春風のスネグラチカ

ロシア革命で帝政ロシアから共産主義ソビエトへと変わった戦慄の時代、皇族の血を受け継ぐ二人の男女が、自分たちの宿命を抱えながら強く生きる姿を描く。第18回文化庁メディア芸術祭賞優秀賞受賞作品。

  • 春風のスネグラチカ
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
春風のスネグラチカ
作者
ジャンル
ロシア革命
レーベル
F×comics(太田出版)

総合スレッド

春風のスネグラチカ(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

ヴャチャスラフ・ルドルフォヴィチ・メンジンスキー(春風のスネグラチカ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
マリア・ソロヴィヨワ(春風のスネグラチカ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

大国ロシアを舞台にした漫画特集!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

概要

1933年、ソビエト連邦カレリア自治共和国。とある別荘の管理人であるイリーナ・アレクサンドロヴナは、ある日湖畔で不思議な男女に声をかけられる。車椅子の少女ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤと、従者の少年シシェノール・ミスギーロフは、イリーナに自分たちが勝った暁には一週間別荘に住まわせてほしいと奇妙な賭けを持ち掛ける。

突然の事に戸惑いながらも、イリーナは賭けに乗ることを承諾してしまう。

登場人物・キャラクター

主人公
車椅子の謎の少女。両脚の膝から下は義足。帝政ロシア最大の貴族フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフ公を義父に持つ。実際は、母イリーナ・アレクサンドロヴナが、グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンと...
ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの従者。左目に眼帯をしている寡黙な青年。本名はアレクセイ・ニコラエヴィチ・ロマノフ。帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世の実の息子。先天的な持病「血友病」を患っており、...
政治保安部局員。亡命者の援助をしたとして秘密警察に捕えられたビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとシシェノール・ミスギーロフの処分を委ねられ、牢獄に送る代わりに使用人として引き取る事を申し出た。2人の...
ヴィクトル・スチェパノヴィチ・ミハルコフに雇われている家政婦。ミハルコフが使用人として引き取ったビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとシシェノール・ミスギーロフを家族のように思う。素直で明るい女性。
帝政ロシア最大の貴族ユスポフ家の相続人。ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの義理の父。妻イリーナ・アレクサンドロヴナが、グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンとの間に作ったビエールカを窓から突き落...
主人公ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの実の母。フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフの妻でありながら、グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンとの間にビエールカを授かる。実在するイリーナ・アレ...
主人公ビエールカ・ザイツェブナ・スネグラヤに命を救われた政治保安部局員。オネガ湖畔にあるフェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフの別荘管理を任されていたが、秘密警察に命を狙われていることをビエールカか...
政治保安部副長官。ヴィクトル・スチェパノヴィチ・ミハルコフの上司。亡命者の援助をした疑いでビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとシシェノール・ミスギーロフを捕える。常に無表情で厳しく見えるが、ミハルコ...
グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンの実娘で、ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの腹違いの姉。ロシア革命時、親兄弟を殺害されパリに亡命した。実在するマリア・ソロヴィヨワがモデルになっている。
年老いた医師。チベット医術、薬草術に精通する。幼いビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの足の治療を行っていた。グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンに秘草術の全知識を伝授した人物でもある。血友病を持...
左派エスエル党のカリスマ的活動家・テロリスト。政治保安部に捕えられ労役に連れてこられたビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとシシェノール・ミスギーロフを、外にいる仲間に協力を仰ぎ逃亡させる。実在するマ...
左派エスエル党の活動家。政治保安部に捕えられ労役に連れてこられたビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤとシシェノール・ミスギーロフを何かと気にかけ面倒を見る。実在するイリーナ・カホーフスカヤがモデルにな...
主人公ビエールカ・ザイツェヴナ・スネグラヤの実父。フェリックス・フェリクソヴィチ・ユスポフの妻であるイリーナ・アレクサンドロヴナとの間に、ビエールカを授かる。「血友病」を治療する術を有していた。病人に...
シシェノール・ミスギーロフの実姉。帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世の第4皇女。姉弟の中でも、弟シシェノール・ミスギーロフとは一番仲が良かった。ヤコブ・ミハイロヴィチ・ユロフスキー率いる政治保安部が一家...
帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世を処刑した人物。皇帝一家が幽閉されていた館の警備隊長だったが、レーニンの指示で一家の処刑を実行した。実在するヤコブ・ミハイロヴィチ・ユロフスキーがモデルになっている。
シシェノール・ミスギーロフの実父。帝政ロシア最後の皇帝。家族を大切にする優しい父親だった。実在するニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフがモデルになっている。
政治保安部長官。共産党員でありながら、労働者階級を蔑んでいる冷酷な人物。実在するヴャチャスラフ・ルドルフォヴィチ・メンジンスキーがモデルになっている。