サイコドクター

サイコドクター

新宿のとある雑居ビルに診療所を構える楷恭介。心理学者でもある彼が、心の問題を抱える依頼人をカウンセリングや催眠療法など特殊な療法を用いて治療していく姿を描く。依頼人や周囲の人の人間ドラマも描かれる。探偵のように徐々に謎を解いていく心理学サスペンス。作中では心理テストや症例、心理療法などが紹介されている。物語は患者の症例ごとに一区切りとなっており、1話完結の時もあれば、9話にわたる時もある。原作、亜樹直。的場健の代表作。

概要

心理カウンセリング業を営む楷恭介のもとにひとりの女性が訪れた。総合商社に勤める冠野あずさは「オフィスが恐い」と告白する。きっかけは2階から20階の部署に異動になってから。エレベーターに乗ると胸が圧迫され、脂汗やめまいなどの症状が現れる。また最近はゾンビに襲われる夢をよく見ると言う。は高層恐怖症と診断し、原因を探り始める。

冠野あずさは小学校に入る前の記憶が全くなく、そこに治療のカギがあると考えたは逆行催眠を試みる。幼稚園の頃、公園でパパに高い高いしてもらっていた記憶を掘り起こしたところでパニックを起こし、暴れ出してしまう。(「File.1 高層恐怖症」あらすじ)

登場人物・キャラクター

主人公

心理カウンセラー。新宿の雑居ビルで心理カウンセリング業楷恭介心理研究所を営む。青京女子大学の助教授も兼任している。飄々として、人当たりの良いハンサム。カウンセリングの腕は良く、評判を聞きつけた依頼人が... 関連ページ:楷 恭介

「File.1 高層恐怖症」に登場する依頼人。25歳。青京短大卒。長い黒髪の美人。大手菱朋商事に勤めるOL。高層階に部署異動したことより、胸の圧迫や脂汗、めまいを訴え、楷恭介心理研究所を訪れる。小学校... 関連ページ:冠野 あずさ

八尾警部

楷恭介の友人でブレーン。新宿署の警察官。髪はオールバックで薄毛。目が小さく、目の下には涙袋がある。ぶっきらぼうで口は悪いが、面倒見が良く、察しも早い。楷に頼まれて、調べものをしたり、楷に捜査協力を頼むこともある。よくバー・BananaMoonで飲んでいる。

真名部

楷恭介の大学からの旧友。劇団の主宰で演出をやっている。演劇治療法を行う楷に頼まれて、劇団員や知り合いの俳優を派遣し、治療に協力している。 下まつ毛が長く、がっちり体系。芝居の稽古や麻雀ばかりして、大学を3年留年している。

バー・BananaMoonのママ。オカマ。元ボクシングの世界王者。マッチョでボンデージファッション。 後頭部も刈り上げたモヒカンのような髪型をしている。楷恭介とは友人で、よく治療の協力をしている。4人... 関連ページ:力石 剛太

伊勢 幸之助

菱朋商事、常務取締役。会長の娘婿。粘着気質で欲望の強い激情家。普段は強い意志の力で自分の感情を抑えている。部下の冠野あずさと不倫関係にある。あずさに近づき、関係を持ったのは幼い頃の記憶がよみがえらないよう、監視するため。

故人。真名部と同じ大学の演劇部員。1つ先輩だが、体が弱く、休学を繰り返していた。線の細い浮世離れした美人。楷恭介の一目ぼれの相手。彼女は「恋人がいる」と本気で思いこむ妄想に陥ってしまう。医者の卵であっ... 関連ページ:聖 春日子

27歳。新人刑事。背が高く、切れ長な目が特徴の二枚目。機転がきき、行動派でタフな精神力を持っている。元はパトロール警官だったが、刑事として新宿署に配属。八尾警部の部下になる。コインロッカーに捨てられた... 関連ページ:犀川 理

神津 良晴

楷恭介の通っていた大学の学部長。楷が大学に通っていた時は助教授だった。楷の恩師で、彼から患者を診る姿勢を学び、医師としても尊敬していた。楷の能力を認めており、大学で研究をしないかと楷を誘う。聖春日子の死に関わっていた人物。

集団・組織

楷恭介心理研究所

新宿の古びた雑居ビルの中にある診療所。楷恭介がカウンセリングの依頼を受けるために開いた診療所。建物は汚いが、評判を聞きつけた依頼人が遠方からもやってくる。採算度外視で依頼を受けてしまうので、儲かっては... 関連ページ:楷恭介心理研究所

場所

BananaMoon

オカマの力石剛太が営むバー。楷恭介もこの店の常連客。この店を借りてカウンセリングすることも多い。客は貧乏人ばかりでさほど儲かってはいない。

SHARE
EC
Amazon
logo