コジコジ

コジコジ

人間を楽しませるという使命を帯びたメルヘンでファンタジーな世界に住む主人公・コジコジが、仲間たちとゆるく暮らしていくシュールな物語。一話完結タイプのギャクコメディだが、つかみどころのない謎の存在である主人公の言動が時に真理を追究しており、哲学的な一面も垣間見える作品となっている。

概要

メルヘンの国に住む謎の存在コジコジは、今日も元気に3年インコ組に登校。ところが、3年間学校に通って一度も勉強したことがないと胸を張るコジコジの魔法のテストの得点は、何と-5点。自分の名前を間違って書き、減点されてしまったのだ。先生から厳しく叱られるコジコジだが、当の本人はどこ吹く風。「将来何になりたいのか」と問われても「コジコジはコジコジ」と答えて先生に二の句が継げないような衝撃を与える。

どこか飄々としたコジコジは、何者にも縛られずメルヘンの仲間たちと自由に過ごしていく。

登場人物・キャラクター

主人公

性別・年齢ともに不詳な、謎の生命体。会ったこともない両親に向けて手紙を出した際の返事から宇宙の子であることが明らかになる。つかみどころのない性格で、格別良い事も悪い事もしないが、悪意なく放たれる言葉が... 関連ページ:コジコジ

次郎

コジコジのクラスメイトの半魚鳥。鳥と魚のあいのこだが、空を飛べず泳ぐこともできない。天然ボケなコジコジに対して常にツッコミを入れている。隣席のコジコジによく懐かれ、冗談とも本気ともつかないハイレベルなボケの標的にされることが多い。

ゲラン

コジコジのクライスメイトで、太陽の城の王様。子供じみた身勝手な性格だが、おだてに弱く騙されやすい一面も。有名人好きで、サイン集めが趣味。

やかん君

コジコジのクラスメイト。内気でシャイな性格ながら、興奮するとヤカンの頭でお茶を沸かす。光のつぶのペロちゃんが好きで、声をかけられただけで沸騰してしまう純情な性格。仲間たちはそれを機にお茶を楽しむことにしている。

ドーデス

コジコジのクラスメイトで、かみなりの城の王様。太陽の城の王様のゲランとは対照的な良識ある紳士。弟子たちのかみなりの訓練指導を怠らないマジメな性格。

ハレハレ君

コジコジのクラスメイトで、下駄を飛ばして天気を占うお天気の神様。感情を表に出すのが苦手で、自分が陰気じゃないかどうかを常に気にする神経質な性格。ジョニーの親友。

ジョニー

コジコジのクラスメイトの中で、唯一、人間界から来た人物。ブルガリア人。友達作りの苦手なハレハレ君のため、不思議の世界のローズによって拉致され、記憶まで消されている。時折トランス状態になって昔の記憶を取り戻すが、役に立つ情報は一切得られない。

ペロちゃん

コジコジのクラスメイトの光のつぶ。魔法が得意な心優しい少女で、クラスの人気者。ヤカン君の思い人でもある。

スージー

コジコジのクラスメイトのナゾ怪人。一応女性。いたずら好きで、いつもブヒブヒと組んでメルヘンの国の仲間たちを困らせている。三日月の夜になると絶世の美女に変身し、心も乙女になるが、そんな別人格を嫌ってもいる。

ブヒブヒ

コジコジのクラスメイトの悪魔。スージーと一緒に悪だくみをし、いつも仲間たちを困らせている。意外に単純で、コジコジの無邪気な言葉にやり込められることもしばしば。

正月君

コジコジのクラスメイトでお正月の精。飛行能力を持ち、人間界に幸せなお正月をもたらすことが役目。後にひな祭りの精のひな子と見合い結婚をして幸せに暮らす。

場所

メルヘンの国

人間を楽しませる使命を帯びたメルヘンの住人が暮らす世界。ミッキーマウスやスヌーピー、ドラえもんなどが、住人の憧れの存在。

クンチャン漫画界

タイトルに「くん」や「ちゃん」が付く漫画の世界。ちびまる子ちゃんはその筆頭で、まる子や友蔵はメルヘンの国を訪れたこともある人気者。

江戸ッ子の国

粋でイナセな江戸の衆が住む世界。下駄屋の倅と娘がメルヘンの国で神様扱いされているのは、湖に住む物知りじいさんがデタラメを吹聴したせい。

書誌情報

コジコジ 全4巻 集英社〈りぼんマスコットコミックス〉 完結

第1巻

(2009年4月発行、 978-4088568805)

第2巻

(2009年4月発行、 978-4088568812)

第3巻

(2009年5月発行、 978-4088568881)

第4巻

(2009年6月発行、 978-4088568942)

SHARE
EC
Amazon
logo