• ANIMAL X (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • サマリー症候群

サマリー症候群

サマリー症候群

ANIMAL X(漫画)、ダイナソーロイドの間で流行っている熱病。

登場作品
ANIMAL X(漫画)
正式名称
サマリー症候群
ふりがな
さまりーしょうこうぐん
関連商品
Amazon 楽天

概要

罹患すると高熱を発し、変身を制御する機能が低下する。暴走してしまったダイナソーロイドが人を襲い、人類との対立が深刻化するきっかけとなったもの。人は既に抗体を持っているが、人を介してダイナソーロイドに有害なウイルスに進化してしまった事実は、グローバー財団により意図的に隠蔽されている。

加えてグローバー財団は人には有害ではない事を故意に隠蔽し、人類を怯えさせ、対立を煽った。

登場作品

ANIMAL X

謎の伝染病が流行し、世界の人口は減り続けていた。そんな中、人類とは異なる進化を辿ったダイナソーロイドの少年と、新薬の治験と騙されて、ダイナソーロイドとの生殖が可能な両性体に身体を作り変えられてしまった... 関連ページ:ANIMAL X

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ANIMAL X
logo