エドワード4世

マリー・ブランシュに伝えて(漫画)の登場人物。読みは「えどわーどよんせい」。マリー・ブランシュとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
マリー・ブランシュに伝えて(漫画)
正式名称
エドワード4世
ふりがな
えどわーどよんせい

総合スレッド

エドワード4世(マリー・ブランシュに伝えて)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『マリー・ブランシュに伝えて』に名前だけ登場するマリー・ブランシュの兄でイギリス国王。王家の姫としてマリーには、王の決めた嫁ぎ先に行くよう手紙を出したり、手配したりしている。最終的には妹であるマリーを殺すため刺客を放つ。歴史上の実在の人物、エドワード4世がモデル。

登場人物・キャラクター

1400年代、薔薇戦争の時代に生きるヨーク公の娘。敵であるランカスターの騎士、サマーセット伯ギルバートに恋をしており、彼に会いに行くためにたびたび城から脱走し、乳母やを困らせている。外見は子孫であるシ...

登場作品

先祖であるマリー・ブランシュの遺書に「ヨーク家の者はランカスター家の者と結婚するように」と書かれていたがために、シェアラ・ヨークは幼なじみのリー・ランカスターと結婚しなくてはならなかった。これに納得が...