サイレントメビウス

サイレントメビウス

未来の東京を舞台に、女性だけが所属する対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する香津美・リキュールたち隊員の妖魔(ルシファー・ホーク)の戦いや日常を描くSFファンタジーアクション作品。スピンオフに『サイレントメビウスクライン』、『サイレントメビウステイルズ』、続編に『サイレント・メビウスQD』がある。麻宮騎亜の代表作。

概要

主人公の香津美・リキュールは、妖魔(ルシファー・ホーク)の引き起こした事件を処理するため、特殊能力を持つ女性を中心に作られた部署対妖魔用特殊警察(AMP)に所属している。日々激化する妖魔との戦いの中、香津美は自身に隠された秘密や父や母の戦いを知ることになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する女性。大魔導師であった、父・ギゲルフ・リキュールと母巫由伽との間に生まれ(両親はすでに他界)、自身も魔法を得意とし、惑星霊と契約を結んでいる。剣皇グロスポリナーの主... 関連ページ:香津美・リキュール

対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する褐色の肌をした女性。元特捜の警官だったが、その時に巻き込まれた事件のため、全身の70%をサイボーグ化している。このため、メガダインと呼ばれるサイボーグに強い憎しみを... 関連ページ:キディ・フェニル

対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する褐色の肌をした女性。メカニックとコンピュータのエキスパート。ビジョネイルと呼ばれる能力を持つ人間で、コンピュータと身体を直結することでコンピュータ内部に潜入すること... 関連ページ:レビア・マーベリック

対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する女性。古来より世界を陰から支え、祭儀の一切を取り仕切ってきた、闇雲家の次女。末っ子で、兄と姉がいる。勤務時には制服の着用が義務づけられているにもかかわらず常に巫女装... 関連ページ:闇雲 那魅

対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する女性。弱い予知能力を持っており、AMPでは主にオペレーターを担当する。マスコット的な存在であることに劣等感を持っている。超能力の研究を行っていた政府機関で、人間兵器... 関連ページ:彩弧 由貴

磯崎 真奈

署長となったラリー・シャイアンの後を継ぎ、対妖魔用特殊警察(AMP)課長となった女性。強力な超能力を持つ。仕事に対しては厳しいが、誠実で懐深い人物。戦闘のさいには真言風の呪文を唱え、魔法を使用する。闇雲那魅の姉、那奈とは旧知で、共に戦った仲間。

藍菁

香港出身の風水師。過去、闇雲那魅の父・羅斬と共に妖魔(ルシファー・ホーク)と戦ったアバランシュ・ウォンの孫娘。強力な魔法と剣帝ジェッソを操る。香津美・リキュールが抜けた後、その穴を埋めるために対妖魔用特殊警察(AMP)に所属する。 勝ち気だが、素直な性格。

ラリー・シャイアン

対妖魔用特殊警察(AMP)課長。後に署長となる。妖魔(ルシファー・ホーク)と対抗すべくAMPを作った人物。強力な魔力の持ち主で、魔術を使う。本気になると額に文様が浮かぶ。妹のローザ・シャイアン同様、半身は妖魔であるため、迫害を受けて育っている。 頼りがいがあり、仲間思いな性格。

ロバート・デ・ヴァイス

特捜班に所属する警官の男性。香津美・リキュールの恋人。律儀で堂々とした、男らしい性格をしており、無茶をしがちな香津美を心配しながらも温かく見守っている。

ガノッサ・マクシミリアン

元人間ながら妖魔(ルシファー・ホーク)側に寝返った男性であり、尖兵として暗躍している。ネメシスに魂を売り渡しており、妖魔を使役し、強い魔術を使うことができる。香津美・リキュールの父、ギゲルフ・リキュールとは共にG計画を進めた旧知の仲。

ローザ・シャイアン

ラリー・シャイアンの妹。半身が妖魔(ルシファー・ホーク)であるという出自のため、ラリーと共に幼い頃より「悪魔の子」と冷淡に扱われ続ける。これが元で、邪界(ネメシス)へと移動してしまった。強大な魔力の持ち主で、惑星霊と契約を結んでおり、魔法を使える。

妖魔

『サイレントメビウス』に登場する魔物の総称。邪界(ネメシス)から来ると言われる、魔力や強大な力を持つ魔物。地球に存在するためには、人間に近い姿をしなくてはならない。

集団・組織

対妖魔用特殊警察

『サイレントメビウス』に登場する警察機関。妖魔(ルシファー・ホーク)が関わったと見られる、第三種事件(クリーチャー・トラップ)と呼ばれる事件を扱う部署。妖魔に対抗するため、特殊能力を持つ女性を中心として構成されている。

場所

邪界

『サイレントメビウス』に登場する世界。妖魔(ルシファー・フォーク)の故郷と思われる世界。香津美・リキュールの父・ギゲルフ・リキュールが邪界(ネメシス)の扉を開いてしまった事から、地球に妖魔が現れるようになったとも言われる。

その他キーワード

剣皇グロスポリナー

『サイレントメビウス』に登場する剣。元は香津美・リキュールの父・ギゲルフ・リキュールが使用していたが、妖魔(ルシファー・ホーク)の手によって封印されていたところ、香津美がその封印をとき、新しい主人となる。2メートル以上もありそうな巨大な剣。意志を持っており、話をする事が出来る。

書誌情報

サイレントメビウス 全14巻 徳間書店〈トクマ・コミックス〉 完結

第1巻

(2006年6月発行、 978-4197803354)

第2巻

(2006年6月発行、 978-4197803361)

第3巻

(2006年7月発行、 978-4197803408)

第4巻

(2006年7月発行、 978-4197803415)

第5巻

(2006年8月発行、 978-4197803446)

第6巻

(2006年8月発行、 978-4197803453)

第7巻

(2006年9月発行、 978-4197803484)

第8巻

(2006年9月発行、 978-4197803491)

第9巻

(2006年8月25日発行、 978-4197803538)

第10巻

(2006年8月25日発行、 978-4197803545)

第11巻

(2006年11月発行、 978-4197803576)

第12巻

(2006年11月発行、 978-4197803583)

第13巻 Tales 1

(2006年12月発行、 978-4197803620)

第14巻 Tales 2

(2006年12月発行、 978-4197803637)

サイレントメビウス 全8巻 ぶんか社〈ぶんか社コミック文庫〉 完結

第1巻

(2011年3月発行、 978-4821171101)

第2巻

(2011年5月発行、 978-4821171439)

第3巻

(2012年8月発行、 978-4821171484)

第4巻

(2012年8月発行、 978-4821171590)

第5巻

(2012年9月発行、 978-4821173624)

第6巻

(2012年9月発行、 978-4821173631)

第7巻

(2012年10月発行、 978-4821173723)

第8巻

(2012年10月発行、 978-4821173730)

SHARE
EC
Amazon
logo