シャーリー

シャーリー

カフェーの女主人・ベネット・クランリーと、若干13歳のメイド・シャーリー・メディスンの2人が織りなす日常を描いている。作者である森薫がデビュー前から手がけていた作品。

正式名称
シャーリー
作者
ジャンル
執事、メイド
レーベル
ビーム コミックス(アスキー、KADOKAWA)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

カフェーを1人で切り盛りする女主人・ベネット・クランリーは、ある日新聞にメイド募集の広告を出す。それに応募してきたのは若干13歳の少女・シャーリー・メディスンだった。メイドとしては幼すぎるものの、行くあてのない彼女を不憫に思い、ベネットはそのままシャーリーを住み込みメイドとして採用することにする。

ずぼらなベネットと真面目なシャーリーの関係は、穏やかで心地の良いものだった。日常の中で起こる、シャーリーの幼さやベネットの人間関係による様々な出来事が、19世紀イギリスを舞台に丁寧に描かれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

13歳のボブヘアーの少女で、メイド募集の広告を見てベネット・クランリーの屋敷にやってきた。採用後は住み込みで働くようになる。幼いながらも炊事、清掃をはじめとするメイド仕事は十分にこなし、裁縫や衣服のセ... 関連ページ:シャーリー・メディスン

主人公シャーリー・メディスンの雇い主で、カフェーモナ・リザを切り盛りする女主人。ずぼらで抜けたところがあり、メイド募集の条件に年齢制限を書き忘れたため、他の屋敷では募集対象外であった13歳のシャーリー... 関連ページ:ベネット・クランリー

場所

モナ・リザ

グロスター通り82番に位置する、ベネット・クランリーが切り盛りするカフェー。以前は気が向いたときにだけ開く、早じまいするなど、気まぐれな営業をしていた。しかしベネットがメイドのシャーリー・メディスンを... 関連ページ:モナ・リザ

その他キーワード

マリー

『シャーリー』に登場する人形。女主人ベネット・クランリーがメイドのシャーリー・メディスンに買い与えたロングヘアーの少女の人形。シャーリーによってマリーと名付けられた。シャーリーは、暇を見てはマリー用の... 関連ページ:マリー

書誌情報

シャーリー 全2巻 アスキー、KADOKAWA〈ビーム コミックス〉 完結

第1巻

(2003年3月発行、 978-4757713130)

第2巻

(2014年9月発行、 978-4047299177)

SHARE
EC
Amazon
logo