ジョニィ・ジョースター

ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン(漫画)の主人公。別称、ジョジョ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン(漫画)
正式名称
ジョニィ・ジョースター
別称
ジョジョ

総合スレッド

ジョニィ・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』の主人公のひとり。19歳。かつては名声を欲しいままにした天才ジョッキーであったが、些細ないざこざから下半身不随となり、失意のままスティール・ボール・ランのスタート地点を訪れる。そして、そこで鉄球を使う男・ジャイロ・ツェペリと出会い、彼の鉄球の生み出す「回転」のエネルギーの謎に迫るため急遽レースへの参加を決める。

当初はジャイロ・ツェペリには避けられていたが、やがて実力と精神力を認められて共闘。さらにレースの過程で、スタンド「タスク」が発現する。始めは爪を回転させて攻撃するのみの能力だったが、ジャイロ・ツェペリから「回転のエネルギー」を学ぶことで、スタンドも大きく成長。

また、自分たちに次々と襲いかかる者たちの目的が聖なる遺体の部位であることを知り、その力を手にしたことから自らも他の部位の回収を目指す。しかし、その遺体を巡ってファニー・ヴァレンタインに勝利した代償に、ジャイロ・ツェペリを失ってしまう。レースの終了後は彼の遺体を故郷へ送り届ける旅へと出る。

関連キーワード

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』に登場する敵スタンド使い。スティール・ボール・ランレースに一家三人で参加者する。家族構成は父親のベンジャミン・ブンブーン、兄のアンドレ・...
『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』の舞台となる、北米大陸横断レース。1890年9月25日にサンディエゴよりスタートし、ゴール地点はニューヨーク。全長6000kmに及ぶコー...

登場作品

舞台となるのは1890年のアメリカ。元騎手であり、今は下半身不随となっているジョニィ・ジョースターは、北米大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」のスタート地点を訪れていたが、参加者のひとりであるジ...