宿第二署の刑事課に在籍する巡査部長。幼馴染の極道段野竜哉と共に宿敵である金時計の男を追う。優しく仲間思いだが、凶悪犯を前にするとキレて、驚異的な戦闘能力を発揮。後に抜擢されて警視庁勤めとなる。
主人公
安孫子会系三次団体の若頭。幼馴染の刑事龍崎イクオと共に宿敵である金時計の男を追う。メガネをかけた知的な容貌で、インテリヤクザを自認。後に安孫子会直参の組長に出世する。
刑事としての龍崎イクオの相棒で階級は警部補。父は警視庁の首席監察官である日比野圀彦で、自身も東大卒のキャリア組。後に警部に出世する。当初はイクオを変人扱いしていたが、やがて恋愛感情を抱くようになる。
新宿第一警察署刑事課の警部補。エリート意識が強いが、狙った犯罪者は絶対に逃さないという強い意志を持つ刑事。龍崎イクオと段野竜哉の関係を疑っている。後に警視庁入りする。
新宿第二署刑事課の課長で、独自の捜査をしがちな龍崎イクオの良き理解者。かつては捜査一課の敏腕刑事だった。
捜査一課第11係の刑事で、警視庁に異動したばかりの龍崎イクオとコンビを組む。仕事の腕は一流だが、身勝手でアウトローな捜査をすることで、同僚からは煙たがられている。
警視庁警務部監察課の首席監察官を務める警視長で、日比野美月の父親。金時計を所持し、怪しげな動きを見せたが、目的は聖隊の不正を暴くことだった。後にまほろばの事件絡みで暗殺される。
警視庁警務部警務課の警部補。可愛らしい外見とは裏腹に毒舌家で事情通。実はまほろばの事件に深く関わっていた人物で、後に日比野圀彦を殺害する。
警視庁副総監で、庁内最大派閥のトップ。権力を駆使し、副総監特命係である聖隊を組織するが、度重なる違法捜査で逮捕され失脚。金時計組の一人でもある。
警視庁警視総監。人当たりの良い穏やかな風貌だが、実はまほろば事件の首謀者である金時計の男。龍崎イクオの正体を知りながら自らのSPに抜擢するなど、謎の行動が多い。
警視庁警備局警備企画課ゼロの班長。3名の部下と共に柏葉結子を殺害した実行犯。まほろば事件の真相に迫る龍崎イクオと段野竜哉を追い詰めるが、すでに黒幕からは見限られており、公安特務班に暗殺される。
捜査一課の管理官。女性の身で男社会を勝ちあがってきた実力派で、階級は警視。かつては三島薫、坂東士郎とチームと組んでおり、二人からは今だにトミコと呼ばれる。
科学捜査研究所の所員で、さばさばした性格の美女。日比野美月から龍崎イクオが所持していたウロボロスのネックレスの鑑定を依頼されるが、それが原因で公安特務班に暗殺される。
幼少時の龍崎イクオと段野竜哉の証言を揉み消した警察関係者。エリートの証といえる金時計を所持していること以外は謎の人物。
児童養護施設まほろばの職員で、孤児たちの世話をしていた女性。15年前の雨の日に、何者かによって殺害される。後に警視庁公安部の捜査官であったことが判明。
広域指定暴力団安孫子会の会長夫人。寝たきりの夫に代わって権勢をふるい、お気に入りの段野竜哉を直参の組長に押し上げた。金時計組の一人でもある。
児童養護施設まほろば出身のフリーライターで、龍崎イクオや段野竜哉の幼馴染。まほろばから他の施設に移された妹日菜子の行方を探している。
関東最大の勢力を誇る広域指定暴力団山城組の組長嫡男。ゼロによって父親が暗殺された後、単身逃亡していたが、段野竜哉の協力で復讐を遂げる。
三島薫の養女。麻薬の過剰摂取で死んだ実父に虐待されていたせいで、常に笑顔を作ろうとする傾向がある。とある誘拐事件をきっかけに、三島と父娘の絆を強める。
公安特務班に所属する小太りの中年男。職務上名を名乗ることを嫌い蝶野真一から赤鼻と呼ばれる。任務の極秘性を守るためなら、部下の殺害も厭わない冷酷な性格。

集団・組織

『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』の組織。某一流大学の首席卒業者に贈られる金時計を所持する者たちの総称。日比野圀彦、聖由起人、北川貴一郎、安孫子桐乃の四人がこれにあたる。
『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』の組織。警視庁警備局警備企画課に秘密裏に作られた特殊部隊。まほろば事件の実行犯でもあり、忍足浩司を班長に非合法な任務をこなしていたが、最終的には組織から切り捨て...
『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』の組織。警視庁副総監聖由起人が権力を使って強引に設置した特命係。違法捜査で実績を上げてきたが、監察官の日比野圀彦によって実態が暴かれ解散する。
『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』の組織。公安警察内における非合法案件を担うメンバーで構成される。ゼロの忍足浩司や基陽子、日比野圀彦暗殺の実行グループ。
『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ-』の組織。安孫子栄を会長とする広域指定暴力団。現在は会長夫人の桐乃が仕切る。段野竜哉が若頭を勤めていた松尾組は、孫にあたる三次団体。子の二次団体は直参と呼ばれる。

場所

犯罪の種類によって係が細分化されており、それぞれのエキスパートが捜査を行う。龍崎イクオが配置されたのは殺人犯捜査第11係。
龍崎イクオが刑事として育った警察署。犯罪の多い新宿において、新宿第一署の雑務担当のような扱いを受けていることから、二番手署とも呼ばれている。
龍崎イクオや段野竜哉が一時期過ごした児童養護施設。職員の柏葉結子によって運営されていた。柏葉結子の死亡により解体されたが、後に子供の臓器売買のための施設であったことが発覚する。