エドワード・ゴールドスミス

RED(漫画)の登場人物。別称、ゴールド。ブルーとはライバル関係。

  • エドワード・ゴールドスミス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
RED(漫画)
正式名称
エドワード・ゴールドスミス
ふりがな
えどわーどごーるどすみす
別称
ゴールド

総合スレッド

エドワード・ゴールドスミス(RED)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

白ひげを蓄え、右目を眼帯をしている。アメリカ軍に所属し、登場時の階級は大佐。過去に第七騎兵隊ブルー小隊に所属し、ホワイトリバーの虐殺にも居合わせていた。その際、虐殺を繰り返す仲間に恐怖を抱き、ブルーにもう見たくないと虐殺の停止を提言したところ、「これなら見なくてすむ」と右目を抉られてしまう。

以来、ブルーのことを嫌い憎んでいる。その後ホワイトリバーの虐殺を軍本部に暴露し、ブルー小隊解散のきっかけを作った。本人は軍隊に留まり、白人とインディアンとの共存を目指している。ある日レッドにより拉致され、ブルーを探すための駒として利用される。自分も第七騎兵隊に所属していた身であり、レッドの復讐の対象であることを知りながらも、贖罪の為、またブルーを倒すために進んで彼に協力している。

登場人物・キャラクター

元アメリカ軍第七騎兵隊ブルー小隊を率いてた大尉。ホワイトリバーの虐殺を指示し、ウィシャの抹殺を試みた元凶。孤児としてニューヨークで育ち、ある時町を離れ荒野を放浪していたところウィシャに拾われ、やがて彼...

登場作品

RED
西南戦争に参加するも敗れ、アメリカへ落ち延びた元肥後士族・伊藤伊衛朗(イエロー)は、ある日旅芸人としてやってきた白髪のインディアン・レッドと出会う。飄々として掴みどころのない性格をしたレッドは、第七騎...