クロス・マリアン

D.Gray-man(漫画)の登場人物。別称、クロス。

  • クロス・マリアン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
D.Gray-man(漫画)
正式名称
クロス・マリアン
別称
クロス
別称
Cross Marian

総合スレッド

クロス・マリアン(D.Gray-man)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

『D.Gray-man』の登場人物で、アレン・ウォーカーの師匠。「元帥」と呼ばれるエクソシストの上位階級者5人のうちのひとり。つばの広い帽子と右半分だけの仮面をつけ、仮面の下にアンダーリムのメガネをかけている。またざんばら長髪の赤毛も特徴。対アクマ武器として、通常鎖で巻かれ封印された状態の「聖母ノ棺(グレイヴ・オブ・マリア)」と、対アクマ銃「断罪者(ジャッジメント)」のふたつを所持する。

基本的に自由人で、通常エクソシスト元帥は任務とエクソシスト候補者の捜索で黒の教団本部を離れていることが多いが、クロスの場合は本部を嫌っていて近づこうとしない。アレンを正式なエクソシストとするため本部に向かわせた際、ゴーレムとして造り出したティムキャンピーを同行させている。

登場人物・キャラクター

国籍がなく住所不定で、若干15歳の英国人少年。アクマ退治専門の聖職者(クラーヂマン)「エクソシスト」のひとり。生まれながらに対アクマ武器となる「十字架(クロス)」と呼ばれるイノセンスが左腕に寄生してお...
『D.Gray-man』に登場するあくまだが、クロス・マリアンによって改造されエクソシストの協力者となった個体。ラビやリナリーらがクロス・マリアンの行方を追い船で日本に向かっている際、負傷したリナリー...

関連キーワード

『D.Gray-man』に登場する、アクマと戦うエクソシストの所属する組織。またその総本部である断崖に建てられた黒い円柱状の塔のことも指す。約100年前に発見された、「神の結晶」あるいは「イノセンス」...

登場作品

不気味に赤く変色した左腕を持つ少年アレン・ウォーカーは、千年伯爵の作り出すアクマと戦うエクソシストとして黒の教団に入団する。アクマとの熾烈な戦いが繰り返される中、教団の仲間たちや戦いの中で出会う人々と...