ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ(漫画)の登場人物。別称、ジャンヌ。

登場作品
ジャンヌ(漫画)
正式名称
ジャンヌ・ダルク
ふりがな
じゃんぬだるく
別称
ジャンヌ
関連商品
Amazon 楽天

概要

1431年5月30日、フランス北部の町ルーアンの広場で火焙りの刑に処せられた少女。奇跡を起こし、人々から「少女(ラ・ピュセル)」と呼ばれる。その死後、度々エミールの前に幻として姿を現し、幾度となく神の啓示を伝える。1412年、特に裕福でもなく貧乏でもない中農の家に誕生。13歳のある夏の日、明るい光と共に神のお告げを聞く。

啓示は度々聞こえるようになり、更に具体的な内容となってゆく。初めて啓示を受けてから5年後、ヴォークールールの守衛官ボードリクールの元に出向き、天から与えられた使命を果たすべく軍隊を率いイギリス軍に包囲されていたフランスの拠点オルレアンを解放する。

だがその後パリ奪回に失敗、ルーアンでの宗教裁判を受け火焙りの刑となる。物語はジャンヌ・ダルクの死後の世界を描く。

登場作品

ジャンヌ

男として育てられた17歳の少女エミール・ド・ボードリクールは、奇跡の少女ジャンヌ・ダルクと運命の糸で結ばれていた。ジャンヌが火焙りの刑に処せられ9年の歳月が経過、英仏百年戦争は終局を向かえつつあったが... 関連ページ:ジャンヌ

SHARE
EC
Amazon
logo