ジャルジェ夫人

ジャルジェ夫人

ベルサイユのばら(漫画)の登場人物。読みは「じゃるじぇふじん」。オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェとは親族関係にある。

登場作品
ベルサイユのばら(漫画)
正式名称
ジャルジェ夫人
ふりがな
じゃるじぇふじん
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ベルサイユのばら』の登場人物でオスカルの母。物静かで優しい心の持ち主。アントワネットが、おば達にそそのかされ、彼女をアントワネットの首席侍女としたことでデュ・バリー夫人の怒りを買い、毒殺の罠にかけられる。オスカルが駆けつけ難を逃れた。

関連人物・キャラクター

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ

代々フランス王家の軍隊を統率してきたジャルジェ伯爵の6女(末娘)で、跡継ぎのいない伯爵家の後継者として、幼い頃から男性として育てられた男装の麗人。近衛士官として王妃アントワネットに仕える。スウェーデン... 関連ページ:オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ

登場作品

ベルサイユのばら

作品誕生のいきさつ『ベルサイユのばら』を描くきっかけとなったのは、作者・池田理代子が、高校時代にオーストリア人作家シュテファン・ツヴァイクの書いた評伝『マリー・アントワネット』を読んだことにある。この... 関連ページ:ベルサイユのばら

SHARE
EC
Amazon
logo